死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

『BONES』(シーズン10終了) (2005~)  




"骨は語る"は要らない。(笑)
ちなみに『HOUSE』も、"Dr."が付いてない頃の方が良かった。(笑)

アメリカではシーズン11も既にやっているらしいですが、明らかに10で内容的にひと区切りついているので、レビューしてしまいます。
大好きだった長尺シリーズが"終わった"という感慨のままに、書いてしまいたいというか。


『BONES』(FOX) (Wiki)

内容

人付き合いが苦手な超理論派、法人類学者のブレナンと、直感的で体育会系のFBI捜査官ブース。全く異なるタイプの2人が現場に残った被害者の“骨”から証拠を見つけ、事件を解決へと導く人気シリーズ! (公式)


レビュー

・"大好き"と冒頭に言いましたが、細かく言うとそれは、終盤の数シーズンに対しての気持ちで。
・一方で実は、最初の2,3シーズンはいつ視聴を止めてもおかしくない程度の存在で、"法人類学"の勉強になるという特典(?)が無ければ多分見続けていなかった、評価としては"B"「まあ好き」を通り越して"C"「普通」くらいで落ち着いてもおかしくない程度。
・滅多に無いことですがこういう場合どうすべきか、基本的には良し悪し含めて初期の出来を優先すべきだろうと思います。
・つまり逆のケース、「最初は面白かったけどその内ネタ切れやマンネリや新機軸の失敗でどんどんつまんなくなった」というパターンはそれはもう、腐る程あるわけで(笑)、その場合には最初の面白かった頃を、"歴史"には残すべきだろうと。歴史的"意義"というか。
・逆にだから最初の世に出た頃につまらなく感じた作品も、それはそれで"公平"に、「つまらない」ものとして歴史に残すべきかなと。
・あと"原則"以外の要素としては、どのように「世に出た」か、つまり拙いままクオリティが低いまま人気が出てそれでドラマシーンに影響を与えたのか、それともクオリティが低い頃は地味だったけど、その向上と共にある意味妥当に人気が出たか、そういうタイミングでも、評価の仕方としては変わって来るかなと。
・つまり後者なら、クオリティが上がった時を本格的な"デビュー"として、評価もその時期を基準にやってもいいかも。
・逆に前者なら、いくら後々人気に合わせて予算やスタッフが増強されてクオリティが上がっても、それは作品の本質にとっては後付けであるので、余り重視しない。
・例えば『24』とかがそうですね。
・最初(地上波深夜でやってた頃)は2chの実況スレで毎度大爆笑大会突っ込み大会が開催されるズッコケドラマだったのに(笑)、ある時期からとんどんクオリティが上がって最近はすっかり僕も"真面目"に(笑)見ています。
・もう「老舗」の貫禄すら感じさせる。
・ただ"ブーム"を起こしたのは最初の"お笑い"の頃だったので、歴史上の評価としては、あんまり高くつけられない。
・まあどうでもいいっちゃどうでもいいんですけど(笑)、ただ何せアメリカのは長く続くのが多いので、どこらへんを基準に取ってるのかとかは、やっぱり言っておいた方がいいかなと。10年たてば、別の作品になってもおかしくないですからね。(笑)
・...で、『BONES』の場合どうかというと、ブームという程ではないけど初期の頃から安定して人気はあったように思うので、基本的には初期を基準に、ただ後期が余りにも面白いので、ややおまけしての「A:好き」評価。本来はBあたりかな、上の基準だと。

