死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

’22.6月の米欧ドラマ  

アメリカ

アルフ[ALF](1986) NHK BS2/AXN

アメリカの一般家庭におっさんキャラの着ぐるみ宇宙人が居候して珍騒動を巻き起こすシットコム。
有名作品らしいですけど、文化のせいか時代のせいか、シンプルにつまらなかったです。
笑いの仕掛け全てが、見え見えでわざとらしい。


サウス・オブ・ヘル 魔物の巣食う街[SOUTH OF HELL](2015) GYAO

地獄と現世の両方を支配しようとしているらしい大悪魔を父に持つ姉弟が、協力者たちと共にそれと戦うストーリー。
姉の方は父にかけられた呪いの影響で"アビゲイル"という女悪魔を身に宿しているんですが、彼女は地獄からの逃亡者でもあって隙あらば宿主であるヒロインの体を乗っ取ろうと企みつつ、しかし"他の悪魔を食う"という特殊能力/性癖を活かして悪魔たちと戦うパートナーでもあるというそういう存在。
"大悪魔"たる父の現世での成功と失敗(死)が過去のものとして既に済んだ話としてスタートするので、何かの続編かシーズン2かなという感じの始まりでしたが、そうではないよう。ホラーは趣味じゃないですが、結構面白かったです。ヒロインを筆頭とする女性キャラたちがそれぞれに魅力的なのもあって、等速で十分見られました。(笑)

MenaSuvari_SouthofHell1MenaSuvari_SouthofHell2

ヒロインの通常モード(左)と"アビゲイル"モード(右)。
本来ブロンドらしいですが、黒髪が素敵。

・・・今気づきましたが『サウス・オブ・ヘル』=地獄の"南"というタイトルは、J・ディーンの『エデンの東』にちなんだ"父の影響力と対峙して葛藤する子供たち"の物語という含みなんでしょうね。


ブレイン・デッド[BRAINDEAD](2016) GYAO

ポリティカル・サスペンスっぽい押し出しなので、"現代の超管理社会"的な意味での"ブレイン・デッド"かと思ったら、そのものずばり脳を宇宙人に食われるSFコメディでした。おい
我慢して見ていれば"ポリティカル"部分の面白さもありそうには見えましたが、我慢出来ずに脱落。(笑)


WALKER ウォーカー[WALKER](2021) スーパー!ドラマTV

アメドラでは久しぶりレベル下らないと感じた作品でした。
何というか、"アメドラ好きの日本人が日本のキャスト・スタッフを使ってアメドラ「風」のものを作ってみた"みたいな感じの、アメドラのパターンの寄せ集めという以外の中身の全くない作品。・・・実際は普通にアメリカ人ですけど。(笑)
どうも最近思うのは、スパドラの、少なくとも北米担当のバイヤー無能だろということ。無能というか、ドラマに愛情・見識の無い人が今やっているなと。NCISや最近は今度は『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』のようなべっとり"FOX"の印が付いたものを平気で買って来て流してるのもそうですし、新作自体が少なくて、あってもこの前の『トランスプラント』や下の『刑事カーディナル』、この『WALKER』も含めてもいいですが、"地味なヒューマンドラマ"の、「型」にはめてるだけみたいな作品が多くて、担当者がそれを本当に面白いと感じている感じがしない。
『WALKER』に関しては、人気作『スーパーナチュラル』の主演俳優の出演作という理由も大きいんでしょうけどね。それも安易な安全牌狙いに感じられる。
とにかく1話見通すのがしんどい作品でした。主人公が苦悩してりゃあいいってもんじゃないんだよ。


LAW & ORDER:組織犯罪特捜班[LAW & ORDER: ORGANIZED CRIME](2021) スーパー!ドラマTV

その(?)"LAW & ORDER"シリーズの、こちらはFOXでもまだやってない(笑)新作。
"性犯罪捜査班"の方で主人公オリビアの長く相棒で一瞬恋人でもあった名物刑事エリオット・ステイブラーの、直接的には妻の殺害事件をきっかけとする「組織犯罪」捜査ストーリー。
出演者もフォーマットも本家をなぞってはいるんですが、エリオット個人の感情が熱狂的にストーリーをけん引していて、かつ全8話と短かったので、"LAW & ORDERの新シリーズ"(誕生)というよりもその場限りの狭義のスピンオフという感じ。担当ライターの個人性も強めに感じましたし。
悪くはないんですけど、"組織犯罪"捜査?そうだったっけみたいな感じ。


LAW & ORDER:性犯罪特捜班(S23)[LAW & ORDER: SPECIAL VICTIMS UNIT](2021) FOX

そして本家(?)のFOXでの新シーズン。
ううむ。前シーズンや『ザ・ルーキー』のS3とかもそうでしたが、me too(女性差別)やblack lives matter(黒人差別)などの"時事"に真面目に向き合い過ぎて、ちょっと重苦しい感じ。元々"性犯罪"に専門的に向き合う重いストーリーではありましたが、しかしそれらが持っていた"劇""ドラマ"としての風格や節度というか、ストッパーが若干外れ気味な感じで余り喜ばしくないです。
思い出すのは"9.11"後のアメリカ・ドラマで、当時も一時的にあらゆる作品が凄く政治的か単に愛国的になってうーんとなってましたが、その内には沈静化というか正常化したものでした。
今回もまあ、そういう道を辿ってくれるだろうと、思ってはいますが。書かなければ!という気持ちも事情も理解は出来るんですけどね。でもドラマはドラマ。ドラマとしての価値を、あくまで目指すべき。


イギリス

警部補アーノルド チェルシー捜査ファイル[THE CHELSEA DETECTIVE](2022) AXNミステリー

ロンドンのチェルシー地区を舞台にした作品で、"事件の鍵"という程ではないですがサッカークラブ"チェルシー"の今と昔みたいな話もちょいちょい出て来て楽しいです。
何でしょうね、特に面白い訳でもアーノルド警部補が魅力的な訳でも個性的な訳でもないんですが、なんか飽きずに最後まで見られました。とんがってる訳でものんびりしている訳でもない、ちょうどいい感じがちょうどいいんでしょうか。(余り理由になってない気がする(笑))
相棒で学生時代以来の腐れ縁らしい(恋人ではない)、知性派女刑事の人と二人の気安い友情関係

SonitaHenry_THECHELSEADETECTIVE1SonitaHenry_THECHELSEADETECTIVE2

が楽しいというのは、確実に一つありますが。


アントワーヌとマリーヌ プロヴァンスの事件簿[MURDER IN PROVENCE](2022) AXNミステリー

フランスが舞台で出て来るのもフランス人ですけど、全編英語のイギリスドラマ。
違和感は、ない訳ではないけれど支障があるという程でもないという、それ位。フランス人の感想とかは、また変わりそうですけど。(笑)
主人公は尿の切れの悪さに悩む夫とホットフラッシュにいらいらする妻の更年期カップル。(内縁)
ここらへんの遠慮の無さは、いかにもフランスっぽい。(笑)
ただし下層の惨めな夫婦とかではなくて、夫は予審判事で妻は犯罪心理学者で、共同して警察と共に捜査に関わるそういうストーリー。
"予審判事"というのは馴染みが無いですが、アメリカの判事が基本上がって来た資料で受動的に裁判をするのに対して、ヨーロッパでは捜査段階から関わって検察の起訴不起訴の判断に影響を与える、そういう立場・職務のよう。ただこれは一般フランス人(法科の一年生)にもあまり知られていないらしく、「アメリカのドラマが憎い」と教授でもある妻が劇中嘆く場面も。(笑)
設定もユニークですし、色々面白かったです。"老いてもいちゃいちゃ"な夫婦の感じはフランス製だったらもっとこってり描くんだろうなと思いましたが、それがないのは良かったのか物足りなかったのか。まとめて"見易いフランスドラマ"(風作品)とでも。


