死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

海外ドラマの監督たち(イギリス編) :2011年  

2011年

脳外科医モンロー[MONROE](2011)

Series 1 (2011)~
Paul McGuigan ・・・(SHERLOCK (シャーロック))
David Moore

Series 2 (2012)~
Damon Thomas
Brian Kelly ・・・(リンリー警部 捜査ファイル、秘密情報部トーチウッド、オックスフォードミステリー ルイス警部、ダウントン・アビー)




誘拐交渉人[KIDNAP AND RANSOM](2011)

Andy Wilson ・・・(心理探偵フィッツ[英国版]、刑事ヴァランダー)
David Drury ・・・(第一容疑者、法医学捜査班 silent witness、オックスフォードミステリー ルイス警部)




Silk 王室弁護士マーサ・コステロ(2011) (英Wiki)

Series 1 (2011)~
Peter Moffat (13 episodes)
Steve Thompson (1 episodes)

Series 2 (2012)~
Debbie O'Malley (1 episodes)

Series 3 (2014)~
Mick Collins (1 episodes)
Colin Teevan (1 episodes)
Christian Spurrier (1 episodes)


主人公の女性弁護士が「正義感が強くて感じ悪い」という何とも変わった役(ただ"変わっている"という描写ではない)の個性的な作品でしたが、ほぼ"Peter Moffat"という監督一人の作品のようですね。
そりゃそうだよねという感じです。"本人"じゃないとなかなか出せないだろうバランスというか。


シャドウ・ライン(2011) (英Wiki)

Hugo Blick


こちらも「法の支配という前提を守るギリギリのラインまで受け入れる現実としての"悪"」というきわどいバランスの作品で、一人の監督がやっているのは納得感があります。
結構最後の最後まで、世界観が確定しない感じの難しい作品でした。面白かったです。


ケース・センシティブ 静かなる殺人(2011) (英Wiki)

Series 1 (2011)~
Charles Martin (2 episodes)

Series 2 (2012)~
John Strickland (2 episodes) ・・・(メグレ警部、華麗なるペテン師たち、ホワイトチャペル)


こっちはまあ、"シーズン"と言っても各二話(というか前後編)しかないので、実質は一つのドラマシリーズの中の2エピソードという感じでそこまでの緊張感は。


ウィッチャーの事件簿(2011) (英Wiki)

James Hawes ・・・(ドクター・フー、魔術師マーリン、主任警部アラン・バンクス)
Chris Menaul ・・・(ホミサイド 殺人捜査課)
Geoffrey Sax
David Blair


こちらは一応一人の人物の大きな一つのストーリーではありますが、作りとしては一話完結の四本の連作を、四人の監督が競作した形。
違い・・・あったかなあ(笑)。まあ原作の世界観の方が、結果的に主役になってるんでしょうね、なまじ散らしたからというのもあって。


ヴェラ 信念の女警部(2011) (英Wiki)

Series 1 (2011)~
Adrian Shergold (1 episodes) ・・・(主任警部モース、フロスト警部)
Peter Hoar (2 episodes)
Farren Blackburn (1 episodes) ・・・(法医学捜査班 silent witness、生存者たち、刑事ジョン・ルーサー)
Paul Whittington (2 episodes) ・・・(ワイヤー・イン・ザ・ブラッド 血の桎梏、主任警部アラン・バンクス)

Series 2 (2012)~
Ed Bazalgette (1 episodes) ・・・(主任警部アラン・バンクス)
Julian Holmes (1 episodes)

Series 3 (2013)~
Will Sinclair (3 episodes)
Paul Cotter (1 episodes)
Dušan Lazarević (1 episodes)
Thaddeus O'Sullivan (2 episodes) ・・・(法医学捜査班 silent witness)

Series 4 (2014)~
Daikin Marsh (2 episodes) ・・・(ニュー・トリックス 退職デカの事件簿)
David Richards (1 episodes) ・・・(法医学捜査班 silent witness、刑事フォイル、主任警部アラン・バンクス)