・具体的に何が不満だったかですが、簡単に言うと、ありきたりということですね。
・話も、人も。
・科学捜査もののテンプレという以上のものは感じなかった。
・特に問題だった、問題にしたいのは、他ならぬヒロイン"テンペランス・ブレナン"の造型・描写で、彼女の法人類学者としての才能技量と共に、その理性・合理・実証一辺倒の極端な性格が、話を、人間関係を動かし、ある意味のテーマでもあったわけですが。
・その描写がどうも、いただけなかった。
・彼女のそうした特性が「科学」に殉じたゆえの必然的なものや潔さというよりも、単なる"欠点"あるいは欠点を覆い隠す為の虚勢としてしか描写し切れていなかったし、従ってそれを諭すブースを筆頭とする周囲の人たちも、それに"対決"するというよりも常識の立場から陳腐な忠告をしているだけに見えて、「葛藤」のレベルが凄く低次元というか、お約束というか、落としどころが最初から決まっているような緊張感の無さが目立っていました。
・実はその欠点は僕が内容を"素晴らしい"と評価している最近の作品でも根本的には変わっていないので、つまりは元々の、恐らくは原案者なりメインスタッフなりの、洞察そのものの限界なんだろうと思います。
・僕が例えば何と比較してこういうことを言っているかというと、代表は何と言っても、『スタートレック』シリーズですね。
・つまり『宇宙大作戦』の"ミスタースポック"、『新スタートレック』の"データ"、『DS9』の"オドー"、そして『ヴォイジャー』の"セブン・オブ・ナイン"と、シリーズには歴代それぞれの理由で「理性」一辺倒タイプのキャラが出て来て他の人間の"感情"や"不合理"と葛藤を巻き起こすわけですが、それらのキャラたちの"必然性"やそこから生まれる「人間とは」「感情とは」という問いや疑念の"本気"度に比べると、BONESのテンペランスをめぐるそれは正直子供騙しだと思います。
・勿論彼らとテンペランスの"条件"は対等ではなくて、そこはSFでミスタースポックは宇宙人だし、データはアンドロイドだし、オドーはそもそも個性を持たない流体生物であるし、セブン・オブ・ナインは人間ですがしかし機械生命体(ボーグ)に育てられた一種の"狼少女"であるという、決定的な特異性を持っているわけです。
・つまり彼らの「合理」は、"性格"というより"存在"そのものなわけで、テンペランスのたかだか"偏り"とは次元が違うわけですね。どう強がっても、普通の地球人である(笑)テンピーに感情が無いわけがないので。どうしてもただの"欠点"や"虚勢"に見えがち。
・...ではあるんですけど、一方で『スタートレック』を"書いて"るのは、「地球人」なわけですよね。(笑)
・そういう意味では、テーマが同じならば、同じ土俵でその描写の深い浅いを比べる必然性も存在する。
・一つ直接的に比べるならばヴォイジャーの"セブン・オブ・ナイン"、彼女の場合は要は特殊な育ちをしただけの地球人であるわけで、そういう意味では複雑な親子関係と科学への忠誠心で特殊な"性格"形成をしたテンペランスと、同ケースと言えば同ケース、そういう観点で比較すると・・・という。
・あるいは「極度に理性的な女」とそれを改めさせようとする「感情的な男」コンビとしては、『こちらブルームーン探偵社』というものもあります。



・あの作品で見られる二人の火の出るようなと同時に寒気がするようなコンフリクトの凄味や、マデリンの拒絶に時に絶望に駆られながらも食い下がるデビッドの男の哀愁・色気、そうしたものと比べてしまうと、申し訳ないけどテンピーとブースのそれはままごとにしか見えません。

