死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

海外ドラマの監督たち(米国編) :1992年  

1992年

ピケット・フェンス(1992) (日Wiki) (英Wiki)

シーズン1~
Ron Lagomarsino (4 episodes)
Michael Pressman (9 episodes) ・・・(LAW & ORDER)
Jeremy Kagan (6 episodes) ・・・(刑事コロンボ)
Tom Moore (2 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士)
Donald Petrie (1 episodes) ・・・(冒険野郎マクガイバー、L.A.ロー 七人の弁護士)
Mel Damski (8 episodes) ・・・(M*A*S*H)
Joan Tewkesbury (1 episodes)
Oz Scott (3 episodes) ・・・(ヒルストリート・ブルース、L.A.ロー 七人の弁護士)
Michael Schultz (5 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士)
Alan Myerson (4 episodes) ・・・(がんばれ!ベアーズ、ナイトライダー、特捜刑事マイアミバイス、ベイウォッチ)
Dan Lerner (1 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士)
Martin Davidson (1 episodes) ・・・(LAW & ORDER)
Elliot Silverstein (1 episodes) ・・・(ミステリーゾーン)
Michael Fresco (1 episodes)

シーズン2~
Lou Antonio (5 episodes) ・・・(人気家族パートリッジ)
Kristoffer Tabori (1 episodes) ・・・(天才少年ドギー・ハウザー、LAW & ORDER)
Lorraine Senna Ferrara (2 episodes)
James Frawley (1 episodes)
Bill D'Elia (2 episodes) ・・・(天才少年ドギー・ハウザー、ビバリーヒルズ高校白書、LAW & ORDER)
Andre Guttfreund (1 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士)
David Jones (III) (4 episodes)
Bethany Rooney (2 episodes) ・・・(ビバリーヒルズ高校白書)
Dennis Dugan (2 episodes) ・・・(刑事コロンボ、こちらブルームーン探偵社、L.A.ロー 七人の弁護士、天才少年ドギー・ハウザー)

シーズン3~
Rachel Feldman (1 episodes) ・・・(天才少年ドギー・ハウザー)
Tom Skerritt (3 episodes)
David E. Kelley (1 episodes)
Joe Napolitano (2 episodes)
Richard Masur (1 episodes)
Arvin Brown (3 episodes)
Michael Nankin (1 episodes)
Nancy Malone (1 episodes) ・・・(ビバリーヒルズ高校白書)

シーズン4~
Sandy Smolan (1 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士、天才少年ドギー・ハウザー)
Dennie Gordon (1 episodes)
Jonathan Pontell (1 episodes)
Scott Paulin (1 episodes) ・・・(ビバリーヒルズ高校白書)
Daniel Attias (1 episodes) ・・・(特捜刑事マイアミバイス、ビバリーヒルズ高校白書)
Michael Lange (1 episodes) ・・・(ビバリーヒルズ高校白書)
Dennis Smith (1 episodes)


D・E・ケリーがS・ボチコとの共同作業から離れて、本格的に主導権を取って作った作品。
シリアスでリアルなボチコ流から、才気ときつい冗談に溢れたとめどないお喋り(笑)の"ケリー節"が、ここでついに姿を現します。
使われている監督は、やはりコロンボ、L.A.ロー、ヒルストリート・ブルース、ドギー・ハウザーと、ボチコやケリーが関わって来た作品からが多いですが、主役はあくまで"脚本家"D・E・ケリーで、監督はほとんど誰でもいいというそういう感じのバラけ方。
"ピケット・フェンス"とはアメリカの家屋で一般的な、先が三角にとがった平たい木の板を連ねた塀のこと(Wiki)で、そういう呼び名なんだということをこの作品で初めて知りました。ちなみに原題は"Picket Fence's'"と複数形になっていて、多分そういう「家」が沢山あるコミュニティということなんでしょうね。



官能のダイアリー[Red Shoe Diaries](1992) (英Wiki)

Philippe Angers
Lizzie Borden
Peter Care
Daniel Duchovny
Rafael Eisenman
Stephen Halbert
Michael Karbelnikoff
Zalman King
Dominique Othenin-Girard
Tibor Takács
David Womark




スポンサーサイト



Posted on 2018/05/29 Tue. 14:02 [edit]

category: 海外ドラマの監督たち(アメリカ編)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

今週の海外ドラマ(’18.5.19-5.25)  

最近見ているAmazonプライムものは、『ボードウォーク・エンパイア』
スコセッシが絡んだいかにもなマフィアものですが、でもさすがの出来。楽しいです。


クリミナル・マインド S10#12『英雄の死』 (スーパードラマTV)

ロッシは辞めるんじゃなくて、どちらかというと"膨らます"感じですかね、人物像を。"娘"の力で。
あんまり要らないけどなあ。(笑)
次回が『ギデオンの遺言』だそうなので、やっぱギデオン良かったなあと、改めて思い出したり。(笑)

CSI:サイバー S2#12『盗まれた悲鳴』 (AXN)

いやあ、911をジャックするというアイデアも凄いし、通報を"音楽"のように聴くという犯人像もえぐいし。
大したもんです。
ただ逆にこういう"脚本家"のような想像力を犯罪者も持っていたら、冗談抜きで無限になりますよね、犯罪のバリエーションが。そしてなりそうだし。どうなるんでしょう、この"サイバー"社会。

BLACKLIST/ブラックリスト S5#17『アナ・グラシア・ドゥエルテ』 (スーパードラマTV)

少女に性欲を抱くのが異常だとは全く思いませんが、ただそれを「合法」化「制度」化するという"大人"たちの所業には、どうしようもなくおぞましいものを感じます。道徳的非難くらい受け止めろよ。逃れようとするな。
ただなんかここのところ、"ブラックリスト"はもう無視して、普通のクライムサスペンスのように単に関心のある"犯罪"を扱ってるだけという感じで、ちょっとこれくらいで止めて欲しいなと。
(レッドを)"詰める"リズはいつもながら可愛い(笑)。真面目なコを怒らせるのは楽しいです。(笑)

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 S19#7『父の思い出』 (FOX)

いやあ、凄いエピソードでした。いっそネタバレっぽいエピソードタイトルも、隠して欲しかったなという。
とはいえ"父"に犯されたのが本人ではなかったという、「真相」のひねりもなかなか。
オリビアも犯されたのかとも、一瞬誘導されましたし。
(真の被害者の)弁護士の"妹"の方は、これからどうなるんでしょうね。
事件としては、要するにグレッグは単にナンパしただけでレイプではなかったのを、"フラッシュバック"的なものの影響で殺されてしまったということなので、普通に殺人罪なんでしょうね残念ながら。酌量はされるでしょうけど。

NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 S15#18『侵入者』 (FOX)

"NCISのビル"で起きただけで海軍関係無いんだから、NCISに捜査権はあるのかなといぶかっていたら、それどころではない騒ぎに。(笑)
ラボの"破壊"はアビーの退官(?)に、やっぱり影響して行くんでしょうか。
"引き出し"から出て来た時は、まさか死んで交代?とびびりましたが。(笑)