Series 5 (2015)~
Marek Losey (2 episodes) ・・・(法医学捜査班 silent witness、主任警部アラン・バンクス)
Stewart Svaasand (1 episodes) ・・・(法医学捜査班 silent witness)

Series 6 (2016)~
Jill Robertson (1 episodes)
Jamie Childs (2 episodes)
Paul Gay (3 episodes)

Series 7 (2017)~
Louise Hooper (1 episodes)
Lee Haven Jones (1 episodes)
John Hayes (1 episodes)

Series 8 (2018)~
David Leon (1 episodes)
Chris Baugh (1 episodes)
Lee Haven-Jones (1 episodes)

Series 9 (2019)~
Lawrence Gough (1 episodes)
Carolina Giammetta (1 episodes)
Declan O'Dwyer (1 episodes) ・・・(ワイヤー・イン・ザ・ブラッド 血の桎梏、魔術師マーリン、ビーイング・ヒューマン)


現在も制作続行中の人気作ですが、監督起用については傾向が無いのが傾向という感じ。
重点的な監督がいるわけでもないし、キャリア重視とも新人抜擢型ともどちらとも言えないし、作品自体も正直僕はこれといった個性を感じられなかったので、その印象通りと言えば印象通り
"法医学捜査班 silent witness""主任警部アラン・バンクス"が目立ってはいますが、『silent witness』はそもそも新人監督の練習用みたいな位置づけのフラットなシリーズですし、『アラン・バンクス』もキャラと原作が面白いだけで演出的な特徴は特にないということを、前回言ったばかりですよね。
ピンと来なかったけどなあ。人気あるのかなあ。(笑)


以上。


スポンサーサイト



Posted on 2019/10/28 Mon. 20:34 [edit]

category: 海外ドラマの監督たち(イギリス編)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

海外ドラマの監督たち(中国編) 2012年(2)  

2012年(2)

白髪魔女伝[新白髪魔女伝](2012) (ぽすれん) (百度)

監督 黄仏杰


天涯明月刀[天涯明月刀](2012) (ぽすれん) (百度)

監督
頼水清(ライ・シュイチン)
高先明
黄仏杰
蕭碧村


ファンタジー系二つ。


紫檀王[紫檀王](2012) (百度)

監督 沈燕林


孤軍英雄[孤軍英雄](2012) (百度)

監督 孟凡


日中戦争時代もの二つ。


先に結婚後から恋愛[先結婚後恋愛](2012) (百度)

監督 徐耿


独り身の男[大男当婚](2012) (百度)

監督
孫皓
張暁波


CCTV現代おじさんもの二つ。


ラブ・アクチュアリー 君と僕の恋レシピ[愛的蜜方](2012) (ぽすれん) (百度)

監督 林合隆(リン・ハーロン)


幸せのラブ・ステップ[加油媽媽][幸福媽媽](2012) (ぽすれん) (百度)

監督 張自強(チャン・ツーチャン)


民放現代ヤングもの二つ。


たまたまでしょうけど、初めてのノー前歴監督のみによる回になりました。


Posted on 2019/10/25 Fri. 11:04 [edit]

category: 海外ドラマの監督たち(中国編)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

海外ドラマの監督たち(イギリス編) :2010年  

2010年

ダウントン・アビー(2010) (英Wiki)

Series 1 (2010)~
Brian Percival (6 episodes)
Ben Bolt (2 episodes) ・・・(ヒルストリート・ブルース、L.A.ロー 七人の弁護士、法医学捜査班 silent witness、孤高の警部 ジョージ・ジェントリー)
Brian Kelly (4 episodes) ・・・(リンリー警部 捜査ファイル、秘密情報部トーチウッド、オックスフォードミステリー ルイス警部)

Series 2 (2011)~
Ashley Pearce (2 episodes) ・・・(ダルジール警視、法医学捜査班 silent witness)
Andy Goddard (5 episodes) ・・・(ワイヤー・イン・ザ・ブラッド 血の桎梏、秘密情報部トーチウッド)
James Strong (2 episodes) ・・・(法医学捜査班 silent witness、華麗なるペテン師たち、秘密情報部トーチウッド、ボーンキッカーズ 考古学調査班)