カナダ

刑事カーディナル 過去からの報せ(S3)[CARDINAL: BY THE TIME YOU READ THIS](2019)  スーパー!ドラマTV

シーズン1を見た筈だけど全く記憶の無いままシーズン4を見てしまって、まあまあ見られたので"空白"のシーズン3の再放送も見てみましたが、結論やっぱりつまらない。(笑)
とにかくだらだらと"パターン"的な「苦悩」ドラマで、付き合ってられない感じ。所詮他人の悩みというか。(笑)
道理でシーズン1の記憶がなかった筈だ。
でも悔しいからシーズン2も、やってたら見てみようかなとか。(笑)


オランダ

ロシアの次はオランダドラマをまとめて買って来たらしい、GYAO。
ただこれが結構面白い。ロシアもまあまあでしたが。

ゼニス スーパーチャージド・ファミリー[ZENITH](2017) GYAO

子供たちを失望させてばかりの"負け犬"夫婦が、代わりにレンタルの高性能ロボット完璧な"親"としてあてがったことから巻き起こる騒動。
最終的には「どんなに不完全でも子供には本物の親の愛情が大事」的な落ち着き方をする"寓話"的ストーリーなんですが、冗談ぽい感じで作ってある30分のシットコム構成ですし、描写の一つ一つにセンスがあって楽しく見られました。


ハイ・フライヤーズ[Hoogvliegers](2020) GYAO

全8話となってますが、恐らく実際は倍くらいの撮影素材があったものを、どういう事情でか飛び飛びて(圧縮とかではなく)編集して繫げたと思われる作品。特に序盤は話の進みが馬鹿みたいに早くて、目を白黒してました。"軍の訓練学校のいじめ的指導"のような鬱な部分短くなっていたので、快適は快適だったんですが(笑)それにしてもあっさりしていて戸惑いました。
ただ出来自体は、かなりいい部類だと思います。不幸な生い立ちの反動で我の強い主人公、逆に恵まれた生い立ちのプレッシャー故にくさっているところのある軍人一家二世の少年、それにトルコ系移民のムスリム女性でありながらオランダ軍のトップパイロットを目指す少女の仲良し3人が、それぞれのバックボーンと格闘しながらオランダ空軍での成功・活躍を目指す"トップガン"ストーリー。
軍務や戦友や国家への忠誠心自体は真っ当なものとして描きながらも、"所詮アメリカ空軍の添え物"でしかないNATO内でのオランダ空軍の地位の話なども絡まり、骨太ではありますが決して脳筋ではないストーリー。現代ヨーロッパにおける"ロシア"がいかに厄介で異質な存在であるかということも、ある種"予言"的に描写されていてなるほどなという。

JoshaStradowski_Hoogvliegers0

主役のコが結構男でも見とれる颯爽とした美青年で、ちょいちょい傲慢な独走ぶりも、ある種"特権"という感じでそんなにイラつかなかったです。(笑)
アメリカ的ではあるけれどでもアメリカではない、確かに"オランダ"のドラマだなという感じで、興味深い作品でした。


スイス

ラビリンス1945 平和の虚像[FRIEDEN](2020) GYAO

"中立"という形でナチスドイツに消極的に協力し、経済的な恩恵も受けていたスイスが、終戦後罪滅ぼし的に行った戦災遺児たちの受け入れ事業の話。(らしい)

興味深い背景ではありますが、ドキュメンタリーで見たい感じ。
ドラマとしては、ただただしんどそうで余り食指は。


アルゼンチン

アルゼンチーナ 情熱と復讐の果て[Argentina, tierra de amor y venganza](2019) LaLaTV

愛と恩讐のピカレスクホームメロドラマ。(?)
完成度は低くなさそうですが、40年前くらいからずっと同じようなことをやってそうな感じの時代感。


オーストラリア・ニュージーランド・アメリカ

クレバーマン 選ばれし者の戦い[CLEVERMAN](2016) GYAO

近未来社会における架空の多毛人類への差別を、オーストラリア原住民(だと思うけれどアメリカ先住民にも見える)への歴史上の差別と重ねて人種・民族差別問題を闘争的に扱ったファンタジードラマ。
悪くなさそうなんですけど、メインの"クレバーマン"というファンタジー設定が分からな過ぎて、そして分からないままに1stシーズンが終わってしまったので何なんだという感想はどうしても残ります。2ndやってたら見てみるか、難しいところですが見るかな?


アメリカ・イギリス

人形は指をさす[RAGDOLL](2021) AXNミステリー

持ち主バラバラの人体を繋ぎ合わせた"人形"(死体)から始まる猟奇復讐連続殺人事件をめぐる捜査もの。
それ以前の因縁とも色々繋がったストーリーは結構複雑で、正直よく追えなかった部分もありましたが、演出とキャラクターが才気に満ちていて刺激的で、それを見ているだけでひと通り楽しめました。
特に捜査側の女性キャラ二人は最高。

ThalissaTeixeira_Ragdoll0LucyHale_Ragdoll

やたら攻撃的(性格というより表現が)だけど実はお人好しな女性上司と、基本的には優秀なんだけど劣等感が強くて勇み足ばっかり踏んで手を焼かせる新米刑事のコンビは、見ていて無闇に笑えます。それぞれ("Thalissa Teixeira"さんと"Lucy Hale"さん)の演技も伸び伸びと個性的で、"ストーリー"とは関係なしに単にそういう人だからそういう風に演じていると見える部分も。
犯人にもう少し魅力があればなあという感じはしましたけどね。でも楽しかったです。


WOWOWの無い6月でしたが、GYAOドラマが充実していて特に暇になることはありませんでした。
7月からまたWOWOWに復帰しますが。


スポンサーサイト



Posted on 2022/07/01 Fri. 19:26 [edit]

category: 最近見た海外ドラマ

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

海外ドラマの制作会社・放送局(アメリカ編) : 2002年  

2002年

CSI マイアミ[CSI: MIAMI](2002)

Production companies
Jerry Bruckheimer Television ・・・(CSI 科学捜査班)
Alliance Atlantis (2002–2008)(seasons 1–6) ・・・(CSI 科学捜査班)
CBS Productions (2002–2006)(seasons 1–4) ・・・(ミステリーゾーン、ドクタークイン 大西部の女医物語、炎のテキサス・レンジャー、ブルックリン74分署、CSI 科学捜査班、堕ちた弁護士 ニック・フォーリン)
CBS Paramount Network Television (2006–2009)(seasons 5–7) ・・・(CSI 科学捜査班)
CBS Television Studios (2009–2012)(seasons 8–10) ・・・(CSI 科学捜査班)

Original network
CBS


WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え![WITHOUT A TRACE](2002)

Production companies
Jerry Bruckheimer Television ・・・(CSI 科学捜査班)
CBS Productions (2002–06)(seasons 1–4) ・・・(ミステリーゾーン、ドクタークイン 大西部の女医物語、炎のテキサス・レンジャー、ブルックリン74分署、CSI 科学捜査班、堕ちた弁護士 ニック・フォーリン)
CBS Paramount Network Television (2006–09)(seasons 5–7) ・・・(CSI 科学捜査班)
Warner Bros. Television ・・・(ブロンコ、V(1983)、バビロン5、ER 緊急救命室、フレンズ、ザ・ホワイトハウス、サードウォッチ、ギルモア・ガールズ、ブル ウォール街への挑戦、ヤング・スーパーマン)

Original network
CBS


Jerry BruckheimerはJerry Bruckheimerで分かるでしょうから置いておいて。
"CBS Productions""CBS Paramount Network Television"は別会社で、というか前者は元々の"CBS"の制作部門で、後者はCBSとViacomが、なんかごちゃごちゃしてるんですが一回合併した後分離していた時期に存在していた会社。
そしてそこからもう一回統合して出来たのが"CBS Television Studios"。(現在は名称をCBS Studiosに変更)
ということのようです。