ハッピー・バレー 復讐の町 S1#4『エピソード4』 (スーパードラマTV)

救出が入った時のアンの意外な機敏な動きが、なんか逆に笑いました(笑)。"気丈"という設定なんですかね。
一方でそのアンにヘロインを盛ったり「殺す前に楽しいことしような」と囁く犯人の残酷さにも、作り手の十分な"感情移入"を感じて、いったいどういう視点で作られているんだろうという感じ。"人物が生き生きと描かれている"作品なのは間違いないんでしょうけど、中心はなんなのか。必ずしも「群像劇」というか"客観的"に作ろうとしているようには見えないんでね。割りとこうイギリスドラマの伝統的なエキスがごちゃごちゃにぶち込まれている感じで、一つ一つのクオリティは高いんですけど全体としてはもう少し整理して欲しいような気もします。「どこかで見たような"生き生きとした描写"」が次から次へと出て来る作品というか。

STAR 夢の代償 S2#4『終わらない挑戦』 (FOX)

"新曲"はスターのこれまで聴かせたことのないようなタイプの低音がかっこよかったですね。
そして"父"の登場で、ようやく"姉妹"の家族関係の見当がつきました。(笑)
お母さんが白人で、スターの方はお父さんも白人。そして妹の父親は違ってこちらは黒人で、つまり妹は白黒ハーフと、そういうことですね。
スターが誰にでもため口なのはいつものことですが、でも社長に対するあの虚勢でなく本当に"対等"に話す感じは、さすがにアメリカでも特殊なんじゃないでしょうか。周りの反応は割りと普通の"じゃじゃ馬"扱い程度ですけど。その内何か、もっと背景が出て来そう。(来ないかな?(笑))


Posted on 2018/05/26 Sat. 07:03 [edit]

category: "今週の海外ドラマ"

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

海外ドラマの監督たち(米国編) :1990年  

節目の年だからというわけでもないでしょうが、今もその名の残る有名作品が三つまとめて。


1990年

ツイン・ピークス(1990) (日Wiki) (英Wiki)

シーズン1~
David Lynch (6 episodes)
Duwayne Dunham (3 episodes)
Tina Rathborne (2 episodes)
Tim Hunter (3 episodes)
Lesli Linka Glatter (4 episodes)
Caleb Deschanel (3 episodes)
Mark Frost (1 episodes) ・・・(ヒルストリート・ブルース)

シーズン2~
Todd Holland (2 episodes) ・・・(マックス・ヘッドルーム)
Graeme Clifford (1 episodes)
Uli Edel (1 episodes)
Diane Keaton (1 episodes)
James Foley (1 episodes)
Jonathan Sanger (1 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士)
Stephen Gyllenhaal (1 episodes)


1990-91年に作られたオリジナル版のみを対象。
てっきり全面的にデヴィッド・リンチ(David Lynch)がやってるのかと思ったら、6エピソードのみなんですね。勿論最多ではありますが。それで各話ごとの演出の違いを感じたかというと特に感じた記憶は無いので、改めてドラマの「監督」の影響力範囲について考えてはしまいます。「製作総指揮」との関係というか。
まあいつか改めて、"違う"という前提で見直してみようかなと思います(笑)。2017年販を見るついでとか。
リンチ以外は比較的新しい人か、もしくは映画界の知り合いか、とにかく馴染みの人は多くありません。


ビバリーヒルズ高校白書(1990) (日Wiki) (英Wiki)

シーズン1~
Tim Hunter (1 episodes)
Michael Uno (1 episodes)
Catlin Adams (1 episodes)
Bethany Rooney (14 episodes)
Artie Mandelberg (3 episodes) ・・・(こちらブルームーン探偵社)
Jefferson Kibbee (6 episodes) ・・・(ベイウォッチ)
Daniel Attias (20 episodes) ・・・(特捜刑事マイアミバイス)
Nancy Malone (1 episodes)
Miles Watkins (1 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士)
Burt Brinckerhoff (5 episodes) ・・・(私立探偵マグナム、こちらブルームーン探偵社)
Charles Braverman (10 episodes) ・・・(ベイウォッチ)
Paul Schneider (4 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士、ベイウォッチ)
Darren Star (1 episodes)

シーズン2~
Jeff Melman (9 episodes)
Michael Katleman (1 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士)
Bradley Gross (5 episodes)
David Carson (2 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士、新スタートレック、天才少年ドギー・ハウザー)
Bill D'Elia (3 episodes) ・・・(天才少年ドギー・ハウザー)

シーズン3~
Paul Lazarus (1 episodes) ・・・(ジェシカおばさんの事件簿、L.A.ロー 七人の弁護士、ベイウォッチ)
Jack Bender (3 episodes)
Christopher Hibler (10 episodes) ・・・(こちらブルームーン探偵社)
Bobby Roth (1 episodes) ・・・(特捜刑事マイアミバイス)
Richard Lang (7 episodes)
Robert Becker (2 episodes) ・・・(新スタートレック)
Gwen Arner (1 episodes)
James Whitmore, Jr. (9 episodes)
Jason Priestley (14 episodes)

シーズン4~
Gilbert M. Shilton (12 episodes) ・・・(ナイトライダー、冒険野郎マクガイバー)
James Eckhouse (3 episodes)
Chip Chalmers (15 episodes) ・・・(特捜刑事マイアミバイス、新スタートレック)
Les Landau (6 episodes) ・・・(冒険野郎マクガイバー、新スタートレック)
Michael Lange (14 episodes)
David Semel (11 episodes)

シーズン5~
Scott Paulin (4 episodes)
Gabrielle Beaumont (2 episodes) ・・・(M*A*S*H、ヒルストリート・ブルース、アメリカン・ヒーロー、特捜刑事マイアミバイス、L.A.ロー 七人の弁護士、新スタートレック、ベイウォッチ、天才少年ドギー・ハウザー)
Victor Lobl (6 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士、マックス・ヘッドルーム)

シーズン6~
James Fargo (2 episodes)
Graeme Lynch (2 episodes)
Charles Correll (7 episodes)
James Darren (2 episodes)
Frank Thackery (3 episodes)
Anson Williams (8 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士、ベイウォッチ)

シーズン7~
Harvey Frost (5 episodes)
Kevin Inch (10 episodes) ・・・(ベイウォッチ)

シーズン8~
Georg Fenady (1 episodes) ・・・(白バイ野郎ジョン&パンチ、ナイトライダー、超音速攻撃ヘリ エアーウルフ、ベイウォッチ)
Richard Denault (3 episodes)
Michael Ray Rhodes (4 episodes) ・・・(ベイウォッチ)
Les Sheldon (1 episodes)
Jon Paré (1 episodes)
John McPherson (1 episodes)
Charles Pratt, Jr. (1 episodes)
Joel J. Feigenbaum (6 episodes)
Kim Friedman (2 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士)
Harry Harris (2 episodes) ・・・(ローハイド、私立探偵マグナム、冒険野郎マクガイバー)