Series 3 (2012)~
Jeremy Webb (2 episodes) ・・・(S.A.S.英国特殊部隊、魔術師マーリン)
David Evans (6 episodes) ・・・(生存者たち、ホワイトチャペル)

Series 4 (2013)~
Catherine Morshead (5 episodes) ・・・(法医学捜査班 silent witness)
Philip John (2 episodes) ・・・(刑事ヴァランダー)
Ed Hall (2 episodes)
Jon East (1 episodes) ・・・(法医学捜査班 silent witness、ニュー・トリックス 退職デカの事件簿、ホワイトチャペル)

Series 5 (2014)~
Minkie Spiro (5 episodes) ・・・(ダルジール警視、ニュー・トリックス 退職デカの事件簿、華麗なるペテン師たち)
Philip John (4 episodes) ・・・(ワイヤー・イン・ザ・ブラッド 血の桎梏、ニュー・トリックス 退職デカの事件簿、ビーイング・ヒューマン)
Michael Engler (4 episodes) ・・・(シカゴ・ホープ、セックス・アンド・ザ・シティ、ザ・ホワイトハウス、シックス・フィート・アンダー、デッドウッド)


2010年代に新たにイギリスドラマの存在を世界にアピールしたダウントンアビー。
"Brian Percival"という人が多分最初にフォーマットを作った感じですが、ただそれを基に監督はとっかえひっかえ、むしろシーズンごとに意図的に中心人物を変えている感じで、どういう意味があるのかよく分かりませんが意外でした。
"職人的"と見せかけた"ファクトリー"という、ある種の業界の底力を見せた格好にはなっているかも知れません。


主任警部アラン・バンクス(2010) (英Wiki)

Series 1 (2010-11)~
James Hawes (2 episodes) ・・・(ドクター・フー、魔術師マーリン)
Paul Whittington (2 episodes) ・・・(ワイヤー・イン・ザ・ブラッド 血の桎梏)
Bill Anderson (2 episodes) ・・・(刑事タガート、法医学捜査班 silent witness、オックスフォードミステリー ルイス警部、孤高の警部 ジョージ・ジェントリー)
Marek Losey (2 episodes) ・・・(法医学捜査班 silent witness)

Series 2 (2012)~
Robert Murphy (2 episodes)
Rob Williams (2 episodes)
Andrew Payne (2 episodes)

Series 3 (2014)~
Bill Eagles (2 episodes) ・・・(捜査官クリーガン)
Ed Bazalgette (2 episodes)
Stephen Woolfenden (2 episodes)

Series 4 (2015)~
David Richards (2 episodes) ・・・(法医学捜査班 silent witness、刑事フォイル)
Craig Pickles (4 episodes)
Kenneth Glenaan (2 episodes)

Series 5 (2016)~
Robert Quinn (2 episodes)
Mark Brozel (2 episodes)


特にキャラクターに魅力があって面白かったですけど、見ながら感じていたように作り方に特別なものはなくて、多分原作を素直に映像化することに徹した感じですかね。
監督は最初は寄せ集めで、後半は新人メイン、ただそれによる変化は特には感じませんでした。


ザ・ディープ 深海からの脱出(2010) (英Wiki)

Jim O'Hanlon (5 episodes)


刑事トム・ソーン 声なき目撃者臆病な殺人者(2010) (英Wiki)

Stephen Hopkins (3 episodes) ・・・(24 -TWENTY FOUR-)
Benjamin Ross (3 episodes)


ミニシリーズ二つ。
"Stephen Hopkins"はちゃんと確認しましたが、本当に(初期)『24』の人です。
『アビー』の方にもアメリカ人材がちらちらしてますし、ここらへんになるともう本当にそういうことが当たり前になりつつあったんでしょうね。


刑事ジョン・ルーサー(2010) (英Wiki)

Series 1 (2010)~
Brian Kirk (2 episodes)
Sam Miller (10 episodes)
Stefan Schwartz (2 episodes) ・・・(華麗なるペテン師たち)

