死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

『THE EVENT/イベント』(2010)  

event.jpg



『THE EVENT/イベント』(スーパードラマTV) (Wiki)

内容

サンパウロ行きエイビアス航空514便が離陸した直後、思いつめた表情のショーン・ウォーカーは座席を立ち、コクピットのほうへ向かうと、拳銃を取り出す。一方、アメリカ大統領イーリアス・マルティネスは、アラスカ州の収容施設に拘束されているある一群の収監者たちを釈放する声明を出そうとしていた。歴代大統領にすら明らかにされてこなかったというその問題の施設には、いかなる秘密が隠されているのか、そして“彼ら”はいったい何者なのか…。
「THE EVENT/イベント」のストーリーの最大の特色は、過去と現在の間を激しく行き交う急展開。現在の時制で追う者と追われる者とそれぞれの視点で描いたかと思えば、時に数時間前、時に数日前、また時に数十年前と、時制が猛スピードでスキップしていくシナリオは大胆にして緻密。さらに、マイアミやアラスカ、ワシントンDCなどと舞台を移していく趣向と相まって、展開は完全に予測不能。多彩なタイムライン(時系列)の前後を行き交いつつ、それらが濃密に交錯する、前代未聞の“クロス・タイムライン・サスペンス”に仕上がっている! (公式より)



レビュー ・・・総合評価B(まあ好き)

・公式の紹介文だけだと、さっぱり要領を得ないですよね。
・なんか"謎"があって"スリリング"で複雑な構成になってるらしいというだけで。(笑)
・ネタバレを避ける為なんでしょうけど、でもネタバレしないと紹介自体が難しい。
・要するに"エイリアン"ものです。かつ亡命者。それが「収監者」で、そして彼らの存在が、地球人類の存亡にも関わって来るというそういう話。
・まだ分からないかもしれないですけど、一応これでジャンルは分かると思います。後は見て下さい。(笑)
・1stで打ち切りになっちゃったので最後はバタバタでしたが、かなり面白い部類というかそういう"予感"はあったというか、何で人気無かったのかなあという感じです。
・派手ではないけど、高級感もあったと思います、凝った"仕掛け"に負けないだけの。
・残念です。

採点。

企画(設定のユニークさやテーマの斬新さ) ☆☆☆☆★

地球側の「自衛」と亡命者側の「生存」と、それぞれに正当性があって、対立構造に緊張感がありました。
基本的には近年特に問題となっている、「国家」と「移民」の間で起こる倫理的コンフリクトをアナロジーしてるんだろうと思いますが、"アナロジー"に流れ過ぎずに、ドラマ内の具体的な問題として、ちゃんと感情移入出来ました。
売りとなっている複雑に入り組んだタイムラインも、複雑ではあっても理解の難しいものではなく、企画倒れにはなっていなかったと思います。

ストーリー(展開の面白さ、または内容の意味深さ) ☆☆☆★★

仕方ないとはいえ、終わらせ方が残念でしたね。
それまで緻密に進めていただけに、失望感は大きかったです。
本来的にはもっといい点をつけてもいいんですが。
ただまあ序盤のケレンが滅茶苦茶効いていたので、進むにつれて段々"普通"のドラマになっていく物足りなさは、どっちにしろあったかも。

人物(キャラクターの魅力、あるいは心理描写の妙) ☆☆☆★★

「収監者」たちのリーダーの、『ER』の"ウィーバー先生"でお馴染みのローラ・イネスが良かったです。
上の写真では端っこですが、ほとんど全部持っていった感もあります。ひょっとしたらそれが、視聴率不振の原因の一つかも。(笑)
ウィーバー先生同様、正論で押す信頼出来るリーダーではありますが、それゆえの反発もあって子供たち世代に背かれたりもします。ただウィーバー先生より政治家的で、その裏を更に掻いたりする剛腕なところもあり、かなり当たり役な気がしました。
地球側の、オバマ大統領をモデルにしたと思しき"正義"派の黒人大統領は、少し物足りなかったかな?いい人過ぎて若干嘘っぽいというか薄っぺらいというか。