シーズン9~
Roy Campanella II (3 episodes) ・・・(ナイトライダー、ベイウォッチ)
Christian I. Nyby II (1 episodes) ・・・(白バイ野郎ジョン&パンチ、アメリカン・ヒーロー、ナイトライダー)
Luke Perry (2 episodes)
Jennie Garth (2 episodes)

シーズン10~
Allan Kroeker (2 episodes)
Allison Liddi (1 episodes)
Robert Weaver (1 episodes) ・・・(ベイウォッチ)
Ian Ziering (1 episodes)
Brian Austin Green (1 episodes)
Tori Spelling (1 episodes)


一世を風靡した売れ線ティーンドラマで、やはり担当監督は散りまくっていて"作家"性は薄いですが、ただキャリア的にも薄い人が比較的多めで、作風の新しさに合わせた"若手"の起用は心掛けられていたのかなという感じ。


LAW & ORDER(1990) (日Wiki) (英Wiki)

シーズン1~
John P. Whitesell II (2 episodes)
E.W. Swackhamer (8 episodes) ・・・(刑事コロンボ、人気家族パートリッジ、M*A*S*H)
Vern Gillum (4 episodes) ・・・(特捜刑事マイアミバイス、ベイウォッチ)
Charles Correll (2 episodes)
John Patterson (1 episodes)
Martin Davidson (1 episodes)
James Quinn (9 episodes) ・・・(特捜刑事マイアミバイス)
Michael Fresco (1 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士、天才少年ドギー・ハウザー)
Aaron Lipstadt (1 episodes) ・・・(特捜刑事マイアミバイス)
Gwen Arner (2 episodes)
Don Scardino (12 episodes)
Daniel Sackheim (7 episodes)
Fred Gerber (10 episodes)

シーズン2~
Ed Sherin (36 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士、天才少年ドギー・ハウザー)
Kristoffer Siegel-Tabori (1 episodes) ・・・(天才少年ドギー・ハウザー)
John Whitesell (1 episodes)
Steve Cohen (1 episodes)
Jim Frawley (5 episodes)
Peter Levin (1 episodes)
Steven Robman (3 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士)

シーズン3~
Bill D'Elia (1 episodes) ・・・(天才少年ドギー・ハウザー)
Gilbert Shilton (2 episodes) ・・・(ナイトライダー、冒険野郎マクガイバー)
Gilbert Moses (1 episodes) ・・・(ROOTS/ルーツ)
James Hayman (2 episodes)
Bruce Seth Green (1 episodes) ・・・(ナイトライダー、冒険野郎マクガイバー、ベイウォッチ)
Arthur W. Forney (9 episodes)

シーズン4~
Gabrielle Beaumont (1 episodes) ・・・(M*A*S*H、ヒルストリート・ブルース、アメリカン・ヒーロー、特捜刑事マイアミバイス、L.A.ロー 七人の弁護士、新スタートレック、ベイウォッチ、天才少年ドギー・ハウザー)
Constantine Makris (58 episodes)
Dann Florek (2 episodes)
Helaine Head (1 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士)
Jace Alexander (31 episodes)

シーズン5~
Martha Mitchell (13 episodes)
Marc Laub (1 episodes)
Christopher Misiano (12 episodes)
Lewis H. Gould (11 episodes)
Vincent Misiano (5 episodes)
Matthew Penn (24 episodes)

シーズン6~
David Platt (28 episodes)

シーズン7~
Brian Mertes (3 episodes)
Dan Karlok (1 episodes)

シーズン8~
Adam Davidson (1 episodes)
Gloria Muzio (4 episodes)
J. Ranelli (1 episodes)
Richard Dobbs (28 episodes)

シーズン9~
Jean de Segonzac (9 episodes)
Stephen Wertimer (4 episodes)

シーズン12~
Steve Shill (2 episodes)

シーズン13~
Darnell Martin (3 episodes)

シーズン15~
Michael Pressman (5 episodes)
Paris Barclay (1 episodes)
Eric Stoltz (1 episodes)

シーズン16~
Rosemary Rodriguez (1 episodes)
Rick Wallace (1 episodes) ・・・(ヒルストリート・ブルース、L.A.ロー 七人の弁護士、天才少年ドギー・ハウザー)
Adam Bernstein (1 episodes)
Michael Watkins (5 episodes)
Tony Goldwyn (1 episodes)

シーズン17~
Tim Hunter (2 episodes)
Alex Chapple (5 episodes)
Joan Stein Schimke (1 episodes)
Sam Weisman (1 episodes) ・・・(こちらブルームーン探偵社、L.A.ロー 七人の弁護士)
Karen Gaviola (1 episodes)

シーズン18~
Allen Coulter (1 episodes)
Michael Dinner (1 episodes)
Alan Taylor (1 episodes)
Jim McKay (3 episodes)
Dean White (1 episodes)
Marc Levin (2 episodes)
Mario Van Peebles (2 episodes)
Marisol Torres (2 episodes)
John Coles (1 episodes)

シーズン19~
Chris Zalla (1 episodes)
Josh Marston (1 episodes)
Roger Young (1 episodes)
Ernest Dickerson (1 episodes)
Norberto Barba (1 episodes)

シーズン20~
M.T. Adler (1 episodes)
Rose Troche (1 episodes)
William Klayer (1 episodes)
René Balcer (1 episodes)


いくつかのスピンオフシリーズも含めて、頑固なまでの作風の固定が印象的な、老舗シリーズ。
"マンネリ"ではなくてあくまで"固定"だと思いますねこのシリーズの場合は。意図的なもの。
全20シーズンで話数自体も当然多いですが、Ed Sherin (36 episodes)、Constantine Makris (58 episodes)、Jace Alexander (31 episodes)、Matthew Penn (24 episodes)、David Platt (28 episodes)、Richard Dobbs (28 episodes)と何人かの監督に集中しているのが特徴。
実はこれは意外で、さっき言ったように作風が固定されていてシリーズを見慣れた人ならある意味誰でも"それ風"の演出が出来そうな作品なので、もっと全然散ってるのかと思ってました。やはりだからこれは、マンネリではなくて作風が変わらないように、軸となる監督としっかり製作側が意思疎通して作られていた作品なんだろうと思います。


以上。


Posted on 2018/05/23 Wed. 21:31 [edit]

category: 海外ドラマの監督たち(アメリカ編)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

今週の海外ドラマ(’18.5.12-5.18)  

『倒壊する巨塔 アルカイダと「 9.11」への道』というのを、プライムで一気見してしまいました。
"いかにしてアメリカは9.11を防ぐのに失敗したか"という話で、"失敗"というオチ(笑)は分かっているのに、ドラマとしての質の良さで全く飽きずに見ることが出来ました。おすすめ。


クリミナル・マインド S10#11『永遠の人々』 (スーパードラマTV)