名探偵モンク[MONK](2002)

Production company
Mandeville Films
Touchstone Television
USA Cable Entertainment (seasons 1–3)
Universal Television (seasons 1–3) ・・・(ヒッチコック劇場、刑事コロンボ(初期)、四次元への招待、刑事コジャック、バイオニック・ジェミー、私立探偵マグナム、ナイトライダー、ジェシカおばさんの事件、超音速攻撃ヘリ エアーウルフ、特捜刑事マイアミバイス、LAW & ORDER、LAW & ORDER 性犯罪特捜班)
NBC Universal Television Studio (seasons 3–6)
Universal Media Studios (season 6)
Universal Cable Productions (seasons 7–8) ・・・(LAW & ORDER 犯罪心理捜査班)

Original network
USA Network


"Universal Television""NBC Universal Television Studio""Universal Media Studios"は同じ会社。"Universal Cable Productions"はユニバーサルのケーブルテレビ部門。
"USA Cable Entertainment"は一応"USA Network"のケーブル部門ではあるんですが、そもそもUSA NetworkとUniversal Televisionが1997年に統合・合併されていて、会社内がまだごちゃごちゃしていた時期に過渡的に存在していた部門/名称のよう。
・・・何でこんな説明ばっかりする羽目になってるんだ!(笑)


エバーウッド 遥かなるコロラド[EVERWOOD](2002)

Production companies
Berlanti-Liddell Productions
Warner Bros. Television ・・・(ブロンコ、V(1983)、バビロン5、ER 緊急救命室、フレンズ、ザ・ホワイトハウス、サードウォッチ、ギルモア・ガールズ、ブル ウォール街への挑戦、ヤング・スーパーマン)

Original network
The WB


ワーナーが制作してワーナーが放送している。
分かり易くていいなあ。(笑)
作品自体もいい意味で素朴(ダサくはない)な作りだったのは、関係があるのか無いのか。


THE WIRE ザ・ワイヤー[THE WIRE](2002)

Production companies
Blown Deadline Productions
HBO Entertainment ・・・(セックス・アンド・ザ・シティ、ザ・ソプラノズ、シックス・フィート・アンダー、バンド・オブ・ブラザース)

Original network
HBO


こちらもHBO完結。
HBOのメジャー化の初期には"HBO Original Programming"と"HBO Entertainment"が並列しているような様子も見えたんですが、それ以降はひたすら"HBO Entertainment"が代表作の制作を担っているようですね。


ザ・シールド ルール無用の警察バッジ[THE SHIELD](2002)

Production companies
MiddKid Productions
Columbia TriStar Domestic Television (season 1) ・・・(堕ちた弁護士 ニック・フォーリン)
Sony Pictures Television (seasons 2–7)
Fox Television Studios
The Barn Productions

Original network
FX


"Fox Television Studios"というのが新たに設立されていますね。何かの"後身"ということでは一応ないよう。
"FX"というのはFOX系の中の特にマニアックな作品を放送するネットワーク。


ブレイキング・ニュース[BREAKING NEWS](2002)

Production companies
New Line Television
Trilogy Entertainment Group

Original network
Bravo


初登場"Bravo"は、NBC/Universal系のケーブル専門局のよう。



CBS
50年代 ヒッチコック劇場(前半)、ローハイド、ミステリーゾーン
70年代 M*A*S*H、刑事コジャック、がんばれ!ベアーズ
80年代 私立探偵マグナム、超音速攻撃ヘリ エアーウルフ(前半)、ジェシカおばさんの事件簿
90年代 ピケット・フェンス、ドクタークイン 大西部の女医物語、炎のテキサス・レンジャー、シカゴ・ホープ、犯罪捜査官ネイビーファイル(後半)、アメリカン・ゴシック、刑事ナッシュ・ブリッジス、ブルックリン74分署
00-01年 CSI 科学捜査班、堕ちた弁護士 ニック・フォーリン
02年 CSI マイアミ、WITHOUT A TRACE/FBI 失踪者を追え!


USA(Network)
80年代 超音速攻撃ヘリ エアーウルフ(後半)
95年 犯罪捜査官ネイビーファイル(1episode)
01年 LAW & ORDER 犯罪心理捜査班(seasons 7–10)
02年 名探偵モンク


The WB(Television Network)
90年代 バフィー 恋する十字架(前半)、チャームド 魔女3姉妹
00-01年 ギルモア・ガールズ (seasons 1–6)、ヤング・スーパーマン(前半)
02年 エバーウッド 遥かなるコロラド


HBO
90年代 OZ オズ、セックス・アンド・ザ・シティ、ザ・ソプラノズ
01年 シックス・フィート・アンダー、バンド・オブ・ブラザース
02年 THE WIRE ザ・ワイヤー


FX
99年 ハーシュ・レルム
02年 ザ・シールド ルール無用の警察バッジ


Bravo
02年 ブレイキング・ニュース



Posted on 2022/06/27 Mon. 13:55 [edit]

category: 海外ドラマの制作会社・放送局(アメリカ編)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

海外ドラマの制作会社・放送局(アメリカ編) :2001年  

2001年

堕ちた弁護士 ニック・フォーリン[THE GUARDIAN](2001)

Production companies
David Hollander Productions
Gran Via Productions
CBS Productions ・・・(ミステリーゾーン、ドクタークイン 大西部の女医物語、炎のテキサス・レンジャー、ブルックリン74分署、CSI 科学捜査班)
Columbia TriStar Television (2001)(season 1) ・・・(サンフランシスコの空の下)
Columbia TriStar Domestic Television (2001–2002)(seasons 1–2)
Sony Pictures Television (2002–2004)(seasons 2–3)

Original network
CBS


"Columbia TriStar Domestic Television""Columbia TriStar Television"の一部門か子会社的なものかなと思いましたが、そうではなくて後者を吸収する形で成立した後継会社。
"Sony Pictures Television"はそれ(またはそれを含む"Columbia TriStar"名義の全ての会社)の改名版。(Sonyの資本自体はそれ以前から入っていたとのこと)


女検死医ジョーダン[CROSSING JORDAN](2001)

Production companies
Tailwind Productions
NBC Studios (2001-2004)(seasons 1-3) ・・・(刑事ハンター、ホミサイド 殺人捜査課、ザ・プリテンダー 仮面の逃亡者、プロファイラー 犯罪心理分析官、霊能者アザーズ、エド ボーリング弁護士)
NBC Universal Television Studio (2004-2007)(seasons 4-6) ・・・(ヒッチコック劇場、刑事コロンボ(初期)、四次元への招待、刑事コジャック、バイオニック・ジェミー、私立探偵マグナム、ナイトライダー、ジェシカおばさんの事件、超音速攻撃ヘリ エアーウルフ、特捜刑事マイアミバイス、LAW & ORDER、LAW & ORDER 性犯罪特捜班)

Original network
NBC


UC アンダーカバー特殊捜査班[UC UNDERCOVER](2001)

Production companies
Jersey Television
Chasing Time Pictures
Regency Television ・・・(ロズウェル 星の恋人たち)
NBC Studios ・・・(刑事ハンター、ホミサイド 殺人捜査課、ザ・プリテンダー 仮面の逃亡者、プロファイラー 犯罪心理分析官、霊能者アザーズ、エド ボーリング弁護士)
20th Century Fox Television ・・・(グリーン・ホーネット、M*A*S*H、刑事ハンター、L.A.ロー 七人の弁護士、天才少年ドギー・ハウザー、ピケット・フェンス、シカゴ・ホープ、宇宙の法則、ミレニアム、ザ・プリテンダー 仮面の逃亡者、アリーmyラブ、ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル、バフィー 恋する十字架、スヌープス、ハーシュ・レルム、ロズウェル 星の恋人たち、エンジェル、ボストン・パブリック)

