死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

『ミッシング』(2012)  




あえて文句言うのもおかしな話なんだけど、なんでこんなどうでもいいというか、歴史にも記憶にも特に残らなそうな作品に限って、きっちりDVD化されてるのかなという。日本版の、しかもBOXだ。
そこらへんの基準がよく分からない。たまたま担当した会社の問題なのか。結構ランダムに運命が左右されてる気がするんですが。(笑)
まあいいですけど。

特に"駄作"というわけではありません。一定の基準は十分に満たしていると思います。
ただ何というか、"傑作""名作"の臭いもまた一向にしない(笑)、そういう程々な作品という感じ。
賛否が分かれなそうというか。


『ミッシング』(スーパー!ドラマTV) (allcinema)

内容

CIA工作員だった夫ポールを10年前に殺害された元凄腕スパイのベッカは、留学先のローマで失踪した息子マイケルの背後に犯罪の影を察知し、かつて培った特殊スキルを駆使して愛する我が子の救出に乗り出す。 (映画.com)
ロケは、プラハ、ドゥブロブニク、ローマ、パリ、ウィーン、イスタンブールなど、ヨーロッパ各地の名所で行われ、その景観だけでもウットリしてしまう程。CIA、インターポールをはじめ、西ヨーロッパ全土の治安維持組織を巻き込んだサスペンスは美しい街並みと、謎が謎を呼ぶ脚本が大きな魅力だ。 (スパドラ公式)



レビュー

企画(設定のユニークさやテーマの斬新さ) ☆☆★★★

狙いとしては、一つは上にも書いてあるような"国際スパイサスペンス"のゴージャス感、スペクタクル感、それから主人公が女スパイであることによる華麗さや健気さ、それとも関連して"国際的謀略"と"いち母親としての息子を思う気持ち"のコントラスト、まあここらへんなんだろうと思います。
それらは意図としては伝わって来る、ちゃんと映像として説明はされているんですけど、だからどうしたというかどれもどこかで見たような感じというか、実際にこちらの"興奮"にはなかなか繋がらないんですよね。
きっちりはしてる、でもそれだけという。
製作総指揮に主演の女優さんが関わっているらしいですが、それによる"手前味噌"感というか"自己完結"感というか、そういう思い入れが強過ぎて内向きになったみたいな、そういう部分もあったのかなあと想像しますが。真面目に作り過ぎたというか。
実は結構な「力作」な気もするんですけど、実際に"力"感は無いという。(笑)

ストーリー(展開の面白さ、または内容の意味深さ) ☆☆☆★★

スパイ・アクションらしく、裏切りまた裏切りの怒涛の展開で、よく出来ている言えばよく出来ています。
ただ全部ひっくるめて、どうも"どこかで見たような"感じはやっぱりしますね。
"裏切り"そのものが、一つ一つ見え透いているわけでは決してないんですけど、ただ裏切られ意表を突かれつつも、しかしああそういうパターンかで結局納得して終わる感じ。
逆に『24』って凄いんだなと、改めて思ったりしますね(笑)。何だかんだ、毎回驚くもんなあ。

人物(キャラクターの魅力、あるいは心理描写の妙) ☆☆☆☆★

実はこの部分はなかなかのもの。よくよく見ると。
ヒロインはまあ普通ですが、ヒロインの元夫でミステリーの鍵になる"事故死した"夫は、演じているショーン・ビーン自身の魅力も相まって、なかなかセクシーで悲劇的で魅力的。ヒロインに協力したりそう見せかけて裏切ったりするスパイ仲間たちの、それぞれの"事情"も上手く描かれていて、説得力があります。
そして何といっても、誘拐されてしまう、息子がいいですね。被害者としてビービー言ってるだけではなくて、頭の良さと勇敢さで自らなかなか見事に脱出の努力をする。逆に助けてあげたいなという気に素直にさせるというか。
・・・まあ何か、この賢く勇敢でかつ思いやり深い"息子"というのは、「母親から見た理想の息子」という感じで、そこらへんに一つ、主演女優さんのこの作品の大きな企画意図があるんだろうなと、想像はされます。
それゆえの熱の入った人物描写で、そこらへんについては決して月並みな作品とは言えない