久しぶりにリキの入った、いいエピソードでした。
ジェニファーのトラウマが、「PTSD」という"名前"に収まり切らない感じ、そしてリードに「名前」を与えてくれと頼む切実さ。
それは逆に言えば、物事に"名前を与える"ということが、それ自体としていかに意味があるかということも、表していると思います。・・・僕らが言葉をつぐむ意味というか。こういう"ブログ"も含めて。(笑)
カルト教団の手口の"洗練"ぶりも、不気味でしたね。何でも"進歩"するアメリカ。

CSI:サイバー S2#11『消されたフライト』 (AXN)

いやあ、面白かった。これもあれですね、"映画一本作れる"やつですね。(笑)
犯人の狙いの複雑さとか、怪しそうだけど違った副操縦士とか、膨らみも沢山。
背景はやっぱり、中国マフィア?(笑)
飛び込みのアーティもいい味出してましたが、まさかライアンと"発展"することはなさそう。(笑)
それはそれとしてレイヴンは、もう怒ってないんでしょうか。"刑期"延長されて。一切触れなかったですね。

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 S19#6『アリ地獄』 (FOX)

ちょっとしたトリックというかミスリードというか、てっきり冒頭の"誘拐"→"レイプ"→"殺害"という流れかと思ったらそれぞれ全部別、特に「誘拐」と「レイプ」が無関係(別人物)というのはちょっとやられました。(笑)
確かに何か女の子が違う顔してるような気はしたんですが。
「学校」に「いじめ」が常にあるように、「収容施設」には「レイプ」や「虐待」は付き物ですよね、これはもう構造的な問題だと思います。オリビアは犯人たちを"捕食者"(プレデター)と言っていましたが、自分の"絶対的優位"を確信した人間が他者にやりたがることは、常に同じということだと思います。ある意味"状況"がさせる行為というか。
防ぐにはそういう状況を作らない、近づかないということ、今のところはそれだけかなという。

NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 S15#17『コレクター』 (FOX)

アビーの後釜登場。(ということですよね)
いいキャラだと思います。割りとすんなり受け入れられそう。
現金なもので(笑)、急にアビーが年取って見え始めました。(笑)
一方でスローンは要らない。さっさと交代して欲しい。

BLACKLIST/ブラックリスト S5#16『カプリコーン・キラー』 (スーパードラマTV)

うーんその決断は。リズ。
逆になんか"葛藤"の価値が低くなった気がしますし、"一線"を越えるにしてももう少し主体的にやって欲しい。人の企画に乗るなんて。
"カウンセリング"自体は見応えを感じていただけに、残念です。
一方でカウンセラー本人は特に魅力的に思えませんし。

ハッピー・バレー 復讐の町 S1#3『エピソード3』 (スーパードラマTV)

あーあ、かわいそうに。死んで欲しくない人が死んでしまった。
それにしてもロイスは、ただの性犯罪者とはとても思えない振り切った悪人ぶり。
見た感じ欲望が特別大きいというよりも、"無駄"なことや"感傷"が嫌いという、基本の性格というか過度に"知的"な性格が、本質に見えます。"異常"というのとも少し違う気がするんですよね。"欠落"があるのは確かなんでしょうけど。
「地下室」探索は凄いどきどきしました。上手いおばさんですね。(笑)
・・・多分この感じだと、誘拐された娘自体は助かるんでしょうね、ここまで引っ張ったからには。

STAR 夢の代償 S2#3『かすかな希望』 (FOX)

スターがアレックスを慰めた時の「この素敵なおっぱいがある」というセリフは、アドリブじゃないかと思うんですけとどうでしょう。いかにもスターが(実在したら)言いそうなセリフではありますが、逆にシナリオライターがわざわざ書いている絵が想像できません。(笑)
"PULL UP"の"乗っ取り"かっこ良かったですね、そこから"ユニット"にするという話にでもなるかと思ったくらい。
アメリカの特に黒人系のショービスなんて、"プロデュース"ありきの印象があるんですが、「セルフプロデュースが成功の鍵だ」という観念もあるんですね。ロックだと"プロデュースし過ぎない"というのは、少なくとも「評価」を得る為には王道というところは確かにありますが。


Posted on 2018/05/19 Sat. 09:35 [edit]

category: "今週の海外ドラマ"

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

海外ドラマの監督たち(米国編) :1989年  

1989年

ベイウォッチ(1989) (日Wiki) (英Wiki)

シーズン1~
Richard Compton (1 episodes) ・・・(ヒルストリート・ブルース、特捜刑事マイアミバイス、L.A.ロー 七人の弁護士、新スタートレック)
Peter H. Hunt (2 episodes)
Gus Trikonis (23 episodes)
Scott Brazil (2 episodes) ・・・(ヒルストリート・ブルース)
Kim Manners (2 episodes) ・・・(新スタートレック)
Mario DiLeo (1 episodes)
Bruce Seth Green (1 episodes) ・・・(ナイトライダー、冒険野郎マクガイバー)
Tommy Lee Wallace (1 episodes) ・・・(マックス・ヘッドルーム)
Vern Gillum (1 episodes) ・・・(特捜刑事マイアミバイス)
Rob Bowman (1 episodes) ・・・(冒険野郎マクガイバー、新スタートレック)
Michael Ray Rhodes (1 episodes)
Paul Schneider (3 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士)
Gregory J. Bonann (54 episodes)
Kevin Inch (1 episodes)
Douglas Schwartz (43 episodes)
Reza Badiyi (7 episodes)

シーズン2~
Monte Markham (3 episodes)
Alan Myerson (2 episodes) ・・・(がんばれ!ベアーズ、ナイトライダー、特捜刑事マイアミバイス)
Cliff Bole (5 episodes) ・・・(冒険野郎マクガイバー、新スタートレック)
Georg Fenady (10 episodes) ・・・(白バイ野郎ジョン&パンチ、ナイトライダー、超音速攻撃ヘリ エアーウルフ)
Michael Berk (6 episodes)

シーズン3~
Lyndon Chubbuck (4 episodes)
Parker Stevenson (9 episodes)
Heather Hill (1 episodes)
Sidney Hayers (1 episodes) ・・・(私立探偵マグナム、アメリカン・ヒーロー、ナイトライダー、超音速攻撃ヘリ エアーウルフ)
Paul Cajero (5 episodes)

シーズン4~
Charles Braverman (1 episodes)

シーズン5~
Roy Campanella II (1 episodes) ・・・(ナイトライダー)
Charles Winkler (1 episodes)
Michael Preece (1 episodes) ・・・(冒険野郎マクガイバー)
L. Lewis Stout (8 episodes)
Paul Lazarus (1 episodes) ・・・(ジェシカおばさんの事件簿、L.A.ロー 七人の弁護士)

シーズン6~
David W. Hagar (6 episodes)

シーズン8~
Robert Weaver (4 episodes)
Rick Jacobson (12 episodes)
Tracy Lynch Britton (1 episodes)

シーズン9~
David Hasselhoff (1 episodes)