Original network
NBC


『UC アンダーカバー特殊捜査班』は正直出来自体は今二つ(当時の2chの専用スレではツッコミ所の多さで変な愛され方をしていました笑)でしたが、『ロズウェル 星の恋人たち』『ザ・プリテンダー 仮面の逃亡者』といった作品名が制作会社を横断して独特の被り方をしているので、それなりにこだわりをもったグループによる作品なのかなと。


LAW & ORDER 犯罪心理捜査班[LAW & ORDER: CRIMINAL INTENT](2001)

Production companies
Wolf Films
Studios USA (season 1) ・・・(ヒッチコック劇場、刑事コロンボ(初期)、四次元への招待、刑事コジャック、バイオニック・ジェミー、私立探偵マグナム、ナイトライダー、ジェシカおばさんの事件、超音速攻撃ヘリ エアーウルフ、特捜刑事マイアミバイス、LAW & ORDER、LAW & ORDER 性犯罪特捜班)
Universal Network Television (seasons 2–3)
NBC Universal Television Studio (seasons 4–7)
Universal Media Studios (season 7)
Universal Cable Productions (seasons 7–10)

Original network
NBC (seasons 1–6)
USA Network (seasons 7–10)


"Studios USA"から"Universal Media Studios"までは同じ会社の名前違い。
"Universal Cable Productions"は情報が少ないんですが、NBCがケーブル用に設立した制作会社のよう。


スタートレック エンタープライズ[STAR TREK: ENTERPRISE](2001)

Production companies
Paramount Network Television[Paramount Television] ・・・(スタートレック 宇宙大作戦、がんばれ!ベアーズ、冒険野郎マクガイバー、犯罪捜査官ネイビーファイル、スタートレック ヴォイジャー、刑事ナッシュ・ブリッジス)
Braga Productions
Rick Berman Productions

Original network
UPN



ヤング・スーパーマン[SMALLVILLE](2001)

Production companies
Tollin/Robbins Productions
Millar Gough Ink
DC Comics
Warner Bros. Television ・・・(ブロンコ、V(1983)、バビロン5、ER 緊急救命室、フレンズ、ザ・ホワイトハウス、サードウォッチ、ギルモア・ガールズ、ブル ウォール街への挑戦)

Original network
The WB (2001–06)
The CW (2006–11)



24 TWENTY FOUR[24](2001)

Production companies
Imagine Television
Real Time Productions
Teakwood Lane Productions
20th Century Fox Television ・・・(グリーン・ホーネット、M*A*S*H、刑事ハンター、L.A.ロー 七人の弁護士、天才少年ドギー・ハウザー、ピケット・フェンス、シカゴ・ホープ、宇宙の法則、ミレニアム、ザ・プリテンダー 仮面の逃亡者、アリーmyラブ、ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル、バフィー 恋する十字架、スヌープス、ハーシュ・レルム、ロズウェル 星の恋人たち、エンジェル、ボストン・パブリック)

Original network
Fox



シックス・フィート・アンダー[SIX FEET UNDER](2001)

Production companies
Actual Size Films
The Greenblatt/Janollari Studio
HBO Entertainment ・・・(セックス・アンド・ザ・シティ、ザ・ソプラノズ)

Original network
HBO


バンド・オブ・ブラザース[BAND OF BROTHERS](2001)

Production companies
Playtone
DreamWorks Television ・・・(霊能者アザーズ)
HBO Entertainment ・・・(セックス・アンド・ザ・シティ、ザ・ソプラノズ)

Original network
HBO




CBS
50年代 ヒッチコック劇場(前半)、ローハイド、ミステリーゾーン
70年代 M*A*S*H、刑事コジャック、がんばれ!ベアーズ
80年代 私立探偵マグナム、超音速攻撃ヘリ エアーウルフ(前半)、ジェシカおばさんの事件簿
90年代 ピケット・フェンス、ドクタークイン 大西部の女医物語、炎のテキサス・レンジャー、シカゴ・ホープ、犯罪捜査官ネイビーファイル(後半)、アメリカン・ゴシック、刑事ナッシュ・ブリッジス、ブルックリン74分署
00年 CSI 科学捜査班
01年 堕ちた弁護士 ニック・フォーリン


NBC
50年代 ヒッチコック劇場(後半)、ララミー牧場、
70年代 四次元への招待、大草原の小さな家、野生のエルザ、バイオニック・ジェミー(後半)、白バイ野郎ジョン&パンチ
80年代 ヒルストリート・ブルース、ナイトライダー、V(1983)、特捜刑事マイアミバイス、刑事ハンター、新・弁護士ペリー・メイスン、L.A.ロー 七人の弁護士、ベイウォッチ(前半)、NY市警緊急出動部隊 トゥルー・ブルー
90年代 LAW & ORDER、リーズナブル・ダウト 静かなる検事記録、ホミサイド 殺人捜査課、ER 緊急救命室、アース2、フレンズ、犯罪捜査官ネイビーファイル(前半)、ザ・プリテンダー 仮面の逃亡者、プロファイラー 犯罪心理分析官
00年 霊能者アザーズ、エド ボーリング弁護士
01年 女検死医ジョーダン、UC アンダーカバー特殊捜査班、LAW & ORDER 犯罪心理捜査班(seasons 1–6)


USA(Network)
80年代(前) 超音速攻撃ヘリ エアーウルフ(後半)
95年 犯罪捜査官ネイビーファイル(1episode)
01年 LAW & ORDER 犯罪心理捜査班(seasons 7–10)



UPN(United Paramount Network)
90年代 スタートレック ヴォイジャー、バフィー 恋する十字架(後半)、ロズウェル 星の恋人たち
01年 スタートレック エンタープライズ

 

The WB(Television Network)
90年代 バフィー 恋する十字架(前半)、チャームド 魔女3姉妹
00年 ギルモア・ガールズ (seasons 1–6)
01年 ヤング・スーパーマン(前半)


The CW
00年 ギルモア・ガールズ (season 7)
01年 ヤング・スーパーマン(後半)


前回も言いましたが、"UPN"と"The WB"を合併したのが"The CW"。

Fox
90年代 ビバリーヒルズ高校白書、Xファイル、サンフランシスコの空の下、宇宙の法則、ミレニアム、アリーmyラブ
00年 ボストン・パブリック
01年 24 TWENTY FOUR


HBO
90年代 OZ オズ、セックス・アンド・ザ・シティ、ザ・ソプラノズ
01年 シックス・フィート・アンダー、バンド・オブ・ブラザース


印象としてはFOXが大メジャーでHBOがマニアックという感じなんですが、この時点だと目立つ作品数が大して変わらないんだなという少し意外な感じ。


Posted on 2022/06/18 Sat. 15:28 [edit]

category: 海外ドラマの制作会社・放送局(アメリカ編)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

海外ドラマの制作会社・放送局(アメリカ編) :2000年  

2000年

CSI 科学捜査班[CSI: CRIME SCENE INVESTIGATION](2000)

Production companies
Jerry Bruckheimer Films (2000–2001) (seasons 1–2)
Jerry Bruckheimer Television (2001–2015) (seasons 2–15)
Alliance Atlantis (2000–08) (Seasons 1–8)
CBS Productions (2000–06, 2015–16) (Seasons 1–6, spin-off) ・・・(ミステリーゾーン、ドクタークイン 大西部の女医物語、炎のテキサス・レンジャー、ブルックリン74分署)
CBS Paramount Network Television (2006–09) (Seasons 7–9)
CBS Television Studios (2009–15) (Seasons 10–15)