・では逆にどこがいいのかという、話になりそうですが。(笑)
・恐らく貢献大なのは、"ブース"デヴィッド・ボレアナズの人柄の良さだろうなと。
・何を言ってるんだという感じかも知れませんが(笑)、途中から(確か)プロデューサーにも名を連ねるようになった彼の本気の人柄の良さ、"アメリカの理想の男"ぶりが作品全体に浸透して、多少の「陳腐」なりにしかしそういうものとして作品が安定して来た、命が吹き込まれた。
・人形にがというか。
・まあ『大草原の小さな家』的なところはあると思います。あるいはひょっとすると、「金八先生」的な。(笑)
・一般論としてはともかく、作品内では十二分な魅力や説得力を、彼のパーソナリティが発揮し出した。
・そこにおいては僕が問題としたような"葛藤"の本格度などは中心的な問題ではなくなり、むしろ彼の"愛"に包まれる幸福、葛藤の"回避"の方が主動力になって行ったというか。
・テンペランスは"娘"になったというか。(笑)
・そう言えば彼女の超ユニークな親父さんが"活躍"し出してから、本格的に面白くなって行った記憶もありますが、結局一種のファザコンドラマだと、そういう分析もやろうとすれば出来そう。(笑)
・まあ実際、何か関係あるだろうとは思いますよ。(追求しませんけど)
・とにかく中心であった葛藤がある種"風景"化し、また徐々に脇役が充実して来ることによって、ある種桃源郷というか遊園地/ワンダーランド的な方向に、作品が変化進化して行ったという、そういう印象。
・実際"ジェファソニアン"は、遊園地ですしね(笑)。大人の。あるいは科学者の。
・そうして安定して行った「世界」において・・・これは具体的なことは僕は分からないんですが、エピソード・シナリオの質がある時期から物凄く上がって来た。
・なんか今週は神回だったなと思った翌週がまた神回で、おやおやと思っていたらその内ほとんどが"神回"レベルになって行ってしまいにそれで安定してしまったという、そういう記憶があります。
・最後の3,4シーズンはほんと凄かった。
・こういうの一番説明しずらいんですけどね(笑)。構造的に目に見えて何が変わったわけでもないので。
・それまでやってた同じことを、数段高いレベルでやり出したというだけの話なので。
・音楽において「最後は曲だよな」というのと同じように、「最後はシナリオだよな」という、そういう話。
・何ら"画期的"なところはないのにクオリティだけ"超絶的"という作品になっていました。
・まあ多分、デヴィッド・ボレアナズ自身が慧眼なんだろうとは思います。
・自分自身に特別特殊な才能は無くても、特別なものいい悪いを見分ける目は持っている。
・それを自分の"一座"で、思う存分やらせたと、そういう「幸福」な作品。
・正に"プロデューサー"というか。
・役はマッチョでしたけど、相当頭は良さそうというか。

・まあでもほんと、色んな要素が、突き抜けはしないけれど定期的に鋭さも見せながらしかし円満に、高いレベルで安定して表現されていた作品で、繰り返しますが"才能"の使い方の上手い人なんだろうなと。
・"丸く収めている"限界はありましたけど、これだけクオリティが高ければ文句は無いです。
・毎週子供のように楽しみでした。(笑)
・そういう意味で、プロの作品ですね。
・冷静になってみると、どこが凄いとかはなかなか言えないんですけど。
・スタートレックなら言えても(笑)。あるいはブルームーン探偵社なら。
・ひと区切りついた後のシーズン11が、おかしなことになってないよう、祈ります。


他の人の感想

今回は無し。
2005年開始の作品ですし、既にあえて言うことも無いメジャーな作品のせいか、ググってもニュース系しか出て来ませんでした。
探せばどこかにはいるでしょうけど、本文でも書いたようにあんまり批評的にどうというタイプでもないので、まあいいかという。(笑)


スポンサーサイト



Posted on 2016/03/27 Sun. 16:04 [edit]

category: 1900年代-2009年のドラマ(アメリカ)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

『ARROW/アロー』(2012)  

この『ARROW』の製作スタッフが関わったという触れ込みの、『スーパーガール』が良過ぎて衝撃!(笑)
日本で言えば、『あまちゃん』的な可愛さ楽しさ。

・・・まあどのスタッフがどう関わったのかは、確認してないんですが。(笑)
とりあえずありがとう、君たちはやると思ってたよ!