シーズン11~
Frank South (1 episodes)
Jefferson Kibbee (5 episodes)
Anson Williams (6 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士)
Gabrielle Beaumont (2 episodes) ・・・(M*A*S*H、ヒルストリート・ブルース、アメリカン・ヒーロー、特捜刑事マイアミバイス、L.A.ロー 七人の弁護士、新スタートレック)
Gary Capo (1 episodes)


ああ憧れの"ベイウォッチ"。(笑)
やっぱこの人ですかねえ、エリカ・エレニアック演じる"シャウニ"

Erika EleniakErika Eleniak2

プレイメイトだそうですけど、役柄も優等生ですし"お色気"というよりは"健康美"という感じで、それこそスカッと爽やかコカコーラ!の方。(プラスやっぱりお色気(笑))
ほんと"アメリカ"でした。憧れましたね。別世界というか。
そういう意味でも、「海外ドラマ」でしたね。(笑)
"監督"人事としては意外や意外、"Gregory J. Bonann""Douglas Schwartz""Gus Trikonis"の3人にほぼ集中していて、超商業作品なりに統一感、クオリティ・コントロールに気を配っていたことが窺えます。やっぱそうだよねえ、しっかりしたいいドラマだったよねえ。


天才少年ドギー・ハウザー(1989) (日Wiki) (英Wiki)

シーズン1~
Rick Wallace (2 episodes) ・・・(ヒルストリート・ブルース、L.A.ロー 七人の弁護士)
Betty Thomas (2 episodes)
Johanna Demetrakas (2 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士)
Rob Thompson (5 episodes) ・・・(アメリカン・ヒーロー、L.A.ロー 七人の弁護士)
Sheldon Larry (2 episodes)
Sandy Smolan (2 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士)
Matthew Diamond (1 episodes)
Stephen Cragg (10 episodes)
Gabrielle Beaumont (3 episodes) ・・・(M*A*S*H、ヒルストリート・ブルース、アメリカン・ヒーロー、特捜刑事マイアミバイス、L.A.ロー 七人の弁護士、新スタートレック)
Charles Haid (6 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士)
Bruce Green (1 episodes) ・・・(ナイトライダー、冒険野郎マクガイバー)
David Carson (4 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士、新スタートレック)
Michael Fresco (1 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士)
Scott Goldstein (8 episodes)
Kevin Hooks (1 episodes)

シーズン2~
Eric Laneuville (6 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士)
Win Phelps (7 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士、新スタートレック)
Joan Darling (4 episodes) ・・・(M*A*S*H、私立探偵マグナム)
Brad Silberling (4 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士)
Ed Sherin (1 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士)
Matia Karrell (1 episodes)
Joan Tewkesbury (3 episodes)
Victoria Hochberg (1 episodes)
Bill D'Elia (3 episodes)
Kristoffer Siegel-Tabori (1 episodes)
Steve Robman (1 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士)

シーズン3~
Joe Ann Fogle (4 episodes)
Michael Fresco (1 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士)
Mark Horowitz (3 episodes)

シーズン4~
Rachel Feldman (1 episodes)
Kenneth Frankel (1 episodes)
Bobby Houston (1 episodes)
Paul Robert Newman (1 episodes)
Craig Belknap (1 episodes)
Dennis Dugan (1 episodes) ・・・(刑事コロンボ、こちらブルームーン探偵社、L.A.ロー 七人の弁護士)


『L.A.ロー』同様の"ボチコ/ケリー"コンビの作品で、監督も『L.A.ロー』組が多く起用されています。
NHKでもやっていて"人気作"の印象が強いですが、シーズン4しかやってないんですね。
"少年"ドギーが大人になっちゃうからかな?(笑)
実はあんまりよく覚えてないんですよねこれ。面白かったかな。つまんなかったストレスだった印象も無いんですが。
まあ(弁護士出身)ケリーの本領の法廷ものでもないし、割りと"お仕事"として作っている感じだったのかも。


これで'80年代終わり。


Posted on 2018/05/17 Thu. 17:55 [edit]

category: 海外ドラマの監督たち(アメリカ編)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

今週の海外ドラマ(’18.5.5-5.11)  

(Amazonプライム用の)大型テレビは結局買いました。1週間後くらいに届きます。
テレビの選択には自信がありますが、そもそも買うべきなのかどうかには未だに自信がありません。(笑)
5台目だぜ。さすがに1台売るかあげるかしよう。使いようが無い。


クリミナル・マインド S10#10『アメリア・ポーター』 (スーパードラマTV)

前の週のブラックリストに続いてクリミナルマインドも最新エピソードが更新されていなかったので、あれっと思って見てみたらサイト自体がリニューアルされていました。
ただ・・・サイト内をタグか何かで飛ぶようになっていてコンテンツ(例えば各エピソード)に直リン出来ないので、すげえ不便です。なんなんだろう。
犯人(男の方)を逮捕する時に気を逸らす為に、「君じゃなくてその女の方を逮捕しに来たんだ」とかましてましたが、一瞬僕も騙されてしまいました(笑)。不覚。

BLACKLIST/ブラックリスト S5#15『パティ・スー・エドワーズ』 (スーパードラマTV)

いやあ、何という独創的な政府情報への潜入の仕方。巻き込まれた方はたまらないとはいえ。
ぶっちゃけ映画一本これで作れますよね。
映画にした場合は多分、犯人の夫への愛をもっと大々的にフィーチャーするんでしょうけど。実際問題そういう"純愛"ストーリーにはなっていますしね。

CSI:サイバー S2#10『レイヴンの涙』 (AXN)

ほんと地味にいい作品ですね。
最初は"サイバー"でこのおばさん?と思いましたけど、今回のなんかは特に、おばさん(笑)の「母性」が凄く利いている。もうこれしかないという感じ。
ぶっちゃけおばさんは"偽証"に近いことをしているわけですけど、レイヴンへの"気持ち"に説得力があるので、普通におばさん側で見てしまいした。いつか分かるよレイヴン!(そのまんまや)

ハッピー・バレー 復讐の町 S1#2『エピソード2』 (スーパードラマTV)

こっちも"おばさん"の話ではあります。(笑)
ようやく状況が分かった。娘がレイプされて結局自殺して、そのレイプ犯との間の"望まれない子供"を、孫として養育しているのね。へヴィ。
既にもう一件のレイプも発生していますし、結構陰惨な話ではあるはずなんですが、何か"ユーモラス"な印象の方が強いです。傑作かも。"達人"の業というか。

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 S19#5『10年目の再会』 (FOX)

"おばあさん"が"おかあさん"でも通りそうなくらいまだ若々しいのが、オリビア的には危機感ライバル感を刺激されてそれがまた辛いんでしょうね。
"グレン"(妹をうっかり殺しちゃった兄)役に変な色気があって、その内何かの映画でブレイクしそうだなとか。
「リアル」に想像すると、多分妹は両親に溺愛されて育ってわがままで、それでしつこくお兄ちゃんの邪魔をして激怒されたんだろうなと。そういう意味では、潜在的な"殺意"はあったのではないかとか。

NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 S15#16『毒入りクッキー』 (FOX)