演出(テンポの心地良さや雰囲気に引き込む力) ☆☆☆☆★

詳しくはネタバレになりますが、"旅客機の次元転送"(?)イベントは、見応えがありました。
総じてかなり大がかりで複雑な設定を、上手くリアリティを持たせて見せていたと思います。


他の人の感想

「THE EVENT/イベント」-打ち切りドラマが面白い (Jonly さん)

「答えは単純、受けない(視聴率が取れない)から。こういう謎が謎を呼び、徐々に答えが明らかになっていくタイプのドラマで、成功したのは現在Dlifeで放送中の「LOST」ぐらいですかね。
こうした形式のドラマは真相をすぐ知りたがるいらちな視聴者にはすぐ飽きられるし、途中から見るにはとっつきが悪い。だから、食いつきはよくても、すぐ視聴率が急降下してしまいやすい。」


なるほど、そうかも。僕なんかはむしろ"予感"自体が楽しい人なので、じらされるのも混乱させられるのも、構わないんですけどね。ちゃんと"計算"の上でのものなら。"予感"があればというか。

THE EVENT(イベント)を見た[ちょっとネタバレ]の巻き (citron さん)

この方なんかは、"もっと直線的に進んで欲しかった"派ですかね。

海外ドラマ「THE EVENT/イベント」遂にフィナーレ! (えがにめ・まったり海外ドラマ館 さん)

こちらは基本的には楽しみつつ、未完やディテールの混乱を残念がる派。
確かに一部単純に取っ散らかってもいたかなと、読んでて思い出しました。(笑)


じっくりやれば、傑作になった可能性は十分あった作品だと思います。残念。


スポンサーサイト



Posted on 2016/11/29 Tue. 23:24 [edit]

category: 2010-2014年のドラマ(アメリカ)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

『CHASE/逃亡者を追え!』(2010)  

chase.jpg

主演はケリー・ギディッシュ(Kelli Giddish)さん。(Wiki)
この作品の後、2011年のS13から、老舗『LAW & ORDER:性犯罪特捜班』にめでたくレギュラー入りしてますが、そこでの"アマンダ・ロリンズ"刑事とこちらでの"アニー・フロスト"保安官が、何というかほとんど同じ人という感じ。(笑)

アマンダ・ロリンズ.jpg

男好きのする金髪美女だけど、男勝りの気の強い、かつどちらかというと保守的な価値観の持ち主で、犯罪者や女性含む弱者への同情心は薄め。地位が違うので"やや反抗的な部下"(law&order)、"タフで頼りがいのある保安官"(chase)と、現れ方は少し違いますが、まあほぼ同じ人といって差し支えない。
芸の幅は狭いのかも知れませんが、その分個性的で独特の魅力があって、多分業界では好かれてるというか、存在価値を認められている感じなんでしょうね。
とにかく"同じ人"(笑)なら、作品の印象としてはやはり名門law&orderの印象が勝ってしまって、こっちはちょっと忘却の彼方。(笑)

では作品。

『CHASE/逃亡者を追え!』(AXN) (allcinema)

内容

連邦保安官アニー・フロスト率いる精鋭チームが、逃亡を続ける囚人や裁判の被告人を逮捕するため、わずかな手がかりを頼りに命がけの追跡劇を繰り広げる。 (映画.com)