演出(テンポの心地良さや雰囲気に引き込む力) ☆☆☆★★

別にどこが悪いわけでもないんですけどね。
何でしょうね、なんか軽量級。"傑作"感"力作"感が足りない。
ここが違ったら、全体の印象もかなり変わったかも。
多分全ての要素を、きっちり均等に配置・描写し過ぎてるのかなと、そういう感じがします。
製作者の"熱意"が、監督に上手く伝わっていなかったというか、単なる"業界仕事"で済まされてしまったというか。
まあ想像ですけど。(笑)


他の人の感想

『ミッシング』 Missing (2012) (居ながらシネマ さん)

「それほどひどい出来とは思えず」「「力作」という言い方があっているかもしれません」。
ほぼ僕と同じようなニュアンスの評価ではないかと。(笑)

ミッシング (chat*chat CAFE さん)

こちらもまあ、"意外ときっちり出来てるよね"という感想。

ドラマ 「ミッシング 〈MISSING〉」 (@迪的日常 さん)

女優さんそんなスターなんだ。そこら辺のニュアンスが分からないと、この作品で"男たち"がヒロインに寄せる「親切」の背景というか説得力が、微妙になるかも。(笑)


まあ、これくらいです。


スポンサーサイト



Posted on 2016/05/26 Thu. 19:20 [edit]

category: 2010-2014年のドラマ(アメリカ)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

『大草原』&『スーパーガール』 その2 ・・・&水谷優子さん  

カテゴリー「今見てるドラマ」を新設しました。
まあ"日記"的なあれですね。(笑)
"レビューブログ"であることは、堅持したいですが。(笑)


FOXクラシックで快調に帯放送中の『大草原の小さな家』シーズン1。
色々と発見はありますが、思いの外だったのは、中心スターであるローラだけではなく、地味な印象だったお姉さんのメアリーも、そっちはそっちで十分に魅力的であること。
Melissa Sue 1
最初は単にやんちゃなローラに対する常識家の長女タイプにしか見えてなかったんですが、よく見るとお姉ちゃんの真面目さは、"頭が固い"というよりもむしろ"直球"で"天然"な感じのそれで、ドラマではありますが(笑)なるほどこれは、同じDNAの、ローラとはまた違う形の表れなんだなと、変な納得感があります。
優等生ではあるんですが、折々の感情的反応とかは存外素直で、可愛らしい。
Melissa Sue 2Melissa Sue 3
ローラは勿論光り輝いてはいるんですが、女としてはお姉ちゃんの方を取るかな・・・てまあ、シーズン1の段階だと、どっちも"ロリコン"年齢にはなってしまうんですけど。(笑)

でもお姉ちゃんはいいと思うな、うん。
単に僕の好みの問題(笑)ではなくて、作品としてもちゃんと公平になってるというか、単にローラの引き立て役ではないというか。"脇として光る"とかではなくて、お姉ちゃんはお姉ちゃんでちゃんと「中心」でもある感じで、意外でした。
原作者は"ローラ"なのにねという。
これが原作由来のものなのか、それともドラマ化にあたっての創意なのかですが・・・。
もう一人、同じく"真面目"タイプのお母さんの方も、パイロット版では割りとつんけんした感じだったのが徐々に魅力を増して来ているので、どちらかというとドラマスタッフの意向なのではなのかなというのが、僕の予想。

とにかく、"お姉ちゃん"はお姉ちゃんでも、まる子のお姉ちゃん
marukoane1marukoane2

よりはだいぶ扱いがいい感じ(笑)。あっちは本当に、"まる子の世界"における脇役というか、場合によっては敵(かたき)役ですからね。性格バランス的には似てても。

女優さんはメリッサ・スー・アンダーソン Melissa Sue Anderson さん。(Wiki)
・・・そう言えば、こっちも"メリッサ"なんですね。

Melissa Sue 4

・・・ああ、お姉ちゃん、そんなあ
勿論別の作品です。(笑)