国税局についての陰謀説を聞いた時の、ニックの「一理あるな」という反応が実感こもってて笑いました。(笑)
アビーも見飽きたしスローンは不発な中で、孤軍奮闘癒し系なのは、やはりニックだと思います。(笑)
ていうかあのアジテーターの言うことはいちいちもっともに聞こえましたけどね、論理的には間違ってないから、怒るに怒れないというか。

STAR 夢の代償 S2#1『新たな一歩』&#2『デビューの行方』(新) (FOX)

なんかぬるっと始まっていて、先週はレビューし忘れました。
相変わらずスターはキレキレブラックコミュニティー(とショービス界)の妙なリアリティはびんびんで、何も変わらず好調で言うことがありません。
あとアレクサンドラは陰気で駄目だというのを、あの新社長が指摘してくれて嬉しかったです(笑)。役柄はともかくとして、正直キャストを交代して欲しいです。僕的に唯一の難点。
スターの特にガバハという豪快な笑い方は、あれは演技では出ないですよね、面白い(笑)。あの瞬間に何か、「ドラマ」と「現実」が繋がる感覚があります。


Posted on 2018/05/12 Sat. 09:46 [edit]

category: "今週の海外ドラマ"

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

’18.4月のAmazonプライムビデオ  

スカパードラマセット外の視聴の比重も増えて来たので、そちらについても"書き留め"記事を。
好きですね、書き留めるの。(笑)
「テレビ」と違って同時性を確保するのは難しい中、それでも何かの参考にと。Amazonプライムくらいなら、普通に会員になっている人も多いでしょうし。

ちょっと思い付いた時期が中途半端だったので、"'18.4月"と言いつつ3月末や今月見始めたのも入っています。


視聴中

『Banshee/バンシー』:シーズン1
『ニュースルーム』:シーズン1


視聴済み

『ヴァイキング ~海の覇者たち~』:シーズン5A
『The Good Fight/ザ・グッド・ファイト』:シーズン1
『シリコンバレー』:シーズン1~3
『ザ・テラー』:シーズン1


第1話だけ視聴

『ザ・ニック』:シーズン1
『マーベラス・ミセス・メイゼル』:シーズン1
『フィリップ・K・ディックのエレクトリック・ドリームズ』:シーズン 1
『ラウダーミルクの人生やり直し手伝います』:シーズン 1
『The Tick/ティック~運命のスーパーヒーロー~』:シーズン1


・・・改めて眺めてみると、スカパー、WOWOWは勿論、Huluの"お古"も多くて、さすが月額が安いだけはありますけど特に支障は無いです(笑)。どのみち当分"レビュー"までは手が回らないので、新しさを競うつもりはそもそも。
ただ"作品の一覧みたい"なことがしづらいのと、所謂「公式サイト」が無いのは特にオリジナル作品に関しては寂しい気がします。
"視聴中"と"視聴済み"は、当然僕のおすすめです。・・・あ、でも『ヴァイキング』はどうかな?最初は面白かったけど、今は結構惰性かも。


チャンネル銀河

こちらはスカパーですが、むしろ最近は"ドラマセット"よりも主役になりつつあります。

『クイーン・メアリー 愛と欲望の王宮』:シーズン1(米)
『大秦帝国 縦横 =強国への道=』(中)
『武則天-The Empress-』(中)
『三国志 Three Kingdoms』(中)
『百済の王 クンチョゴワン』(韓)

を視聴中。
華流や韓流(史劇)は、とにかく話数が多いので(50~100弱標準?)、一度ハマるとなかなか抜け出せません。(笑)
『大秦帝国』は面白いですよお。どういう"思想"で作られているのか、未だにちょっと把握し切れないくらい。人物造型の面白さは、時々『ゲーム・オブ・スローンズ』あたりにも迫る感。


ではまた来月。


Posted on 2018/05/10 Thu. 18:27 [edit]

category: 最近見た海外ドラマ

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

海外ドラマの監督たち(米国編) :1987年  

1987年

新スタートレック(1987) (日Wiki) (英Wiki)

シーズン1~
Corey Allen (6 episodes) ・・・(ヒルストリート・ブルース、ジェシカおばさんの事件簿)
Paul Lynch (4 episodes) ・・・(ジェシカおばさんの事件簿、こちらブルームーン探偵社)
Russ Mayberry (1 episodes) ・・・(人気家族パートリッジ、刑事コジャック、私立探偵マグナム、特捜刑事マイアミバイス)
Richard Colla (1 episodes) ・・・(白バイ野郎ジョン&パンチ、ジェシカおばさんの事件簿、冒険野郎マクガイバー)
Rob Bowman (14 episodes) ・・・(冒険野郎マクガイバー)
Cliff Bole (25 episodes) ・・・(冒険野郎マクガイバー)
James L. Conway (3 episodes) ・・・(冒険野郎マクガイバー)
Richard Compton (1 episodes) ・・・(ヒルストリート・ブルース、特捜刑事マイアミバイス、L.A.ロー 七人の弁護士)
Joseph L. Scanlan (4 episodes)
Michael Rhoades (1 episodes)
Kim Manners (1 episodes)
Mike Vejar (1 episodes) ・・・(冒険野郎マクガイバー)
Les Landau (20 episodes) ・・・(冒険野郎マクガイバー)
Win Phelps (1 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士)
Robert Becker (2 episodes)

シーズン2~
Winrich Kolbe (14 episodes) ・・・(白バイ野郎ジョン&パンチ、ナイトライダー)
Larry Shaw (1 episodes)
Robert Scheerer (9 episodes)
Robert Iscove (1 episodes) ・・・(特捜刑事マイアミバイス)

シーズン3~
Robert Wiemer (7 episodes)
Gabrielle Beaumont (7 episodes) ・・・(M*A*S*H、ヒルストリート・ブルース、アメリカン・ヒーロー、特捜刑事マイアミバイス、L.A.ロー 七人の弁護士)
David Carson (4 episodes) ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士)
Timothy Bond (2 episodes)
Jonathan Frakes (8 episodes)
Chip Chalmers (4 episodes) ・・・(特捜刑事マイアミバイス)
Robert Legato (2 episodes)
Tom Benko (2 episodes)

シーズン4~
Marvin V. Rush (1 episodes)
David Livingston (2 episodes)
Patrick Stewart (5 episodes)

シーズン5~
Robert Lederman (2 episodes)
Peter Lauritson (1 episodes)

シーズン6~
Alexander Singer (6 episodes) ・・・(逃亡者、ヒルストリート・ブルース、ジェシカおばさんの事件簿、冒険野郎マクガイバー)
Adam Nimoy (2 episodes)
Dan Curry (1 episodes)
LeVar Burton (2 episodes)

シーズン7~
Peter Lauritson (1 episodes)
Gates McFadden (1 episodes)
Jonathan West (1 episodes)