レビュー

・所謂賞金稼ぎ、バウンティハンターの公共版といった役どころ。
・だから"敵"は犯人・逃亡犯というより、商売敵の民間バウンティハンターという色彩が強い。
・その(三角)関係の複雑さや、仕事に伴う"善悪"の境界の曖昧さが、特徴と言えば特徴の作品。
・ただまあ、全体としては、娯楽アクションというか、現代の西部劇というか。
・ケリーさんのパーソナリティ通りの、マッチョな作品。
・悪くないですけどね。気楽には見られる。
・ただあんまり残るものは無い。(笑)
・ケリーさん自身も、主役を張るにはもう少し複雑さというか含みというか、人間的な面白みが足りないかなあという感じで、それが作品そのものの限界になってしまっているかも。
・色気もなあ、あるような無いような。
・もう少し崩れてくれないと、例えば『NCIS』でよく出て来る"ギブスの恋人に近いライバル"的な、定番の役どころは出来ない。
・タイプ的には、そういう感じでしょ?(笑)
・まあ年齢もちょっと下ですけど。
・でも多分この人は、年をとっても余り包容力は出て来なくて、逆にそれが個性になって行くのではないかと、そんな予想。
・マッチョなようで、線が細いというか。


他の人の感想

CHASE / 逃亡者を追え!を見終えて・・・ (ぴぐの気ままブログ さん)
CHASE/逃亡者を追え!/シーズン1 7話まで。 (海外ドラマ:つぶやき処 さん)
海外ドラマ「CHASE / 逃亡者を追え!」について語ろう・・・。 (海外ドラマをもっと見ようよ! さん)

全般的に評判がいいですね。
その中で、最後の人が言っている「イマイチ少し足らないと言いますか、ドラマとして突き抜けていない」「多分、あまり海外ドラマを見慣れていない人がこのドラマを見れば、「凄く面白い!」と言っちゃうかもしれないんだけど、いろんなドラマを見ている人間からしたら、ちょっと物足りない感じを持つ」というあたりが、僕の"平均"評価と重なりますかね。堅実なんだけど、"形"以上のものが見えないんですよね、ドラマも女優さん(の演技)も。


Posted on 2016/11/22 Tue. 18:05 [edit]

category: 2010-2014年のドラマ(アメリカ)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

『ハッピー・タウン/世界一幸せな狂気』(2010)   

happytown.jpg

主演はジェフ・スタルツ(Geoff Stults)さん。
真ん中でズボンに手え突っ込んでる人ですね。(雑)
一般にはさっぱり不人気ですが、僕は熱烈に好きだった『ザ・ファインダー 千里眼を持つ男』の主演の人。
THE FINDER1

その作品では"飄々"とした感じで表現していたアメリカ人らしからぬ独特の内向的な持ち味を、この作品では保安官トミー・コンロイ
トミー・コンロイ.jpg

として、もう少し真面目な方向で表現しています。
なんかいるだけで意味深い感じというか、"アメリカ"から少しずれる感じで僕は好きなんですけど、今のところ評価はされつつ大きくは売れてないみたいですね。(Wiki)
多分監督等、クリエーターからは好かれてるんだけど、視聴者受けは今いちで売り出し方に苦労するタイプ。
いずれ本人も監督やりたい系というか。普通にイケメンでもあると思うんですけどね。

さて作品。

『ハッピー・タウン/世界一幸せな狂気』(スーパードラマTV) (allcinema)

内容

ミネソタ州の小さな町ハプリン。町の中心的存在の大きなパン工場からいい匂いが漂う平和なこの町を、人々は「ハッピー・タウン」と呼んでいる。だが、そんな「幸せな町」には恐ろしい過去があった。12年前、この町で発生した奇妙な連続失踪事件。何の痕跡も残さず人を消し去ることから、住民は犯人を「マジックマン」と呼ぶようになるが、7年間も続いたその事件は5年前に未解決のまま終わりを迎えていた。
その後、現在に至るまでの5年間あらゆる犯罪と無縁だったハッピー・タウンで、ある日、身の毛のよだつような殺人事件が発生した。「マジックマン」の再来か? 不安は広がり、町の人々は疑心暗鬼に。そして小さな町での平和な暮らしは、次第に崩れ始める……。 (公式より)