Series 3 (2013)~
Farren Blackburn (2 episodes) ・・・(法医学捜査班 silent witness、生存者たち)

Series 5 (2019)~
Jamie Payne (4 episodes) ・・・(ニュー・トリックス 退職デカの事件簿、生存者たち)


黒人刑事を主人公とする評価の高いシリーズ。
"Sam Miller"という人がかなり個人的な作家性を発揮しながら作っているようですね。


SHERLOCK (シャーロック)(2010) (英Wiki)

Series 1 (2010)~
Paul McGuigan (4 episodes)
Euros Lyn (1 episodes) ・・・(ドクター・フー、秘密情報部トーチウッド、孤高の警部 ジョージ・ジェントリー)

Series 2 (2012)~
Toby Haynes (1 episodes) ・・・(刑事ヴァランダー、ビーイング・ヒューマン)

Series 3 (2014)~
Jeremy Lovering (2 episodes)
Colm McCarthy (1 episodes) ・・・(華麗なるペテン師たち)
Nick Hurran (2 episodes) ・・・(ボーンキッカーズ 考古学調査班)

Special (2016)~
Douglas Mackinnon (1 episodes) ・・・(刑事タガート、法医学捜査班 silent witness、アッシュ&スクリブス ロンドン邸宅街の殺人)

Series 4 (2017)~
Rachel Talalay (1 episodes) ・・・(捜査官クリーガン)
Benjamin Caron (1 episodes) ・・・(刑事ヴァランダー)


人気のイケメンシャーロック。
僕は最初しか見てないんですが、毎シーズン3話ずつしかないという作りが変わってますね。
最初からそう決めていたようで、こういうのは監督がどうというよりも"プロデューサー"の作品という事でしょうね。良くも悪くも「企画」物。


Posted on 2019/10/21 Mon. 12:12 [edit]

category: "今週の海外ドラマ"

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

海外ドラマの監督たち(中国編) : 2012年(1)  

2012年(1)

三国争乱 春秋炎城[春秋淹城](2012) (ぽすれん) (百度)

監督 嘉娜・沙哈提(ジャーナ・シャハティ)


監督はウィグル人女性。
特に"ウィグル"は感じなかったですが(笑)、春秋時代の小国を舞台にした、"壺中天"的な独特の雰囲気の作品ではあります。


項羽と劉邦 King's War[楚漢伝奇](2012) (ぽすれん) (百度)

監督 高希希(ガオ・シーシー) ・・・(三国志 Three Kingdoms)


王の女たち もうひとつの項羽と劉邦[王的女人](2012) (ぽすれん) (百度)

監督
成志超
胡储璽


「項羽と劉邦」二つ。一つ目はまあ概ね正統派、二つ目は僕が見た1,2話では「女たち」が特に活躍していなかったので、正直よく分からないです。


二人の王女[太平公主秘史](2012) (ぽすれん) (百度)

監督 李翰韬(リー・ハンタオ) ・・・(飛刀問情、碧血剣)


唐(武周)の時代の則天武后の娘たちの話。
これもよく分からなかったですけど、武侠の監督だからそういう展開をするんでしょうか。


傾城の雪[美人如画](2012) (ぽすれん) (百度)

監督
李慧珠(リー・フイチュー) ・・・(織姫の祈り、則天武后 美しき謀りの妃、宮 パレス 時をかける宮女)
鄧偉恩 ・・・(宮廷女官 若曦)


絢爛たる一族 華と乱[木府風雲](2012) (ぽすれん) (百度)

監督 于栄光(ユー・ロングァン)


明の時代の二作品。
李慧珠さんはプロデューサーである于正のお気に入りの監督ですが、もう一方の鄧偉恩さんは何とその于正が宮パレスでパクった若曦の監督。(笑)
絢爛たる一族は雲南木府という独特の地域の王権についての作品ですが、監督はメイン級の出演者でもあるので多分この人のこだわりで作ったんですね。