『ARROW/アロー』(AXN) (Wiki)

内容

船の遭難事故で死んだと思われた億万長者のプレイボーイ、オリバー・クイーンが、奇跡の生還を果たす!
しかし、流れ着いた絶海の孤島で過ごした5年の歳月は、その男のすべてを変えていた…。
亡き父と交わした約束を果たすため、スターリング・シティを破滅に追い込む権力者から街を守るため、人知れずヒーローとして生きることを決意したオリバー。“お騒がせセレブ”という仮面で周囲をごまかしながら、緑のフードと弓矢を手にした孤高のヒーローとして、一人、また一人と、父が遺したリストの人物に制裁を加えていく!
(公式)


レビュー

・ドラマとしては、かなり良く出来ている作品だと思います。
・ただいかんせん内容に興味が持てなかったので、視聴自体は1stシーズンで終了。
・放送そのものは、その後も3rdシーズンまでやってるようですね。
「またこのメンバーでやりたいですね!」という、日本のバラエティ番組の打ち上げの決まり文句が実現したのが、『スーパーガール』?(笑)
・随所に言われてみればという、共通性は感じられます。
・例えばアメコミ的"スーパーヒーロー"を、現代の視聴に耐え得るようにリアリティを出しつつ、しかしファンタジーの楽しさは失わないようにするバランス感覚とか。
・似たようなことですが、敵も強くて結構主人公も苦戦する、早々に一筋縄ではいかない感じにはなるんだけど、でも必要以上に暗くならない感じとか。
・リアルでハードにはしても、"偶像破壊"にはしないというか。
・...スーパーガールで、「苦しい時も希望を失わないのがヒーローの資格だ」的なせりふがありましたが、その精神でしょうか。(笑)
・ヒーローはあくまでヒーロー。
・製作スタッフに、"ヒーロー愛"があるというか。(笑)
・またはアメコミ愛。
・後はあれですね、ARROWに出て来る天才コンピューターオタクっ娘(フェリシティ・スモーク)

Felicity_Smoak

の感じは、スーパーガールのカーラ(変身前)

カーラ メガネ

にも受け継がれてるかなという。
メガネっ娘愛というか。(笑)

・それに限らず、『ARROW』には日米の壁を越えて、共通したサブカル的感受性というものが感じられて。
・単にディテールの趣味ということではなくて、一つ一つの物事の見方感じ方自体が。
個人主義的で、小さいものを愛して、少し暗いけど知的で、大げさではないけど真実と正義を愛してという。
・サブカル精神。(笑)
・"カウンター"かも知れないけど。
・アメコミ原作という、作品の来歴自体は知らないで見始めたんですが、すぐにピンと来ました。
・まあだいたい主武器が"弓矢"というのが、いきなりは出て来ない発想ですからね。(笑)
・何かはっきりした元ネタがあるんだろうと、気付きますが。
・それが"原始人都会に来る"的な感じではなくて、変にリアルに実利的に使われてるのが面白い。
・とにかく色々とよく出来た、むしろ"洗練された"作品だと思います。
・"町の悪者退治"という内容や、主人公のイケメンアピールとかに興味が持てれば、僕も見続けたんですけど。
・残念ながらそうではなかったので(笑)、よく出来た作品であることを"確認"しただけで、終わってしまいました。
・スーパーガールはほら、やっぱり可愛いから。(笑)
・既に結構痛めつけられてるけど、あんまり鬱展開とかしないで欲しいなあ。


他の人の感想

「ARROW(アロー)」シーズン1 感想と評価【海外ドラマ】(ごきげんプラス!映画や海外ドラマを楽しむブログ さん)
ドラマ「ARROW(アロー)」シーズン1のネタバレ感想(もりべや さん)
【海外ドラマ】ARROW / アロー 【シーズン1】見た。(『A Little his REDEMPTION.』映画おたくの映画感想倉庫 さん)

みなさんだいたい似たような感じの、やや距離を取りつつの高評価。
まあそんなむきになって賛否を問うタイプの作品でもないのでね。(笑)
よく出来ている、少し暗いけどリアル、イケメン揃い、等々。
二番目の方の書いている、「原作があるためか、構成がしっかりしてい」るというのは、非常に僕も見てる時に感じました。
"怒涛の展開"でも、なんか余裕があるんですよね。きっちり折り畳んである奥行き感というか。安心感。
『ヒーローズ』みたいな変な"必死"さが無くて良いというか。