レビュー

・田舎町の恐怖もの。
・ただ単に"事件"の"舞台"というより、タイトルにあるように「田舎町」そのものを描こうとしている感じで、"ミステリー"というよりも"文学"の臭いが少し。
・まあ、『ツイン・ピークス』
・ムード、本格感はなかなかあったし、登場人物も結構魅力的だったと思うんですが、いかんせん地味なのと深いようで浅いというか、企画意図が見え透いているところがあって、シーズン1限りもやむないかなという。
・嫌いじゃないんですけど、そんなに"先"が見たい感じではなかった。

他の人の感想

ハッピー・タウン 感想 (ドラマニア(ユズクマニア別館) さん)
酷評(笑)。まあ元々相性の悪い感じの人ですけどね。謎が解決されてないのは結果論なのでしょうがないと思います。

第二の『ツインピークス』を狙う『Happy Town』 だけど… (ロサンゼルスで海外ドラマ“毒”視聴録 さん)
『ツインピークス』の名前を挙げているように、僕と似た感想ですね。嫌いじゃないし悪くないけど・・・という。

ハッピー・タウン/世界一幸せな狂気を見ました。 (Life-Day-Fake さん)
『CRISIS~完全犯罪のシナリオ』が好きな人が見つかって嬉しい。(笑)


Posted on 2016/11/21 Mon. 15:33 [edit]

category: 2010-2014年のドラマ(アメリカ)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

『トンイ』[韓](2010)  





突然の韓流ですが、びっくりしないで下さい。(笑)
"2010年"の作品ということで、順番が来ただけです。(笑)


『トンイ』(NHKBSプレミアム) (Wiki)

内容

英祖(朝鮮王朝第21代王)の生母であり、粛宗(第19代王)の妃であった賤民出身の淑嬪崔氏の波乱万丈の生涯と、英祖の成長過程をドラマ化。(KNTV公式)
監察府の女官であるトンイを主人公に繰り広げられる王宮内の権力闘争や人間模様を描いた作品である。(Wiki)


レビュー

・・・過去に一度、別ブログでいくつか個別のポイントについて掘った文章を書いたことがあります。

 『トンイメモ(’12.11.24追加)』

その時書いた、『太王四神記』『チュモン』も踏まえての、韓流時代劇一般についての感想。

・やはりこう、”フィジカル”が強いよね、韓国モノは。
・思わず基本に帰らされるというか。
・権謀と愛憎のクドいほどの泥沼の中で、いい人を”いい人”に描く精彩というか力強さが、例えば日本の時代劇と比べても際立ってる。
・いい意味で古典的というか、中途半端にモダナイズされていないというか。”本気”度が高い。
・単純に腕がいい。職人的な意味で。
・”センス”に逃げずとも、戦える腕力がある。

ここらへんをベースに、改めて全体の感想を。


・ちなみに韓流"現代"劇の方は、さすがに男の身で真面目に見るのは辛いものがあるんですが、ただ基本は同じ、基本の作りは、"時代"劇と変わらないと思います。
・その同じ作り方が、時代劇だとより素直に映える、素直に見られる、とも言えるし、時代劇なら映えるような古典的なドラマツルギーを、現代劇でも臆面も無くやり切ってるのが所謂"韓流ドラマ"だと、そういう言い方にもなるかと思いますが。
・そういう意味では原始的で素朴ではあるわけですけど、しかし原始的で素朴であるからこそ、あるいは"原始的で素朴"な条件下で鍛えられているからこその基礎体力というものは、日本よりもかなり上に感じます。
・日本のTVドラマの方が変化・バリエーションはあるけれど、何をやっても結局へなちょこで見ていられないので、こうして僕は"海外ドラマ"に走って(笑)、海外ドラマブログなんぞをやっているわけで。
・韓流は韓流であって、「海外ドラマ」と分類されると少なからぬ抵抗はありますけど(笑)、ただ少なくとも韓流時代劇を見ている時に日本のドラマを見ている時のような"へなちょこ"の不満を感じることは無いわけで。
・演出や脚本の基礎体力、基礎技能に。
・"演技"の方は、国籍・言語が違っちゃうとなかなか判断しづらい面はありますが、それでも日本のドラマのように無理くり人気者を使い回して、ハマってねえなあ、無理あるなあみたいに感じることは無い。(少なくとも時代劇では)
・しばしば大げさな芝居でもパターン化された芝居でも、押し切ってしまう底力を、それぞれに感じる。
・そういう意味ではやはり、「海外ドラマ」としての資格は備えているわけかな?僕にとって。
・...ああ、結局ジャンル論になってしまった。作品論をしなければ。(笑)