宮廷の泪 山河の恋[山河恋之美人天泪](2012) (ぽすれん) (百度)

監督 梁勝権(リャン・ションチュアン) ・・・(天使の約束、射鵰英雄伝'08、四人の義賊 一枝梅、織姫の祈り、画皮 千年の恋)


宮 パレス2 恋におちた女官[宮鎖珠簾](2012) (ぽすれん) (百度)

監督
李慧珠(リー・フイチュー) ・・・(織姫の祈り、則天武后 美しき謀りの妃、宮 パレス 時をかける宮女)
鄧偉恩 ・・・(宮廷女官 若曦)


清の時代の二作品。
鄧偉恩さんはついに宮パレス本体に進出。(笑)


Posted on 2019/10/17 Thu. 12:26 [edit]

category: 海外ドラマの監督たち(中国編)

thread: 中国ドラマ - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

海外ドラマの監督たち(イギリス編) :2009年  

2009年

ホワイトチャペル(2009) (英Wiki)

Series 1 (2009)~
S. J. Clarkson (3 episodes) ・・・(Dr.HOUSE)

Series 2 (2010)~
David Evans (3 episodes) ・・・(生存者たち)

Series 3 (2012)~
John Strickland (1 episodes) ・・・(メグレ警部、華麗なるペテン師たち)
Richard Clark (1 episodes) ・・・(法医学捜査班 silent witness)
Jon East (3 episodes) ・・・(法医学捜査班 silent witness、ニュー・トリックス 退職デカの事件簿)

Series 4 (2013)~
Daniel Nettheim (1 episodes)


こちらにもDr.Houseの監督が入っていて、そういう"英米交流"が目立ち始めているのはネット配信の越境力の影響などもあるのかなという感じ。
作品としては、統一感のあったシーズン1,2に対して、急に普通の刑事ドラマ的雑種化が始まったなという印象がシーズン3にはあったので、監督人事もそれを裏付けている感じ。


Posted on 2019/10/11 Fri. 12:59 [edit]

category: 海外ドラマの監督たち(イギリス編)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

海外ドラマの監督たち(中国編) : 2011年(2)  

2011年(2)

始皇帝 勇壮なる闘い[大秦直道](2011) (ぽすれん) (百度)

監督 蕭鋭(シャオ・フォン)


孫子≪兵法≫大伝[孫子大伝](2011) (ぽすれん) (百度)

監督 劉心剛(リウ・シンガン) ・・・(恋・愛・都・市 恋がしたい、五星大飯店)


一見すると硬派な"歴史物"二つですが、『孫子≪兵法≫大伝』は何と完全に現代劇の監督の作品。どうりで。見た時の違和感の理由が分かりました。
『始皇帝 勇壮なる闘い』の方も、狙いとしてはシリアスでハードな内政もの権力闘争ものなんですが、やはり時代的限界かどこか軽くて、2000年代初頭までの中国ドラマが持っていたような"本格感"は、もう出せないのかなという感じ。


孔子[孔子春秋](2011) (ぽすれん) (百度)

監督
張黎(チャン・リー) ・・・(大明王朝 嘉靖帝と海瑞、移ろいゆく歩み 内戦におけるある兄弟たちの命運)
劉淼淼(リュウ・ミョウミョウ)


恕の人 孔子伝[孔子](2011) (ぽすれん) (百度)

監督 韓剛(ハン・ガン)


孔子もの二つ。
『孔子』は個人としての孔子の情念に焦点を当てたらしい、独特の暗い作品で、監督を見るとなるほどなという感じ。続きも見てみようかな。
『恕の人 孔子伝』は現代と古代が交錯する構成の少し韓流っぽい印象の作品でしたが、監督の名字はたまたまのようです。(笑)


聊斎志異 梅女[聊斎3](2011) (ぽすれん) (百度)

監督
陳亜洲(チェン・ヤージョウ)
黄祖権 ・・・(碧血剣)
金鳌勲 ・・・(封神演義 逆襲の妲己)
黄偉明 ・・・(レジェンド・オブ・フラッシュ・ファイター 書剣恩仇録、天使の約束、射鵰英雄伝'08)