Original network
CBS


"Jerry Bruckheimer Films""Jerry Bruckheimer Television"は別会社のように表記されていますが、大きな括りとしては"Jerry Bruckheimer Films"で、その中の(特にCSI以降の)TV部門が"Jerry Bruckheimer Television"だと、そういう理解でいいようです。
CBS系の3つの区別はいくら見てもよく分からなかったんですけど(笑)、とりあえずそれぞれ時期が被っているので名義変更ではなくて別会社ではあるようですね。いつか腰を据えて調べてみたい。(笑)


霊能者アザーズ[THE OTHERS](2000)

Production companies
Delusional Films
NBC Studios ・・・(刑事ハンター、ホミサイド 殺人捜査課、ザ・プリテンダー 仮面の逃亡者、プロファイラー 犯罪心理分析官)
DreamWorks Television

Original network
NBC


エド ボーリング弁護士[ED](2000)

Production companies
Worldwide Pants Incorporated
NBC Studios ・・・(刑事ハンター、ホミサイド 殺人捜査課、ザ・プリテンダー 仮面の逃亡者、プロファイラー 犯罪心理分析官)
Viacom Productions ・・・(新・弁護士ペリー・メイスン、OZ オズ)

Original network
NBC


NBC系の二つ。
『エド ボーリング弁護士』はいかにも間抜けな邦題で実際コメディタッチではあるんですが、意外やダークで渋い所もある"裏アメリカ"ドラマみたいな作品で、"Viacom Productions"はそういう骨っぽい作品を好んで製作するところなのかなと3つ並べると。


ボストン・パブリック[BOSTON PUBLIC](2000)

Production companies
David E. Kelley Productions ・・・(ピケット・フェンス、シカゴ・ホープ、アリーmyラブ、ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル、スヌープス)
20th Century Fox Television ・・・(グリーン・ホーネット、M*A*S*H、刑事ハンター、L.A.ロー 七人の弁護士、天才少年ドギー・ハウザー、ピケット・フェンス、シカゴ・ホープ、宇宙の法則、ミレニアム、ザ・プリテンダー 仮面の逃亡者、アリーmyラブ、ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル、バフィー 恋する十字架、スヌープス、ハーシュ・レルム、ロズウェル 星の恋人たち、エンジェル)

Original network
Fox



ギルモア・ガールズ[GILMORE GIRLS](2000)

Production companies
Dorothy Parker Drank Here Productions
Hofflund/Polone
Warner Bros. Television ・・・(ブロンコ、V(1983)、バビロン5、ER 緊急救命室、フレンズ、ザ・ホワイトハウス、サードウォッチ)

Original network
The WB(Television Network) (seasons 1–6)
The CW (season 7)


ブル ウォール街への挑戦[BULL](2000)

Production companies
Nooch Company
Warner Bros. Television ・・・(ブロンコ、V(1983)、バビロン5、ER 緊急救命室、フレンズ、ザ・ホワイトハウス、サードウォッチ)

Original network
TNT


"Warner Bros. Television"制作の二作品。
初登場の"The CW"CBSコーポレーションとワーナー・ブラザースの合弁企業」とのこと。ケーブル専門かなと思ったら地上波もやるそうで、系列合流の方が主眼の会社なのか。・・・なるほど、以前からあったワーナー系の"The WB"とCBS系の"UPN"を発展解消する形で共同で作ったのが作ったのが"The CW"と。
『ブル ウォール街への挑戦』はメジャーなのかマイナーなのか微妙な作品だなと思ってましたが、ケーブル(TNT)番組だったのか。ネットワーク用に作ろうとしたけれどはねられてケーブルに落ちて来て、でもケーブル仕様にもなり切れなくてみたいなそういう作品だったのではないかと推測。(笑)



CBS
50年代 ヒッチコック劇場(前半)、ローハイド、ミステリーゾーン
70年代 M*A*S*H、刑事コジャック、がんばれ!ベアーズ
80年代 私立探偵マグナム、超音速攻撃ヘリ エアーウルフ(前半)、ジェシカおばさんの事件簿
90年代 ピケット・フェンス、ドクタークイン 大西部の女医物語、炎のテキサス・レンジャー、シカゴ・ホープ、犯罪捜査官ネイビーファイル(後半)、アメリカン・ゴシック、刑事ナッシュ・ブリッジス、ブルックリン74分署
00年 CSI 科学捜査班


NBC
50年代 ヒッチコック劇場(後半)、ララミー牧場、
70年代 四次元への招待、大草原の小さな家、野生のエルザ、バイオニック・ジェミー(後半)、白バイ野郎ジョン&パンチ
80年代 ヒルストリート・ブルース、ナイトライダー、V(1983)、特捜刑事マイアミバイス、刑事ハンター、新・弁護士ペリー・メイスン、L.A.ロー 七人の弁護士、ベイウォッチ(前半)、NY市警緊急出動部隊 トゥルー・ブルー
90年代 LAW & ORDER、リーズナブル・ダウト 静かなる検事記録、ホミサイド 殺人捜査課、ER 緊急救命室、アース2、フレンズ、犯罪捜査官ネイビーファイル(前半)、ザ・プリテンダー 仮面の逃亡者、プロファイラー 犯罪心理分析官
00年 霊能者アザーズ、エド ボーリング弁護士


Fox
90年代 ビバリーヒルズ高校白書、Xファイル、サンフランシスコの空の下、宇宙の法則、ミレニアム、アリーmyラブ
00年 ボストン・パブリック


The WB(Television Network)
90年代 バフィー 恋する十字架(前半)、チャームド 魔女3姉妹
00年 ギルモア・ガールズ (seasons 1–6)


The CW
00年代 ギルモア・ガールズ (season 7)


TNT(Turner Network Television)
90年代 バビロン5
00年 ブル ウォール街への挑戦




Posted on 2022/06/13 Mon. 12:44 [edit]

category: 海外ドラマの制作会社・放送局(アメリカ編)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

’22.5月の米欧ドラマ  

アメリカ

イエローストーン(S3)[Yellowstone](2020) WOWOW

シーズン1の段階では"ネオ"ウェスタンの「現代」性がまずは色々フィーチャーされていた感じでしたが、シーズンが進むごとに"西部劇"のある意味ピュアな味わいが染みて来る感じに。
・・・とはいえオリジナル西部劇がそこまで格調高かった訳ではないので、ある種理想化されたものというかむしろそういう世界を歌ったカントリー/フォーク/ブルース系の音楽がイメージさせる"古典アメリカ"が具現化している感も。
そんな中でやや解釈の難しいところもあった、主人公一家やその周辺の"犯罪組織"まではいかない暴力性について、シーズン3では答え的なものが示されています。

9話『悪より冷酷に』
yellowstoneS2_9-1yellowstoneS2_9-2
yellowstoneS2_9-3yellowstoneS2_9-4
yellowstoneS2_9-5yellowstoneS2_9-6

10話『帝国の終わり』
yellowstoneS2_10-1yellowstoneS2_10-2
yellowstoneS2_10-3yellowstoneS2_10-4
yellowstoneS2_10-5yellowstoneS2_10-6

なるほど暴力に躊躇いはないし法も必要なら無視するけれど、積極的な悪ではないというか家族・身内への愛に基づいた自衛的非情であると。
国家間の"戦争"の概念に似てますね。実際一種の帝国/ローカル権力ではある訳ですけどダットン家は。
ただ"対抗勢力"というよりそれに使役されるものも含めた比較的"個人"的な犯罪者/悪を相手にすることの方が多いので、ただのパワーポリティックスではなくよりシンプルな"モラル"に近い議論にはなっている。
ニーチェの"哲学"はそこまで完全にプラグマティックなものではないと思いますが、まあざっくり援用すればそういう主張の根拠に使えないことは無いかも。