・ただこの作品自体、そういう韓国ドラマ、韓流時代劇の"長所"を結集したというか、「純化」したようなところのある作品なのでね。
・ほとんど力ずくで感動させられるというか、ほだされるというか。(笑)
"聖少女"が主人公なので、"ほだされる"という表現がより相応しいか。
・甘いと言えば甘い話で、ひたすら可哀そうなひたすら抑圧された階級・集団出身の、ひたすら性格が良くてひたすら賢い少女が、その前向きな努力のままに、幾多の困難には見舞われるものの特に現実の汚泥にまみれることもなく、その善意で人と状況を動かして最後には成功する話。
・こうして俯瞰してしまうとおとぎ話以外の何物でもないんだけど(笑)、でも主役を演じる女優さんの魅力や説得力
トンイ01.jpgトンイ02.jpgトンイ03.jpg

と、ド正攻法の演出の腕力とが、そう笑うことを許さない。
・正に「本気」の韓流の、面目躍如というか。
・どこかで見たスペシャル番組で、ドラマについてガイドする"トンイ"ならぬハン・ヒョジュさんも。
・一応素ではあるんだけど役柄のトンイに見事にオーバーラップする、ほんとに清らかで爽やかで可愛らしい感じのお姉さんで。(笑)
ハン・ヒョジュ1.jpgハン・ヒョジュ2.jpeg

・あれが演技だというんだったら、僕はもう、喜んで騙されますよ。
・そう、そういう"騙されてもいい"というか、"知恵比べ"をしているわけではないという安心感というか腹の据え方が、韓流の特徴ではあるでしょう。
・距離を取っちゃうと馬鹿馬鹿しくも見えるけれど、ひとたび近付いて"対決"すると・・・という。
・まあどうせTVドラマなんて絵空事なんで、その中であんまりほんとらしさなんか競ってもね。
・逆に間抜けだろうという。
・しかるべき絵空事なら、積極的に受け入れるべきというか。
・受け入れた"先"に、"中"に、何があるかが問題というか。
・最初からそこで勝負している強さというか、そういう(同)条件下での"競争""練磨"の激しさが、韓流の独特のクオリティを支えているというか。
・そういう厳しさが、日本のドラマには感じられない。企画通して終わりみたいなところがある。
・見る側も当然、鍛えられていないというか、知らず甘い基準で見ているというか。

・勿論例えば米国のドラマは("切り口"と"中身"の)両方のクオリティの最大化を、常に妥協なく競ってはいるわけですけど。
・比較すると英国の方が、韓流には似てるかな?
・"またこのパターン?"とか思いつつ、気が付くと見入ってるみたいな。
・もうちょっと捻って欲しい時もありますけど(笑)。後で思い出して、どのドラマのことか区別がつかなくなることもよくありますし。(笑)
・「国民性」としては、米国の方が遥かに韓国に似てる気はするんですけどね。マッチョで感情的で。
・ドラマの作りは英国の方が似てるのは、「歴史・文化のある国」(英国・韓国)「無い国」(米国)という違いの方が、勝ってるのか。
・日本はちなみに、「無い国」です。
・ことドラマや映画作りに関しては。
・物理的歴史は長くても、伝統がぶつぶつ切れて、常に直近10年前後の記憶だけで作ってるような感じ。
・なぜそうなのかというのはまた大きな問題なので、機会があったら。(笑)
・ちなみに"無い"国どうしでも、必要に応じてシェークスピアを参照に出来るだけアメリカは全然マシです。
・日本で「世阿弥」を参照しようったってねえ(笑)。誰も知らない。俺も知らない。
・「小津安二郎」すら、ほとんど伝承されてない状態なのに。
・あまつさえ「富野由悠季」すら・・・と以下続く