画皮 千年の恋[画皮](2011) (ぽすれん) (百度)

監督
高林豹
梁勝権 ・・・(天使の約束、射鵰英雄伝'08、四人の義賊 一枝梅、織姫の祈り)


古典小説を基にしたファンタジーストーリー二つ。
天使の約束&射鵰英雄伝'08の監督がそれぞれ関わっているのは偶然なのか、同じ流れの企画なのか。


水滸伝[水滸伝](2011) (ぽすれん) (百度)

監督 鞠覚亮(ジュ・ジャオリァン) ・・・(射鵬英雄伝'03、天龍八部'03、侠影仙踪、侠骨丹心、ラストロマンス 金大班)


七侠五義[七侠五義 人間道](2011) (ぽすれん) (百度)

監督 李恵民(レイモンド・リー) ・・・(始皇帝暗殺 荊軻、流星胡蝶剣)


萍踪侠影[新萍踪侠影](2011) (ぽすれん) (百度)

監督
李恵民(レイモンド・リー) ・・・(始皇帝暗殺 荊軻、流星胡蝶剣)
白雲黙(バイ・ユンモー) ・・・(流星胡蝶剣)


武侠系三つ。
『水滸伝』は水滸伝、『七侠五義』は"名裁判官・包丞"という共に古くから大衆に親しまれてきたストーリーを、"武侠"化した作品、『七侠五義』と『萍踪侠影』は監督が同じという共通点が、それぞれありますね。


2011年は以上。


Posted on 2019/10/09 Wed. 21:49 [edit]

category: 海外ドラマの監督たち(中国編)

thread: 中国ドラマ - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

海外ドラマの監督たち(中国編) : 2011年(1)  

2011年

宮廷劇系

それっぽいのを集めてみたら、何とこの年7本もありました。
宮廷劇ビッグバン。

宮廷の諍い女[甄嬛伝](2011) (ぽすれん) (百度)

監督 鄭暁龍(ジョン・シャオロン)


王の後宮[后宮](2011) (ぽすれん) (百度)

監督
黄建勲(ホー・リーピン)
何麗萍(ファン・ジェンシュン)


傾城の皇妃 乱世を駆ける愛と野望[傾世皇妃](2011) (ぽすれん) (百度)

監督
梁辛全
林峰(リン・フォン) ・・・(怪盗 楚留香、大唐游侠伝)


"神(かみ)劇"『諍い女』の監督は、キャリアはそれなりにありますが過去に特に有名作は無い模様。意外。
そもそもその後の監督作『ミーユエ』とのギャップを相当に感じるので、よく分かりませんが必ずしも"監督"の比重の高い作品ではないのかなと何となく。


武則天秘史[武則天秘史](2011) (ぽすれん) (百度)

監督 澄豊(チョン・フォン)


則天武后 美しき謀りの妃[唐宮美人天下](2011) (ぽすれん) (百度)

監督
李慧珠(リー・フイチュー) ・・・(織姫の祈り)
麦貫之


武則天(則天武后)もの二つ。


宮 パレス 時をかける宮女[宮鎖心玉](2011) (ぽすれん) (百度)

監督 李慧珠(リー・フイチュー) ・・・(織姫の祈り)


宮廷女官 若曦(じゃくぎ)[歩歩驚心](2011) (ぽすれん) (百度)

監督
呉錦源(ウー・ジンユアン) ・・・(射鵰英雄伝'08、四人の義賊 一枝梅、美人心計 一人の妃と二人の皇帝)
林玉芬 ・・・(天使の約束、射鵰英雄伝'08、江湖の薔薇、織姫の祈り)
鄧偉恩


『美しき謀りの妃』と『宮 パレス』を、"于正P&李慧珠D"ものということでまとめる方法もありますが、やはりどちらかというと"同一アイデア"ものということでこの二つをまとめた方がいいでしょう。(笑)
ちなみに今更ですが、『若曦』をパクったのが『パレス』です。(笑)