ザ・ルーキー(S3)[The Rookie](2021) WOWOW

製作はシーズン2から二年後ですが、WOWOW上ではほとんど間髪入れずにさくさく始まったシーズン3。
現在のところ4話までですが、うーん、ちょっとニュアンスか変わってるかなという。
時勢を反映して、「警官の暴力」や「人種差別」をかなりストレートに取り上げた"社会派"な感じになってますね。"剥き出し"というか。
それ自体はちゃんとしているんですけどちょっと味わいに欠けるというか、かなりコメディ寄りなタッチで始まった作品のフォーマットで、逆にどこまでそういう使用に耐えるのかなという不安はあります。
シーズン終わりには、納得させてくれることを願ってますが。


イギリス

コール・ザ・ミッドワイフ ロンドン助産婦物語[CALL THE MIDWIFE](2012) ひかりTV/LaLaTV

1950年代のイギリス/ロンドンの助産婦たちの奮闘を描いた、本国では人気シリーズらしい作品。
といっても所謂村の"産婆"的な泥臭いあれではなく、医学の教育を受けた&女性の権利意識保護意識の高い、先進的な集団という意味合いが強いですね。
ヒロインもこんな感じ
jessicaraine_callthemidwife

のお嬢様系というか可愛い系というか。医学の実力自体は、最初からしっかりしてますが。
内容的には何というか、"意識高い系女子が現実社会で味わうショック"も、先進≒はみ出し者集団ゆえの"様々なバックグラウンドを持つ同僚たちや救済対象である貧困/下層社会の女性たちと繰り広げられる悲喜こもごもの人間模様"も、概ね予想の範囲というか公式通りという感じで、正直1,2話見れば十分かなという気持ちになりました。"連続ドラマ"ではなく、"映画"向きの素材に見えるというか。
その後やってるのをちらちら見るに意外と気楽な感じの作りにも見えるので、再放送時にはもう一回チャレンジしてみる気持ちも無くはないんですが。

・・・"ミッドワイフ"という言葉の響きがなんか取ってつけたようというか過渡的な感じに聴こえたので(特に"ワイフ"というのが何か)この時代ならではのものなのかなと思ったんですが、先月紹介した現代ものの『産婦人科医アダムの赤裸々日記』でも変わらず使われていたのでそうなのかと。
ちなみにそちらの方では、その時"面白い"と取り上げていたインド系女優さん演じるキャラが結構唐突に自殺してしまって驚きましたが。
sannfujinnkaAdam6-1sannfujinnkaAdam6-2

自殺直前、普通に一日の業務をこなして退勤する時の彼女の最後の姿
いやあ、全然分からなかった。ちなみにせりふは、"観客"に向けてのものです。
ほんと若い医者が余りに大変そうで、良くないわあと思いますが。患者にとっては立派な"医者"ですからね。丁稚小僧に命を預けた覚えはない。ちゃんと扱ってあげて欲しい。


狂愛 ザ・ラストウィークエンド[The Last Weekend](2012) WOWOWプラス

若い方のモースの人が気持ちの悪い役で主演している気持ちの悪いドラマ。スクールカースト下位の逆襲的な話らしい。ヤングモースを見ている時もうっすら感じていた、俳優さんの"気持ちの悪い"感じ(ハンサムではあるんですけど)が晴れて(笑)全開になっていて、やっぱりなというそういう意味での面白さはありました。(笑)


シスター探偵ボニファス[Sister Boniface Mysteries](2022) AXNミステリー

"ブラウン神父"シリーズのキャラを主人公とするスピンオフらしいですが、本編自体が好きじゃないのでそのキャラの記憶が無いというか多分見てない。
なんか天才的な頭脳を持った戦時中は辣腕スパイか何かだったらしいのに、今は田舎町のシスターとして酔狂な隠退生活をしている人らしい。
うーん、本編よりは"コージー"さがわざとらしくなくて好きかな(なんか"置きに"行っている感じで嫌いなんですよねブラウン神父は)。でもそれ以上では。


デンマーク

ダークネス:ゾウズ・フー・キル[Darkness: Those Who Kill](2019) WOWOW

3月にシーズン"2"をそれと知らずに見てしまったやつのシーズン1を、オンデマンドで。今年中に配信期限が切れるようなので今の内にと。
シーズン2だとヒロインは、腕一本で浮世を渡るさすらいの天才プロファイラーみたいな雰囲気に見えましたが、非常勤の警察アドバイザーという立場は同じでもシーズン1では結構何回もプロファイルを外していて(大外しということではないですが)、あらあらという感じ。(笑)
それ以外のメイン業務は虐待/レイプ被害女性たちのカウンセリング活動で、問題となっている事件も連続監禁レイプ殺人、更に犯人(複数)側もそれぞれに虐待被害者であるとテーマ的には徹底しています。事件解決というよりもその問題自体を訴えたい、それは分かるんですが、だからと言って逮捕された犯人がヒロインの"カウンセリング"対象となってある意味「許される」感じで終わるのは、やり口の残忍さからはなかなか受け入れ難いところもありました。直接の虐待者への犯人の"個人的"復讐部分の時は、僕も応援していなくもなかったんですけど、やっぱり自身が加害者としてやったことが。
"複雑"というよりも、"理屈"に走り過ぎたエンディングだったかなと。全体としては面白かったですけど。


レッド・エレクション[RED ELECTION](2021) WOWOW

イギリスを舞台にした(主な登場人物もイギリス人)デンマーク製のスパイドラマ。(らしい)
最初は普通にイギリスドラマだと思って見始めて登場人物(特にヒロイン)キャラ薄過ぎるだろうと見るのやめようかと思ったんですが、ながらで見ている内に面白くなって結局最後まで見ました。
なるほど北欧仕様だから、"イギリス"ものとしては味わいが足りなかったのかと、今になると。
ロシア絡みの政治的謀略戦ですが、本当のテーマは"スパイ"という職業・生活の苛酷さみたいな方かなという。
特に敵に捕まった工作員が生きながら火葬炉で焼かれるのがある種慣習化しているという描写がえぐくて(多分どこかでは実在している/た話なんじゃないかと思いますが)、かつそうした末端の工作員の運命が情報局の一局員の官僚主義の匙加減で左右されかねないという描写は何ともやり切れない感じで。
ドラマとしては、これら"表"テーマと"裏"テーマと、描き切れていたかというと少し疑問。表の方も十分に複雑な展開だったのもあって、裏テーマの方は最後の方になってようやくそういうことかという割と慌ただしい感じで。"火葬"が無ければ多分気が付かなかった。どっちかに絞った方が良かった気がします。(特に"裏"に関してはやるならもっと徹底的に)


イタリア

失踪者捜索人マサントニオ[MASANTONIO](2021) AXNミステリー

番宣CMだと"捜索人"が失踪者の"霊"と話しているように見えたので、安そうだなあと気が進まない感じで見始めたんですが、とてもいいドラマでした。"イタリア"ドラマでは今までで一番いいかな。
実際は霊ではなくて、捜索対象への直感的感情的な特異なプロファイリングによるイメージングをしているという描写で、そうしてイメージした失踪者との「対話」を繰り返すことによって行方を突き止めるという、そういう話。
その過程で失踪者の人生が語られる、それぞれに違う失踪の理由や意味が描き分けられるんですが、それが本当に多様でそこからの帰結、"行方"が毎度結構意外で、ミステリーとして非常によく出来たストーリーになっています。感情的なようで知的でもあるというか。
特に誰にでも失踪"欲"のようなものがあり(主人公も失踪の経験者)、失踪者になる可能性がある、そしてそのことで残された人たちがいかに傷つくか、「失踪」という現象のかなり包括的で本格的な考察がなされているのには、感心しました、感銘を受けました。学者が絡んでるんじゃないかなあと思うくらいですが。("原作"表記は見当たらないんですが)