・なんかやっぱり、「作品論」にならないですね。(笑)
・感動するから見てね!みたいなアホな推薦文句しか思い浮かばない。(笑)
・俳優、特に女優陣はみんな素晴らしいよ!とは付け足しておきますか。
・割りと「素朴」というような観点からのみ演出も取り上げましたが、少なくともこのトンイの監督さんは、"メタ"の視点はきちんと持っているように見てて感じられました。全て分かって作ってるというか。
・ただその"分別"が決して作品の熱量を損なわないのが、最終的に韓流の独特なところなので、やはりそっちを押してしまう。

・ちなみに(通例に倣って)数値化すると、こんな感じ。

企画(設定のユニークさやテーマの斬新さ) ☆☆★★★
ストーリー(展開の面白さ、または内容の意味深さ) ☆☆☆★★
人物(キャラクターの魅力、あるいは心理描写の妙) ☆☆☆☆★
演出(テンポの心地良さや雰囲気に引き込む力) ☆☆☆☆★


・熱く語ってる割りには、さほど高くないですね。(笑)
数値外の"熱"が韓流の魅力である・・・というと、なんか少年漫画の主人公のパラメータみたいな話ですが。
・なぜだ、なぜ立って来るんだ、来られるんだ?俺にはなあ、負けちゃいけない理由があるんだ、みんなの思いを背負ってるんだ!
・まあ米国ドラマ的に"ユニークさ""知的面白さ"を重要基準として評価してしまうと、どうしても数値には反映しづらいですね。
・例えば「ストーリー」とかも、メロドラマの"ジェットコースター"展開を"凄い"と評価すれば点数は上がるんですが、お約束で"陳腐"と評価すると加点はしづらい。
・「企画」なんて、下手すると"☆一つ"ですけどね(笑)。庶民の願望に寄せてるだけの話やんみたいな。史実のご都合主義的歪曲性なんかも、つきものとして言われますし。(韓流時代劇の)
・ただまあ、それは言っても。
・韓流の枠組み自体を肯定すれば、間違いなく超に近い一流の出来栄えではあると思います。
・そこに圧倒的な"ほだし"力を加えての、"S"評価。勿論「名作」とも言われてますし。
・...強いて言えば『大草原の小さな家』とかに似てるかなあ、アメリカで言えば。王道性倫理性という意味で。
・ただあれと比べても"時代性""批評性"は薄くて、ただただドラマとしての「力比べ」を競っている感じ。(笑)
・勿論韓流"内の"歴史としては、また色々と位置づけもあるんでしょうけど、「色んな国のドラマを見る」という僕の立場・比較からすると、やはり"批評性が無い"というのが、びっくりする程の特徴。
・頭を空っぽにして、全身を"心"にして、堪能しました。
・褒め方は難しいけど(笑)、大好きです、やはり。


他の人の感想

なし。
宣伝系以外では、"歴史的背景"を解説したようなものしかありませんでした。
そんなもんですかね。まああんまり"レビュー"するようなタイプの人は、見ないのかも知れない。(笑)
韓流"現代"劇の方なら、書いている人を見つけられるのかな?


Posted on 2016/11/15 Tue. 18:58 [edit]

category: その他の国のドラマ(及び合作)

thread: 韓国ドラマ - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示