"FUZE"海外ドラマ特集のスタートレックの回で、「世界的な定説のひとつとして、「もし『スター・トレック』を見始めるなら、まず『TNG』のシーズン3から始めろ」という視点がある」という話が出ていましたが、実際通称"TNG"つまりこの『新スタートレック』は、序盤はちょっと古臭いんですよね。分別臭いというか。
それを表すように、監督の起用も序盤の方ほど、盛大に"キャリア"監督が使われているという傾向は見て取れますね。
後半ほど、新人に近い監督の割合が増えて来る。
中には"人気が無くて安い監督を使い始める"というパターンもありますが(笑)、この作品の場合ははっきりと後半(と以後のシリーズ)の方が人気があるので、やはり自由に作り始めて内容が充実したという、そっちのパターンでしょうね。

マックス・ヘッドルーム(1987) (日Wiki) (英Wiki)

Farhad Mann
Francis Delia
Janet Greek ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士)
Todd Holland
Victor Lobl ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士)
Maurice Phillips
Tommy Lee Wallace
Thomas J. Wright


なぜかWikiには脚本の方のクレジットしかなかったので、allcinemaの方のデータから。
"史上初のCGキャラ"とも言われるマックス・ヘッドルームを主役にした「新感覚のSFドラマ」で、監督も無名の新人を中心に起用されているらしい様子が窺えます。
今見ても面白いと思いますけどね。古くならない"新感覚"の、数少ない例というか。
元がイギリスの番組(ドラマではない)なので、そのひねくれたシビアなユーモアセンスが、時代と関係の無い機能の仕方をしているというのもあると思います。


Posted on 2018/05/08 Tue. 14:32 [edit]

category: 海外ドラマの監督たち(アメリカ編)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

今週の海外ドラマ(’18.4.28-5.4)  

大型テレビはまだ買ってませんが、買った場合に置けるように模様替えは済ませました。(笑)
でもまだ決めてません。(笑)
とりあえず新しい配置の新鮮味で、気が紛れている状態です。(笑)


クリミナル・マインド S10#9『宿命のナイフ』 (スーパードラマTV)

ロッシの娘
"離婚歴"を誇っていたので今更感もありますが、これで終わりではないんでしょうね、また出て来そう。
ありそうなのは、それきっかけでのロッシの退職とか。

BLACKLIST/ブラックリスト S5#14『ローリー・シンクレア三世』 (スーパードラマTV)

結局スパドラのホームページのエピソードガイドは放送に間に合わず
何やってるんだ。"スタッフ"(監督・脚本)を書くようになったから張り切ってるのかと思いましたが、単に試行錯誤しているのかな?(笑)
今回は久しぶりに、"ブラックリスト"らしいブラックリスト。"特殊メイクで顔を似せる"というのは少し原始的な感じもしますし、いちいちダミーを殺すというのも凄く効率が悪い気がしましたが。
逆にそれが無ければ、顧客は「普通」の人なので、そんなに"ブラック"でもないのかも知れませんね。

CSI:サイバー S2#9『告白の行方』 (AXN)

レイプ被害のもみ消しというのは"ハッキング"の中でも最低レベルの仕事には感じましたが、最終的には"改心"に納得していい人っぽく終了。
それにしてもあちこちのドラマで出て来る「大学構内の性犯罪」というのは、いい加減大学というシステム自体に一定の変更を要求されそうなレベルには感じますが。「男女七歳にして席を同じうせず」というか。(笑)
"大学"というシステムにある種の「フリーセックス」性があるのは確かなんでしょうが、実際に問題なのはその閉鎖空間での"権力"関係の固定ですかねえ。まあ"いじめ"全般と同じことかも知れません。

ハッピー・バレー 復讐の町 S1#1『エピソード1』(新) (スーパードラマTV)

スパドラがリメイクでもないイギリスのドラマをやるのは珍しい気がしますが、それだけどうも"駒"が不足しているのかなというそういう印象ではあります。「ネットワークドラマ」の危機というか。
ただ面白いですねこれ。
イギリス的なねじくれたユーモアと、でもそこまで"イギリス"的でない見易さもあって。
主人公の"復讐"の相手と、"出所したばかり"の誘拐犯が同一人物だということに、しばらく気が付きませんでした。"少女のレイプ犯"ということで、もっとおっさん(笑)を想像してたからだと思いますが。
犯人の片方の馬鹿さには、別に応援しているわけではないですが単純な怒りを感じましたね(笑)。もっとしっかり犯罪せえ。(笑)


LAW & ORDER:性犯罪特捜班 S19#4『無邪気な悪意』 (FOX)

事件の"解決"は爽やかで少しほろっとしましたが、オリビアの養子の話は毎度鬱。もうほっといてあげようよ。(笑)
被害者は多分、犯人を許しますね。簡単に言えば"好きだから"やっちゃったということで、場合によっては付き合っちゃうんじゃないかという勢い。

NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 S15#15『探偵の手腕』 (FOX)

すんごい新キャラ出て来ましたが、今後関わって来るんでしょうか。
魅力はあるけど、あんまり"NCIS"的ではない気も。
基本は勧善懲悪で、"国益"関係以外の「悪」は、あんまり魅力的には描かないですよねこのドラマは。
ただこの前言ったように今シーズンの「心理学」の新たな関わりもあり、少し複雑な価値観を入れようとしている可能性もなくはないかなと。

主任警部アラン・バンクス S2#5&#6『罪深き正義』(終) (AXNミステリー)

いやあ、モートンいいわ。
十分このままシリーズ続行でいいですが、アニー完全復活でのバチバチも見てみたい。(笑)
容疑者に「男嫌いの女」呼ばわりされてましたが、割りとこう、"いじめられる"存在ですよね。誰にというより"脚本家"に(笑)。監督かも知れませんけど。またそれが映える。(笑)
いやあ、楽しい
とりあえず終わりてすけど。


Posted on 2018/05/05 Sat. 18:20 [edit]

category: "今週の海外ドラマ"

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

最近のAmazonプライムな日々  

定期的に書きたくなる、海外ドラマ生活日記。(笑)


『グッド・ファイト』『シリコンバレー』『バンシー』を見ている(見た)という話は既にしましたが、それ以外にもちょこちょことお試しはしています。みんながみんな、2話以降も見たくなる作品というわけではないんですが、楽しいは楽しいですし概ね期待通りの充実感の作品ではあると思います。(だから見たいとは限らないですけど(笑))

とりあえず「配信でドラマを見る」という行為自体にはすっかり慣れて、だから(スカパー)"ドラマセットと手を切ることも考えている"なんて発言も飛び出したわけですが。

言った手前というか勢いで、改めて"Hulu""U-NEXT"という大手二つのラインアップを覗いてみたんですが・・・。
ちょっと期待外れでしたかね、どっちかというと。
"期待外れ"というのは、「面白そうなドラマが無い」ということではなく。いや、あるのか無いのかはともかく、要は「今までスカパーで見ていたような作品も、配信で問題なく見られるのか」ということ。両方で見られる作品がいくつもあるのは知ってましたし、『BONES』のファイナルシーズンなんかは確かスカパーより先にHuluでやっていた記憶があるので、余裕で代用出来るんじゃないかと思ったんですけどそうでもなかった。