フランス・ベルギー・ドイツ

クリムゾン・リバー[LES RIVIERES POURPRES](2018) BS11/WOWOWオンデマンド

元は映画らしい

ですがそっちは知りません。
映画版だと男男ペアの捜査もののようですが、こちらは男女ペア。しかもその"女"の方の魅力が恐らくこのドラマシリーズの最大の売りになっているので、まあ別ものと考えるべきでしょうね。
エリカ・サント(Erika Sainte)さん演じる女刑事"カミーユ・クローネ"
ErikaSainte_LESRIVIERESPOURPRESErikaSainte_LESRIVIERESPOURPRES02

中性的かつ華やか、彫刻みたいだけどスポーティーという特異な風貌・たたずまいで、一度見たら忘れられない感じで釘付けになりました。

CrimsonRiver_ErikaSainte0CrimsonRiver_ErikaSainte2

捜査資料の読み込みで徹夜して寝落ちしてる所を起こされて照れるカミーユ。可愛い。
ペアのベテラン刑事は父親代わりに近い師匠で、基本"パパ"に甘える感じを残しつつ捜査そのものはそれぞれに猪突猛進で、ブレーキ役のいない結構危ないコンビです(笑)。優秀だからいいものの。
2話完結×4というストーリー構成で、長さ的にもちょうど見易いかなあという感じ。扱う事件は代々続く現代に残るドイツ貴族の血の怨念やらとある修道院が行っていた中世音楽と初期キリスト教の関係の学術研究から派生した思わぬ終末論的妄想やら、結構おどろおどろしいというかゴシック・ロマン的な奇怪な事件群。事件の陰鬱さと捜査の乱暴さ(笑)が、ある意味ちょうどいいバランスとも言えます。
シーズン2もあるようなので見る予定。

・・・カミーユ(Erika Sainte)を見ていて、何となく昔見た有名なサイレント映画『裁かるるジャンヌ』を思い出していたんですが。


そこまで似てないですかね。(笑)
"彫刻"的な陰影の深さが、モノクロサイレントの質感を連想させたのかなと。


イギリス・アメリカ・オーストラリア

THE GREAT エカチェリーナの時々真実の物語(S2)[The Great](2021) Super!dramaTV

去年の2月以来のシーズン2。
エカチェリーナが(S1最後に始めた)クーデターで夫ピョートルから政権を奪い取って、女帝に即位するエピソードから始まります。
夫は殺さずに軟禁(機嫌が悪いと監禁)に止めますが、その夫に戴冠式で「自分で大帝と名乗るのか?」と驚かれてましたが、僕もそう思いました(笑)。史実はどうだったのかな。
エカチェリーナが"善意"の人なのは分かりますが、正直政治的に有能だとも増して"偉大"であるようにも全然見えては来ないんですが、"コメディ"と大きくは分類される作品ですし、そこらへんは史実のエカチェリーナの業績にお任せという感じで余り気にしてはいないのかな。一方で"等身大"の大帝の姿を暴くとか、そういう野暮なことがしたい訳でもないようには思うんですが。
・・・最新5話ではトルコ大使が、「妄想癖のある子供」、である"可能性"を本人に向かって(笑)口にしていましたが、明君なのかただの暴走する理想家なのか、一応作品的にも"疑問"を呈するというか両論併記しているつもりなのかなとは思います。でも落として終わりそうな雰囲気は無いんだよなあ、基本は肯定的に見える。
という風に脚本的にたまに何を言いたいのかよく分からない時もあるんですが、セリフの機知自体は抜群ですし、それを映像化する演出は安定してキレキレですし、楽しい作品なのは確か。

thegreatS2_1

"妊婦の異常行動"をやたら描きたがるんですが、ご時世的に大丈夫なのかなという疑問も(笑)。5話では最早、"いつものデザート"みたいな感じで土を食べてましたが(笑)。まあ主演の人は楽しんでるんでしょうけど。

thegreatS2_3

細かいことは抜きにして、この3人のやり取り(ガールズトーク?)を見てるだけで、楽しい作品ではあります。
エカチェリーナと(実は保守派の)毒舌の天才親友マリアル。[向かって左]
エカチェリーナの改革焚き付け派にして一方で現実教え派の、良き人生の先輩エリザベート叔母様。[向かって右]
特に叔母様は、物語の状況の説明役として、欠かせない感じですね。正直叔母様の説明が無いと、エカチェリーナの行動の意味が分からないこともちょいちょいあります。
マリアルは何というか、"理想"の人エカチェリーナの"影"みたいな役割。叔母様のように言葉ではなく、行動でエカチェリーナが生きていないレベルの"生"を生きている人、そういうレベルの存在を示している人というか。


6月はいったんWOWOWの契約を切るので(7月に復帰予定)、その間はHuluにでもまた入るか別のことをするか。GYAOの無料ドラマの充実度にもよりますが。


Posted on 2022/06/01 Wed. 12:00 [edit]

category: 最近見た海外ドラマ

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

海外ドラマの制作会社・放送局(アメリカ編) :1999年  

1999年

LAW & ORDER 性犯罪特捜班[LAW & ORDER: SPECIAL VICTIMS UNIT](1999)

Production companies
Wolf Entertainment ・・・(LAW & ORDER)
Studios USA (1999–2002) ・・・(ヒッチコック劇場、刑事コロンボ(初期)、四次元への招待、刑事コジャック、バイオニック・ジェミー、私立探偵マグナム、ナイトライダー、ジェシカおばさんの事件、超音速攻撃ヘリ エアーウルフ、特捜刑事マイアミバイス、LAW & ORDER)
Universal Network Television (2002–2004)
NBC Universal Television Studio (2004–2007)
Universal Media Studios (2007–2011)
Universal Television (2011–present)

Original network
NBC


Wolf Entertainmentは『LAW & ORDER』の(製作総指揮) Dick Wolfが作った会社。
"Studios USA"以下は全て同じ会社の名前違い。


ザ・ホワイトハウス[THE WEST WING](1999)

Production companies
John Wells Productions
Warner Bros. Television ・・・(ブロンコ、V(1983)、バビロン5、ER 緊急救命室、フレンズ)

Original network
NBC


サードウォッチ[THIRD WATCH](1999)

Production companies
John Wells Productions
Warner Bros. Television ・・・(ブロンコ、V(1983)、バビロン5、ER 緊急救命室、フレンズ)

Original network
NBC


制作母体は全く同じですけど、"John Wells"さんが製作総指揮を務めているのは『サードウォッチ』の方だけなので、'97年のDavid E. Kelleyとは違ってクリエイターとして同年に二作作っている訳ではないので少し事情が違いますね。
クリエイター寄りのDavid E. Kelleyとプロデューサー寄りのJohn Wellsというか。


スヌープス[Snoops](1999)

Production companies
David E. Kelley Productions ・・・(ピケット・フェンス、シカゴ・ホープ、アリーmyラブ、ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル)
20th Century Fox Television ・・・(グリーン・ホーネット、M*A*S*H、刑事ハンター、L.A.ロー 七人の弁護士、天才少年ドギー・ハウザー、ピケット・フェンス、シカゴ・ホープ、宇宙の法則、ミレニアム、ザ・プリテンダー 仮面の逃亡者、アリーmyラブ、ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル、バフィー 恋する十字架)

Original network
ABC


そのDavid E. Kelleyの'99年の新作。
女性探偵(たち)を主人公にしたハードボイルドタッチの作品ですが、やや暗い感じだったせいか余り人気はありませんでしたね。
"ABC"はKelly作品だと他に『ザ・プラクティス』がそう。暗めハードめのはこっちに下ろしていたのかな。


ハーシュ・レルム[HARSH REALM](1999)

Production companies
Ten Thirteen Productions ・・・(Xファイル、ミレニアム)
20th Century Fox Television ・・・(グリーン・ホーネット、M*A*S*H、刑事ハンター、L.A.ロー 七人の弁護士、天才少年ドギー・ハウザー、ピケット・フェンス、シカゴ・ホープ、宇宙の法則、ミレニアム、ザ・プリテンダー 仮面の逃亡者、アリーmyラブ、ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル、バフィー 恋する十字架)