現代劇系

鋼鉄世代 新中国の工業化に尽くす製鉄所の人々[鋼鉄年代](2011) [中Wiki]

監督 孔笙 ・・・(遥かなる北の大地へ)



風にはためく五星紅旗[五星紅旗迎風飄楊](2011) (百度)

監督 王暁明


第二次大戦終了直後の、中国人核科学者たちを描いた作品。

青春旋律[青春旋律](2011) (ぽすれん) (百度)

監督 桑華


いつか王子様が[銭多多嫁人記](2011) (ぽすれん) (百度)

監督 王小康(ワン・シャオカン) ・・・(運命のまなざし)


こっちの二つは純然たる現代物。


(2)につづく。
この年はあと9本もあります。


Posted on 2019/10/05 Sat. 08:26 [edit]

category: 海外ドラマの監督たち(中国編)

thread: 中国ドラマ - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

’19.9月の米英ドラマ  

アメリカ

『プルーブン・イノセント 冤罪弁護士』(2019) FOX (英Wiki)

冤罪案件専門の弁護士という比較的ユニークな題材ですが、作りとしては普通のエンタメ作品なので、それにしては最初に提示すべき"快楽"ショボいと思います。主人公側の弱みを最初から描き過ぎ。(またはそれに負けない魅力が無い)
ここらへんは、先月の『Dr.M/救命救急医の殺人ライフ』と同じですね。ミニシリーズで話数に限りがあって急いで事情を説明する必要もあったDr.Mに対して、こっちは普通の連ドラのようなので、より問題だと思います。


『JETT/ジェット』(2019) スターチャンネル (英Wiki)

スタイリッシュでダークな犯罪者ものですが、主演女優に新鮮味が無さ過ぎるんじゃないかなと思ってたら、やっぱりそんな感じでした。そんな(設定程)いい女かあ?という。
このカーラ・グギノさんて人、『シカゴ・ホープ』('94)の時代から見てますからね僕。昔は結構可愛かったですけど。

カーラ・グギノ

最近また人気あるんですかね。
別の所でも"セクシー"な役で出ているのを見た記憶はありますが。
僕はちょっと、駄目でした。おばちゃんやんとしか思えなくて。それによって、ストーリーの説得力が。


『THE BLACKLIST/ブラックリスト』S6(2019) (スーパードラマTV) (英Wiki)

次シーズンへの謎を残して終了。今季もきっちり面白かったです。
一つの言い方ですが、多分この作品は「ネットワークドラマ最後の傑作」なのではないかなと。
もう全般元気が無いですから。再三言うように、十分にはったりが利かせられない。
一方で「配信」では、こういうのは作りづらいんですよ。あくまでネットワークドラマという"枠"との格闘の中から、ぎりぎりを狙うことで出て来る緊張感や洒落っ気なので。最初から"自由"があると、充実はしているけれどだらだら野暮ったい物しか作りづらい。
"自由"が芸術(or芸ごと)にどれだけプラスかは、実際は微妙なところがあると思います。
なるべく長く、続いて欲しいですね。勿論クオリティを保ったまま。ありがとう、ジェームズ・スペイダー!!(笑)

・・・最終的にデンベが助けに来たのは、少し甘いかなという気もしないではなかったですが、一回くらいはそういうのもいいかなと。デンベだし。(笑)
でも意外と難しいと思います、これからのデンベの扱いは。戻って来て欲しいとは、みんな思ってるでしようけど。


イギリス

『レ・ミゼラブル』(2018) (AXNミステリー)

ちゃんとストーリーを見るのは初めてかもしれない、古典小説のドラマ化作品。
結構面白そう・・・と思って見始めたんですが、止まっています。内容が悲惨過ぎて。"無情"過ぎて。(笑)
文句の先は、ドラマスタッフではなくてヴィクトル・ユーゴーの方でしょうけどね。(笑)
まあ録画してあるので、のんびり見て行くつもりです。


以上。


Posted on 2019/10/02 Wed. 20:34 [edit]

category: 最近見た海外ドラマ

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示