今週の『スーパーガール』#12では、彼女のDNAを地球人に注入した偽物が出現。
グロいカーラは見たくないのと、メリッサ・ブノワちゃんが実際のところまだ"演技力がある"わけではないので、演じ分けとかやってると少し笑ってしまうので参ったなと思ってましたが、すぐ消えてくれたのでほっとしました。

こちらもあれですね、最初何だかなあと思っていたキャリスタの"キャット"
cat grant

が段々魅力が出て来て、いい感じになって来ましたね。
むしろもう、"スーパーガール"だということをカミングアウトしちゃえよという感じですが。
騙してるの可哀想だよ。


・・・とか言ってたらまる子のお姉ちゃんが。

「ちびまる子ちゃん」のお姉ちゃん役、声優の水谷優子さん死去 51歳

変な偶然(?)でした。
ご冥福をお祈りします。
"海外ドラマ"的には、何と言っても『バフィー ~恋する十字架~』の"バフィー"役の人ですね。


Posted on 2016/05/19 Thu. 18:37 [edit]

category: 最近見た海外ドラマ

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

管理日記('16.5.14) ~アンテナ、スーパーガール、大草原の小さな家  


「他の人の感想」として、気が付くと結構な数の紹介リンクを貼っていたので("トラックバック"という習慣が廃れて寂しい。元凶は多分アメブロ)、まとめてアンテナ化させていただきました。
不都合のある方はご一報を。

・・・ちょっと見づらいですけどね。テンプレート変えようかな。でも結構気に入ってるんだよな、これ。
カテゴリーも一部変えました。基本新しい順にレビューを積み上げて来ましたが、そろそろ古いのもやってみようかなと思っています。新作古典と、交互くらいがちょうどいいかなあとか。


最近のお気に入りは、何と言ってもAXNの『スーパーガール』と、FOXクラシックの『大草原の小さな家』です。

メリッサ・ブノワ(スーパーガール・カーラ)

カーラ

メリッサ・ギルバート(大草原・ローラ)

ローラ

、新旧二大メリッサ夢の競演というか。(笑)

二人ともそれぞれ天才ですね。


何でもありの本館(みどりのろうごくblog)に対して、こちらは基本リビドー抑え目に書いて行くつもりだったんですが、余りにも血が通ってない気もするので今後はこういう感じのフリーエントリーも、入れて行こうかなあとかやめようかなあとか、色々思ってます。(笑)

まだまだ、試行錯誤中です。


Posted on 2016/05/14 Sat. 16:49 [edit]

category: 最近見た海外ドラマ

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

『ザ・ファインダー 千里眼を持つ男』(2012)  

THE FINDER1
THE FINDER2


『ザ・ファインダー 千里眼を持つ男』(FOX) (映画.com)

内容

米FOXの人気ドラマ「BONES」のスピンオフ。小説『The Locator』シリーズを基に、誰にも見つけられない探しモノを確実に見つけ当てる千里眼を持った、"ファインダー"として生活する主人公ウォルターの活躍を描く。ジェフ・スタルツが主演。 (公式&映画.com)



レビュー

少し、"項目"の中身を具体的にしてみました。(カッコ内)

企画(設定のユニークさやテーマの斬新さ) ☆☆☆☆★

"ドラマ"の企画としては多分、よくある異能主人公もの、同じFOXで言えば『リスナー 心を読む青い瞳』的なイメージで、割りと安易に作られたような気もします。邦題の付け方も含めて。(笑)
また"人気ドラマ「BONES」のスピンオフ"という位置づけも、これもまあ、安易と言えば安易。
ただ一方で原作小説は原作小説として別にあるようですし、"スピンオフ"としても割りと取ったつけたようというかBONESそのものとの関係性も薄い感じなので、恐らくは原作に惚れ込んだBONESの製作者が、スピンオフにかこつけてそれなりの思いを込めてドラマ化を実現した、そっちが本筋というか本意なのではないかなと。
だからどちら基準で評価するのかが、少し難しい。本来はあくまで"ドラマ"としてのみ評価するのが公平とは思うんですが、後で書くように"ドラマ"としてのこの作品の良さ自体が、"小説"的なところにある気がしますし。
で、そもそもの「ファインダー」という設定そのものに目を移すと、異能は異能なんですがずばり"超能力"なのかというとそういう感じでもなくて、特異な直観力には基づきつつも、"易"(えき)的というか想像力をツールを使って外部化したような独特のシステマティックな面もあるし、勿論過去の脳損傷による影響というか僥倖というか、そういうものも関係しているよう。ドラマ内でそれは最後まで"明らか"になってはいなかったと思うんですが、そこらへんの謎めいたところも含めて僕にはとても魅力的で触発的に感じられたので、そこを評価して星4つ☆☆☆☆としました。
まあ最後は要するに好き嫌いになりましたが。(笑)