Original network
Fox
FX


『Xファイル』と『ミレニアム』の制作会社による、同様に陰謀論的なSF作品。
作る度に人気は落ちてましたね(笑)。僕は二作目『ミレニアム』は好きでしたけど、この作品は暗過ぎるというか病的な感じでよく分かんねえなという印象でした。
初登場の「FX」はこの当時勃興し始めていた"ケーブル"局ですね。HBOに次ぐ存在。今日でもかな?
名前が似てることからも分かるように、ネットワーク局FOXからの枝分かれ。


ザ・ソプラノズ[THE SOPRANOS](1999)

Production companies
Chase Films
Brad Grey Television
HBO Entertainment ・・・(セックス・アンド・ザ・シティ)

Original network
HBO


そのHBOの1999年はこれ。
現代のイタリアンマフィア、"犯罪者"の世界を扱うという意味では前作の刑務所ドラマ『OZ』と同じですが、より文学性とホームドラマ性を加えたこの作品は批評家観客双方から評判が良く、一気にHBOがメジャーな存在に。僕にとっても生涯ベスト作の筆頭候補ですね。


ロズウェル 星の恋人たち[ROSWELL](1999)

Production companies
Jason Katims Productions
Regency Television
20th Century Fox Television ・・・(グリーン・ホーネット、M*A*S*H、刑事ハンター、L.A.ロー 七人の弁護士、天才少年ドギー・ハウザー、ピケット・フェンス、シカゴ・ホープ、宇宙の法則、ミレニアム、ザ・プリテンダー 仮面の逃亡者、アリーmyラブ、ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル、バフィー 恋する十字架)

Original network
The WB (1999–2001)
UPN (2001–2002)


"20th Century Fox Television"制作、"The WB""UPN"放送という体制は『バフィー 恋する十字架』と同じ。
内容的には有名なロズウェルのUFO墜落(疑惑)事件を素材に、その時地球に逃れた宇宙人の若者たちの地球での人生・青春を描いた作品。"暗めの青春SF/ファンタジードラマ"という意味では、確かに『バフィー 恋する十字架』と共通しています。

エンジェル[ANGEL](1999)

Production companies
Mutant Enemy Productions ・・・(バフィー 恋する十字架)
Greenwolf Corp (season 1)
David Greenwalt Productions (seasons 2–3)
Kuzui Enterprises ・・・(バフィー 恋する十字架)
Sandollar Television ・・・(バフィー 恋する十字架)
20th Century Fox Television ・・・(グリーン・ホーネット、M*A*S*H、刑事ハンター、L.A.ロー 七人の弁護士、天才少年ドギー・ハウザー、ピケット・フェンス、シカゴ・ホープ、宇宙の法則、ミレニアム、ザ・プリテンダー 仮面の逃亡者、アリーmyラブ、ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル、バフィー 恋する十字架)

Original network
The WB


その『バフィー 恋する十字架』のずばりスピンオフなのはこちら。
制作体制は丸ごと同じですが、シリーズの成功を受けて中の人が独立して作った制作会社(Greenwolf Corp、David Greenwalt Productions)が更に加わっています。
放送局の方はこちらはThe WB単独。
なんか違いがあるのか。よりヒットを見込めるから一局が金出して提供したのか、逆にマイナーだから一局だけになったのか。



NBC
50年代 ヒッチコック劇場(後半)、ララミー牧場、
70年代 四次元への招待、大草原の小さな家、野生のエルザ、バイオニック・ジェミー(後半)、白バイ野郎ジョン&パンチ
80年代 ヒルストリート・ブルース、ナイトライダー、V(1983)、特捜刑事マイアミバイス、刑事ハンター、新・弁護士ペリー・メイスン、L.A.ロー 七人の弁護士、ベイウォッチ(前半)、NY市警緊急出動部隊 トゥルー・ブルー
90-96年 LAW & ORDER、リーズナブル・ダウト 静かなる検事記録、ホミサイド 殺人捜査課、ER 緊急救命室、アース2、フレンズ、犯罪捜査官ネイビーファイル(前半)、ザ・プリテンダー 仮面の逃亡者、プロファイラー 犯罪心理分析官
99年 ザ・ホワイトハウス、サードウォッチ、LAW & ORDER 性犯罪特捜班


ABC
50年代 ブロンコ、
60年代 ベン・ケーシー、コンバット、逃亡者、奥様は魔女、グリーン・ホーネット、刑事コロンボ(後半)
70年代 人気家族パートリッジ、特別狙撃隊S.W.A.T.、刑事スタスキー&ハッチ、バイオニック・ジェミー(前半)、ルーツ、ルーツ2
80年代 アメリカン・ヒーロー、こちらブルームーン探偵社、冒険野郎マクガイバー、天才少年ドギー・ハウザー
90-97年 ツイン・ピークス、NYPDブルー、ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル、心理探偵フィッツ[米国版]
99年 スヌープス


Fox
90-97年 ビバリーヒルズ高校白書、Xファイル、サンフランシスコの空の下、宇宙の法則、ミレニアム、アリーmyラブ
99年 ハーシュ・レルム


The WB(Television Network)
97-98年 バフィー 恋する十字架(前半)、チャームド 魔女3姉妹
99年 ロズウェル 星の恋人たち、エンジェル


UPN(United Paramount Network)
95-97年 スタートレック:ヴォイジャー、バフィー 恋する十字架(後半)
99年 ロズウェル 星の恋人たち


HBO
97-98年 OZ オズ、セックス・アンド・ザ・シティ
99年 ザ・ソプラノズ


FX
99年 ハーシュ・レルム




Posted on 2022/05/30 Mon. 14:56 [edit]

category: 海外ドラマの制作会社・放送局(アメリカ編)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

海外ドラマの制作会社・放送局(アメリカ編) :1998年  

1998年

2作品しかないんですけど、1997年も1999年も十分な作品数があるので、くっつけてしまうとそれはそれでごちゃごちゃしてよろしくない。
どこかに"1998年"製の作品が隠れてないでしょうか。(笑)

セックス・アンド・ザ・シティ[SEX AND THE CITY](1998)

Production companies
Darren Star Productions
HBO Entertainment

Original network
HBO


"HBO Entertainment"。
前年の『OZ』の制作会社として"HBO Original Programming"とが登場していましたが、それの"改名"ということではないようです。
現在の区分としては"HBO Entertainment"はHBOの"Films""Animation""Enterprises"と並ぶ4つ目の部門(HBO Wiki)で、かつ(HBO)"Enterprises"が"HBO Original Programming"の後身(参考)のようなので、うーんどうなんでしょうね、どういう分業なのか。バイオレントな『OZ』(Original Programming→Enterprises)と女性向けの『セックス・アンド・ザ・シティ』(Entertainment)ということで、そういう作風的な分業なのだとすれば分かり易いですが。まだよく分からない。


チャームド 魔女3姉妹[CHARMED](1998)

Production company
Spelling Television ・・・(ツイン・ピークス、ビバリーヒルズ高校白書(後半))

Original network
The WB


"Spelling Television"は『ビバリーヒルズ高校白書』のメインのプロデューサーの一人であったAaron Spellingの会社。『ツイン・ピークス』にも関与はしていますがメインではなくワン・オブ・ゼムという形。(参考)
基本は女性向けドラマを得意としていて、『チャームド』はそういう意味では王道。



HBO
97年 OZ オズ
98年 セックス・アンド・ザ・シティ


The WB(Television Network)
97年 バフィー 恋する十字架(前半)
98年 チャームド 魔女3姉妹



Posted on 2022/05/19 Thu. 18:21 [edit]

category: 海外ドラマの制作会社・放送局(アメリカ編)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示