Posted on 2016/03/17 Thu. 18:26 [edit]

category: 2010-2014年のドラマ(アメリカ)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

『ラスト・リゾート 孤高の戦艦』(2012)  

lsat resort


『ラスト・リゾート 孤高の戦艦』(スーパードラマTV) (allcinema)

内容

何者かの陰謀によって祖国に宣戦布告することになってしまった潜水艦“USSコロラド”は、海底から浮上し、インド洋に浮かぶ美しい島に上陸。搭載した核ミサイルを守りながら、姿の見えない敵に立ち向かっていく。物語は、“USSコロラド”の乗組員たちと、アメリカ本土に残るその家族をも巻き込み、やがて政府、第3の勢力の思惑が絡み合う壮大な陰謀が浮かびあがる・・・。 (公式より)


レビュー

・予想外の傑作。
想定外というか。完全に意表を突かれた。(笑)
・マッチョなミリタリーアクションに、アメリカ人のとんちんかんな"南国"趣味を抱き合わせた悪趣味の極致みたいな作品だろうと、すぐ切る予定で渋々見始めたんですが。
・むしろ滅多に無いくらい知的というか、趣味の良い作品でした。
・この前紹介した『CRISIS』には、少し及ばないけど似たような感触も感じさせる作品というか。
報われない努力というか(笑)。(当然の如く、1stシーズンで終了)
・そうね・・・悪趣味でないことはないんですよね。むしろその"悪条件"下でも発揮された、それを覆す知的抑制に感服させられる作品というか。
・そんな複雑な努力は、当然の如く・・・(以下略)
・悲しいですね。予定調和ですけど。(笑)

・設定としては、要は『沈黙の艦隊』(漫画)+『LOST』(ドラマ)みたいな作品で、基本的にはこういう陳腐な比喩そのままの企画として、作られているんだと思います。
・そう"見える"だけじゃなくて。
・だから僕も、見る気にならなかったわけですが。(笑)
・核ミサイルを搭載した原子力潜水艦への、軍事オタク的興味を多分に先行させた"もしも"のポリティカル・サスペンス(『沈黙の艦隊』)であり、同時に恐らくはアメリカ人にとっての"魔境""極限状況""架空世界"である南国の小島を舞台にした、ドロドロの人間ドラマ(『LOST』)でもあるという。
・この二つの交わり自体は、それほど密なものではなかったと思います。単なる"舞台"というか。
・まあ寒い所だと、生存(自給自足)の問題が難し過ぎるので、南国になるのかも知れないというか。
・後半出て来た島産出の"レアアース"という要素がもっと膨らめば、舞台設定にそれ以上の意味が出て来たのかも知れません。
・それが"2ndシーズン"以降の構想だった?(笑)
・それにしてもせっかくの南国なのに、現地女性とかほぼ出て来ないので、"リゾート"感はゼロでしたね。(笑)
・一番の"きれいどころ"であるフランス人女性

lastresort2

が勤務する、「島に設置されたNATOの出張観測所」みたいな設定は面白かったですけど。
・もっとコマーシャルなものとして立てられた企画に実作スタッフが抵抗した結果なのか、それとも"last resort"というタイトルは最初から、一種の皮肉、反語なのか。
「二年間の休暇」(十五少年漂流記)みたいなもので。


とんだ"休暇"である、"リゾート"である、という感じで。
・まあそこらへんも含めて、やや駆け足で色んな要素が一気に1シーズンで詰め込まれた感はありますが。
・かえって良かった可能性も。
打ち切り上等というか。(笑)
・ただし「アメリカの"正義"を問う」為には、やはりもっと長く、それこそ漫画『沈黙の艦隊』ばりに続けて行かないと、なかなか描き切るのは難しいだろうと思いますが。
・そこまではいいかなあという。ほんとに"USSコロラド国"が永続してしまったりすると、やはり「アメリカ」的に厳しいだろうなという。
・"緊急避難"だから許される、"反逆"なのであって。
・「イスラム国」を支持してるとか言われても困るだろうし。(笑)

