死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

『THE GAME』(2014) [英]  

そろそろイギリスものについても。




『THE GAME』(AXNミステリー) (映画.com)

内容

1970年代、二重スパイやソ連KGBの諜報員が英国に数多く潜伏していた時代に、MI5(英国情報局保安部)が世界を揺るがす陰謀を阻止しようと動き出すポリティカルドラマ (映画.comより)


レビュー

・シンプルなタイトルにシンプルな内容(紹介)。
・告白します。見始めてから見終わるまで、"忘れられた秀作ドラマ"的な作品かと思ってました。
・つまり2014年製作のドラマだとは、全く気が付かなかった。(笑)
・権利が安いから、穴埋めで放送してるんだろう的な。(笑)
・それだけつまり、完成度は高いということ。"時代感"の出し方まで含めで。
・出来の良さに気付く前の第一話とかを、"古いなあ"とか"時代だなあ"とか、苦笑いしながら見ていた(笑)のが、恥ずかしいというかいいお客さんというか。
・そんな自分に苦笑い。
・内容としてはやはり、"レトロ"に近い"スタイリッシュ"な王道的スパイものではあります。
・ただ出て来るスパイたちは、腕利きではあってもスーパー(アンチ)ヒーローではなく、あくまで「組織」人として行動しているのが特徴。
・それもよくある「悪の組織」的な仰々しくて抑圧的な"組織"ではなくて、人間がああでもないこうでもないと運営している官僚組織、政府内のいち部署(MI5)という、そういう性格が強い。
・ここらへんのリアリズムは、やはり"2014年"のものではあるんだろうなという。
・ただそれを殊更に強調するのではなくて、"レトロなスパイもの"の装いの中に慎重に溶け込ませているのが、この作品の味というか凄味というか、美意識というか。
・なかなかどうして、優れた作品だと思います。
・優れ過ぎてて地味かなと思わなくもないんですが、主役のイケメン押しのおかげもあって、それなりの扱いはされているよう。
・イケメン、そうかなあ。という。
・いや、妖しい美形ではあるしそういう役でもあるんですが、"組織"の一人という溶け込み方(または群像劇としての描き方)が見事過ぎて、全くそういう目線では見られなかった。
・間違っても『SHERLOCK シャーロック』的なこれ見よがしのそれとは、比べる対象にはならないという。
・まあ同性の意見ではあります。(笑)
・ただし"主人公"としては機能していたと思いますけどね。感情移入の対象としては。
・どちらかというと、最初はそういう"美形ヒーロー"もの的な印象で始まって、少し遅れて全体の面白さが見えて来るタイプの作品。
・危うく僕は、1話で見切りそうになりましたが。(笑)
・筋立ては縦軸にソ連の巨大謀略の謎解きがあって、横軸に主人公の個人的復讐劇があるという形。
・まあ後者は徐々に、それ自体はどうでも良くなって来るというか、前者への意外な絡み方が興味の対象になって行くというか。
・その"ソ連の謀略"がなかなか奥深くてね。
・なかなか明らかにならないんですけど、十分に飽きずに興味を引っ張られる。
・またその中で、「実際問題ソ連の核攻撃に対して、西側(イギリス)は報復するのかしないのか、具体的にどう対応する気だったのか」という、今日でも北朝鮮を筆頭とするならず者系核保有国との関係で、問題であり続けるテーマも追求されます。
・そこのくだりの緊張感は、相当なものでした。
・レトロかつ現代的と、まとめてしまうと少し陳腐ですが。
・とにかくやや"陳腐"な見た目を大きく裏切る、総合的によく出来た傑作。


他の人の感想

海外ドラマ『THE GAME』(misasa104の日記 さん)
『The Game』 BBCドラマ(ONE CLOUDY DAY さん)
これも一応ピリオドドラマのくくりに入るのだろうか。(回転猫目歴史儀英国製 さん)

・・・やはりイケメンもの要素は強いらしい(笑)。最後のはドラマの背景についての、興味深い考察・解説。


スポンサーサイト



Posted on 2015/12/13 Sun. 19:36 [edit]

category: 2010-2014年のドラマ(イギリス)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/10-c8e2ec68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示