ストーリー(展開の面白さ、または内容の意味深さ) ☆☆☆★★

良くも悪くも小説的、なのかな?
シリーズを通して追求する大きな謎や強大な敵がいるわけではない。
でも一話完結で各エピソードのキャッチーさ、コンパクトなクオリティで勝負するタイプでもない。
たいていの場合どちらかをギリギリの洗練度で競っているアメドラの世界の中では、やや牧歌的な感じはしますが、かと言ってイギリスドラマ的な、雰囲気重視の若干スローな"世界観"ものでもない。あくまで"アメリカ"の範疇ではある。
何とも分類不能というか、位置づけが難しいというか(笑)。最初からTVドラマとして作られる作品ではこういうことはまず起こり難くて、いかにも小説ベースの作品ではあると思います。
ただじゃあメリハリが無くてダルかったかというと全然そんなことは無かったし、毎回普通に楽しかった。・・・むしろ"ギリギリの洗練"を目指していない気楽さというか風通しの良さみたいなものもあって、凄くリラックスして楽しめた時間でした。
ただ生き馬の目を抜くアメドラの世界の中に埋もれるとやはり少しアピールが弱いところはあって、それが人気が盛り上がり切らなかった理由では間違いなくあるだろうと思うので、"評価"としてはこうしました。

人物(キャラクターの魅力、あるいは心理描写の妙) ☆☆☆☆★

(BONESの"スピンオフ"としての)初出時、BONESの面々とFINDER一派(笑)との絡みは面白かった。
特に時間は短かったですが、ブレナン博士とウォルターの"対決"は凄い緊張感でした。普段優しい仲間に囲まれて少なからず凡人化しているブレナン博士の"奇人"ぶりが、久々に全開になったというか本領を発揮したというか。(笑)
それに一歩も引かないウォルターとブレナンの関係は、『BONES』でのブレナンと周囲の関係が要するに"理性と感情"でしかないのに対して、こちらは"違う種類の「知性」の対決"という感じで、"構図"に還元されない分、情報量が凄く多くてどきどきしました。ブレナンとウォルターも、"好敵手"との対決で何か嬉しそうに見えましたけどね。(笑)
まあBONESの知性・理性の描き方が少なからず陳腐だという話は『BONES』のところでも言いましたが、それを再認識させたと言えばそう。「人物描写」のレベルとしては、こちらの方が2ランクくらい上だと思いますけど、それもまあ小説が原作ゆえだと言えばそうなのかも知れません。その分複雑で、多少分かり難くもあるのかも知れません。(ドラマとしては)
ウォルターの「知性」の複雑さについては上の"設定"のところで概ね説明しましたが、他のキャラクターも良かったです。特に良かったのはウォルターが"拾っ"たロマ族出身の不良少女ウィラ・マンデイで、ろくでもない環境に育ったゆえに素行不良ですが、本質的には物凄く頭のいいコで、それがウォルターに導かれて更生・・・しかけるんだけどでもどうしても"ロマ"の出自に逆らえない、その感じがリアルというか不思議というか。
ロマが単なる犯罪組織、"悪の集団"ではないだけにね。何を恐れているのか何にこだわっているのか。それにウォルターはどう対決するのか。
元恋人の女刑事とのつかず離れずな関係も、そこは割りとアメドラでも定番的ではありますが(笑)、良かったです。