今見ている中では例えば『ブラックリスト』の最新シーズンも『CSIサイバー』もスカパーでしか見られないですし、特に『サイバー』の方は見られるようになるのかどうかも怪しい。『ブラックリスト』は人気作なのでいつかは見れそうですけど。『サイバー』はどちらかというとAmazonプライムの方でなら、見られるようになる可能性はありそうかな?
いずれにしてもなんだかんだ、新作はスカパーの方が迅速確実みたいで、"迅速"にはそんなにこだわらないにしても"確実"の方はちょっと気になる。どのみち見たことのない面白い作品はあちこちにあるんでしょうけど、本来スカパーで"見られたはず"の作品が見られないというのは、何とも悔しい。(笑)

まあ価格面では太刀打ち出来ない以上、そこらへんはスカパー(衛星放送)の方も、頑張って付加価値を確保しようとしているんだろうなという。
"速い/遅い"というよりは、やはり「テレビ」でやったもののしかも一部を配信が再利用するという"下請け"的関係性は、オリジナル含む一部の作品以外では、当分健在なのかなと。(この場合NETFLIXとかは最初から別で考えてます)
勿論この前も言ったように、AXNミステリーでやっているようなイギリス・ヨーロッパ系の作品は、Hulu/U-NEXTとかではほぼやらないでしょうし、最近ハマっている(笑)チャンネル銀河の歴史ドラマなんかも、一部を除いて望み薄でしょうね。
だから"代用"というのはまだまだ難しくて、"最初からHuLu"みたいな世代の人は知らぬが仏でそれでいいでしょうけど、スカパーを"知って"しまっている僕ら世代だと、なかなかまだ配信サイトのラインアップを信頼は出来ない感じ。少なくともスカパーと同レベルでは。


ただいかんせん高いですよねスカパーは。
特にその"網羅性"という強みを活かす為に、沢山のチャンネルを契約しようとすると、とんでもない値段になる。最近はスターチャンネルを筆頭に、映画系のチャンネルもよく渋いドラマやってますし。気になるわあ。(笑)
だから"プレミアム15"はプレミアム15でいいんですけど、それよりも「スカパーで放送されている全ての海外ドラマが見られるセット」みたいのを、作るべきではないかと。本気で配信に対抗したいなら。疑似"定額見放題"というか。

値段は例えば、それこそプレミアム15と同等(現在税抜き3,124円)くらいにして。
高い安いもそうなんですけど、何と言っても分かり易いですよねその方が。
これなら「Huluで海外ドラマに目覚めた若い人」なんかも、もう一つ配信サイトを追加契約する感覚で、"スカパーオンデマンドを契約する"という行動を取る可能性が高まるのではないかと。
今は「スカパーを契約する」というハードルの上に、その中で更に海外ドラマを探すという二重のハードルがあるので、なかなか億劫でしょう。各チャンネルが頑張っている「目玉作品」の情報自体、そもそも外に伝えるのが難しいですし、"あれを契約すればとりあえず全部見られる"というシステムがある方が、ずっといいだろうと思います。ていうか僕が欲しい。(笑)

技術的にはドラマ専門チャンネル以外のドラマを、いかに"それだけ"見られるようにするかが少し難しいかな?
全部見られてもいいのかも知れないけど、今の価格体系だと特にスターチャンネルがかなり独立路線なのでね、"プレミアム15"にも入ってないし。あとはWOWOW(チャンネル)か。この両巨頭が問題。


ぶっちゃけ"暇潰し"的意味合いだけでなら、Amazonプライムだけでも時間が足りないくらいですね。
ただ"見たい"作品がスカパーにもあるから、見たいということで。ただそれは"知らなければ"見てくれないわけで。値段はどのみち勝てないでしょうけど、せめて利便性をもう少し。"内輪"で競争している場合じゃないんじゃないかという。

ちなみに配信サイトどうしの比較で言うと、やはりAmazonプライムのシステムが一番巧妙かなと。
例えばHuluの月額980円と比べると、月額400円ないし年額3900円とかなり安いですが、ほとんどの人が年額契約するでしょうから取りっぱぐれはし難い。でもHuluだと"ドラマ"しか用途が無いのもあって、見たいものがあった時に集中して見て、それ以外の月は休眠会員になる人が多いんじゃないですかね。プライムだとほんとに、"会員継続"自体にストレスが無い。"月会費"制って結構気になりますよね(笑)。僕がケチなだけかも知れませんが。

スカパーなら"放送スケジュール"が決まってるので、そこはもう、諦めがつくんですけど。


という感じでどうにもAmazonプライムに取り込まれつつある僕ですが、不満というか悩みが無いわけでもなく。
何というか・・・やっぱり"テレビ"ではないんですよね、"ドラマ"ではあっても。まとめて「TVドラマ」ではない。
「放送スケジュール」に従って見る"受け身"な感じがTVドラマの実は結構味だという話は何回もしてますが、それはまあ余りにマイナーなこだわりだとしても、やはりどうも、従来の"TVドラマ"に比べて「映画」を見ている感覚に近いのは、どうしても否定出来ない。
「集中」して見ないといけない感じになりがちというのは"いいこと"でもあるのかも知れないですけど、特に段々"スクリーン"とまでは言わないけれど大きな画面で見たくなって来てしまったのは、困ったなあと思っています。
特に野外シーンが多いドラマは危険ですねえ。田舎とか、自然とか。
田舎町の話『バンシー』も結構来るんですけど、もう一つ見ている北極探検隊の話『ザ・テラー』が相当やばいです。毎話大きいテレビを買いたくなる衝動と戦っています。(笑)

いやあ、駄目だって。置き場所無いしさ。そもそも自慢じゃないですけど、既に4つもテレビ持ってて駆使している状態なんですよね。(笑)
大雑把に言って地デジ用、スカパー用、配信用、ゲーム用ですけど。(本当は少し違う)
どれも全然壊れてないし、とにかく駄目。駄目だってば!(笑)

でも欲しい・・・。
やっぱりちょっと、従来のテレビドラマとは撮り方の違う作品が増えてるんでしょうね。そんな無闇に映画っぽく見えているわけではないんですが、それでも空間感が普通のテレビの枠には収まり難くなっている。
ピンチです。(笑)


こんな感じで嬉しい悲鳴を上げ続けている感じですが、それでもまだNETFLIXは"自粛"して手を付けてない状態ですからね。ほんの2,3年前には、こんなブーム"が来るとは思ってもいなかった(来ても自分とは関係無いか、むしろネガティブな現象だと思っていた)。嬉しいけどどうも、色々と変質は起きている。
"死ぬまで"見るとして、これからまたどうなるんだろうという。

とりあえずだから"スカパー切り"は、まだ出来ないしない感じですけと。
"アルティメット・ドラマセット"は、ほんとに作って欲しいですけど。(笑)


Posted on 2018/05/01 Tue. 19:43 [edit]

category: 最近見た海外ドラマ

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示