・まあ最後テーマはぼけたかなあという感はありますが。
・本土での(呼応した)クーデターも失敗して、さりとて乗務員のほとんども救われて、特に誰も裁かれずに終わったというか。
・"艦長の生き様"の問題に収束してしまったというか。(笑)
・一応生き残った乗務員の口から、"反逆"に至った「政府の犯罪」については、暴かれたということなのかな?
・ただ見てる時は、そんなにそういうことは気にならなかったですね。
・個々の"サスペンス"の見事さと、本国の分も含めた多種多様な人物像のそれぞれの"正義"や"立場"の描き方の精妙さに見とれていたというか。
・多分ですけど、"描き切れない"ということはある程度スタッフも予想していて(笑)、最低限こういうディテールが描ければいい、そこに腕を振るえればいいと、そう割り切ってるところはあったんじゃないかなという。
・打ち切りで慌てて風呂敷を畳んだにしては、意外と整然とした終わりだったと思いますし。
・予定の行動というか。
・"最初から潜入していたCIAのスパイ"とか、"核ミサイルの発射キーの盗難"とか、"中国の介入"とか、気が付くと随分"大物"の設定がさくさくと(笑)消化されてましたけど。
・ま、いいかと流せる、手際の良さという。
・...うーん、どうなんですかね。やはりどちらかというと、映画向きの設定なのか。でも映画だともっと、悪趣味満開になりそうだし。(笑)
・一番向いてるのはやっぱり・・・日本のアニメ?(笑)
・結局沈黙の艦隊かよという。(笑)
・まあ面白かったですね。作品全体としては"不全"感はあるけど、逆にまあよくこれだけのものを捌くよなという。
・ある意味"腕ずく"で傑作にした感じ。
・その"腕"を僕は愛するというか。

・艦長はかっこいいけど、副長がちょっと間抜けだったのが残念かなあ。
・本国でつるし上げ食ってた奥さんの方が、よっぽどかっこよかった。
・"奥行き"を感じさせたのが、物資供給の援助を申し出て来た中国大使の描き方で。
・最終的には当然の如く(笑)裏切るわけですけど、言うことがいちいち説得的で理があって、"悪魔の囁き"を聴いてしまう艦長の行動に不自然さが感じられなかったという。
・副長に裏切りをそそのかす、島への強襲部隊の生き残りの捕虜も、かなり魅力的でした。
・ほんとに"それぞれ"の立場の人に、力があるんですよね。
・それが取っ散らかっても見えるというか、ドラマの企画の"分"を、そもそも越えてるところもあるかも知れないという気はしますが。
・くだんのフランス人さんの生っ白い肌は、南国の景色にそぐわない分、変に魅惑的で。
・それを狙う島のボス等から、よく最後まで貞操守れたよなという。(笑)
・まあそれは、2nd以降のお楽しみだったのかも知れません。(笑)


他の人の感想

『スパドラの新作【ラストリゾート孤高の戦艦】#1〜お試ししましたレビュー』(セントラルパークで待ち合わせ さん)
「『ラスト・リゾート 孤高の戦艦(全13話)』を観ました。」(半熟オヤジの基地 さん)
『【最終回】ラスト・リゾート 孤高の戦艦【陰謀の黒幕】』(海外ドラマチカS2 さん)

「期待しないで見たけど変に面白かった」
「面白かったけどスケールが大きいのか小さいのかよく分からなかった」
「要素がごちゃごちゃして難儀」

どれもまあ、おっしゃりたいことは分かります。(笑)
最後の人のような感想が、"打ち切り"の要因なんでしょうか、やっぱり。


Posted on 2016/03/05 Sat. 15:28 [edit]

category: 2010-2014年のドラマ(アメリカ)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示