演出(テンポの心地良さや雰囲気に引き込む力) ☆☆☆☆☆

出ました満点。星5つ☆☆☆☆☆。出したの自分ですけど。(笑)
結局そこですかね。まあ僕はたいていそこなんですけど。
"演出"に大きな特徴、持ち味のある作品としては、過去に『ステラ・ギブソン』などもそうでした。
ただステラ・ギブソンではそれが"雰囲気"偏重で要するに何なのか、面白いのかどうなのかよく分からない、あるいはディープで湿度の高い描写に溺れて多少なりともダルい感じになるという、そういう難点がありました。
しかしこの作品では、ウォルターという独特な性格の主人公の恐らくは精神世界の反映としての"独特"な雰囲気、南国の少し気怠くて万事曖昧なところのある人物たちや人間関係の幾分かのダルさ、それら全てが最終的に一つの"テンポ"として、リズムとして、ひいては「音楽」としてのそれに近い完成感でもって構成されていて、実に僕には快楽でした。複雑な内容を、頭をリラックスさせて楽しめたというか。
・・・そうですねえ、あたかもよく出来たサイケデリック系のロックのような。アメリカの'60年代後半から'70年代半ばの、フォーク系のポップ・ロック。ジェファーソン・エアプレインとか。あるいはグレイトフル・デッド。
ああ、"レイド・バック"してるなんて言い方もあるか。なるほど。(一人で納得)
とにかく凄く、"音楽"的に感じる作品だということです。"音楽"に近いレベルまで、演出が全体のコントロールに成功しているというか。気持ちいい。とにかく気持ちいい。
映画だとまあまあそういう作品はあるけど(監督優位の)、TVドラマでそれをやって、しかし変に芸術的に大げさにならずに、"軽快"感をキープしているというのは、ちょっと余り他に例を思い付かない。
まあ何というか、既に成功している『BONES』という作品の名目上のスピンオフとして、制作者がそんなにヒットも気にせずに趣味で楽しく作った感じの作品なのかなという。(笑)
考えると『BONES』自体にも、大ヒットシリーズでありながら、妙にプレッシャーから解き放たれた、"趣味"で作ってるような臭いはありますよね。その製作陣が、より"趣味"的な原作を得て、こういう作品を作ってみたという、そういう感じかと。
とにかく僕には、忘れられない作品です。例え人気無くても(笑)。毎週楽しかった


他の人の感想

聞きますかあ?別にいいんだけど。(ぶつぶつ)

ザ・ファインダー 千里眼を持つ男/シーズン1 シーズン終了。 (海外ドラマ:つぶやき処 さん)

「個人的には重いテーマではないのが見やすくて良かったけど、だから視聴者が離れていってしまったのかな?と思うところ。ウォルターの軽さが本来のものでないとしても、段々魅力的に見えて良かったと思うんですけどねー。」

なるほど。色々と分かり易い。
重くない、"テーマ"性が分かり難いということと、ウォルターのパーソナリティを含めた"軽さ"を例えば僕のように「音楽」的に感じられないと、いったい何なのこの人たち、という感じになっちゃうんでしょうね。

「BONES(ボーンズ)」 スピンオフ「ザ・ファインダー 千里眼を持つ男」 (石川洋子《作家》夢の途中 さん)

「のどかーな雰囲気で、確実に外しまくりながら話が進んでいる。ピースが合うべき所へぴったり見事にハマっていない。ズレっぱなし。」

だから。それが"レイド・バック"なんですよ。狙って外してるんですよ、分かんないかなあ。
と、軽く喧嘩腰。(笑)

ザ・ファインダー 千里眼を持つ男 (chat*chat CAFE さん)

「どうしてこれが「BONES」のスピンオフ作品なんだ?と首を捻る点」
「主人公ウォルターの特殊能力が分かり辛い」「ウォルターがその能力を発揮する過程が、これまた分かり辛い」


ごもっとも。(笑)
ここらへんがまあ、普通の感想でしょうね。


でも何というか、思いの外ちゃんとした「感想」があって、良かったです。
もっと無視されてるかと思ってた。(笑)
とにかく僕は好きです(笑)。結局上手く説明出来なかった気がするけど。(笑)


Posted on 2016/05/06 Fri. 18:11 [edit]

category: 2010-2014年のドラマ(アメリカ)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示