死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

『アウトランダー』(2014) [米英合作]  




『アウトランダー』(AXN) (Wiki)

内容

2つの時代、2つの愛。心を引き裂かれながら、激動の時代を生き抜く!
18世紀スコットランドにタイムスリップした看護師クレアの、愛と人生を描く超大作。
(公式より)


レビュー

・"18世紀スコットランド"を舞台にしているけど、「歴史もの」ではない。
・"タイムスリップ"設定だけど、「SF」(or「ファンタジー」)ではない。
・ただただ、メロドラマ。"ドロドロ"というか・・・"ベタベタ"
・強いて言えば「韓流時代劇」に近い作りではありますが、"史劇"としての躍動感・本格感は、あちらの方が遥かに上。
・"愛"を追求する念の強さや、"メロドラマ"展開の徹底性も。
・韓流がジェットコースターなら、アウトランダーは・・・のぞき部屋?
・まあ普通に"ソフトポルノ"とでも定義してしまった方が、すっきりはするかも。
・あえて言えば"リアリズム"ではあって、男女の「愛」や「性(さが)」を腰を据えて描写はしているわけですけど。
・根が志が低いというか無思想というか、要は通俗的なので、ただただ露悪的にしか見えない。
・つまり"ベタベタ"。(ダブルミーニング的?)
・金はかかってる感じだし作りはそれなりにしっかりしてるので、好きな人はいるでしょうけど。
・出来ればLaLaTVやってくれないか
・AXNの「押し」作として見てしまうと、裏切られた感が強い。取り残され感というか。(笑)
・見たくもないものを"腰を据えて"描写されても、拷問というか。
・なまじ"作りがしっかり"してるので、笑いも出来ないし。
・まあ見なきゃいいんですけど(笑)、一応「18世紀スコットランド」への興味があったので、見始めた行きがかりも含めて頑張って最後までは見ました。
・「SF」としては、ほんとにどうもならないですけど。
・せめてもう少し"行き来"してくれれば、一回帰れそうだった時に帰ってまた戻って来るという展開でもあれば、また違ったでしょうけど。
・新しい情報でも仕入れてね。
・あそこで踏み止まって"しまった"ことによって、一線越えて「メロドラマ」性格が決定されてしまったというのはあると思います。
「愛」以外見るべきものが無くなったというか。(笑)
・男には辛いドラマになったというか。
・だからどうぞ、"女性専門チャンネル"LaLaTVの方へ。(笑) [注]
・"愛"について真面目に少し言うと、導入部分の「現代」パート、"2つの愛"の内の最初の方の描写がかなり駆け足だったので。
・"引き裂かれる"感じがどうもぴんと来ないというか、あんな「夫」のどこに未練があるのか"ドラマ"が生まれる余地があるのかという、(ドラマ上)不適切な感じ方を呼び寄せていたところはあったと思います。
・単純に社会通念上の夫婦倫理とかは別にして。
・いい人か悪い人かという以前に、存在感が。
・なんか最初から、"セックス"以外は世間体メインで落ち着いている夫婦にしか見えなかったですし。
・「18世紀」版の彼は、勿論嫌んなるほどの"存在感"はありましたけどね。(笑)
・別人過ぎるだろうと。
・現代版も頑張れと。(笑)
・そもそもの問題としては、主人公の"クレア"に余り魅力も共感も感じられなかったというのもあります。
・"勝ち気"という以上に感じ悪いですし、"現代"の常識とのギャップに悩んでいるにしても、目の前の状況に対する反応が愚か過ぎて、自業自得な面が多かったと思いますし。
・もう少し"ヤンチャ"な感じの女優さんだったら、また違ったのかなあとも思いますが。
・可愛げというか。
・単に無駄に気位が高くて物分かりの悪い人にしか僕には見えなかったですけど、女目線だと違うのか。
・というわけで(製作の決まったらしい)シーズン2は見る気が無いので、もう総括してしまいます。
・...基本的には、"見終わった"ものから優先して、レビューを書いて行く予定です。


他の人の感想

コスプレ、年下男子、BL…女の欲望“全部入り”のドラマ『アウトランダー』(J・SPA)
 "感想"というよりは番宣ですが、逆に特徴が分かり易いのと、あちこちで盛んにこういう"売られ"方をしている作品なので、その典型として記念(?)に。
[終]アウトランダー シーズン1 #16「魂をあがなう」(シーサイド発 さん)
 こういうのが、標準的な見られ方、なのかな?
「アウトランダー」シーズン1・感想と評価[海外ドラマレビュー](ごきげんプラス! 映画や海外ドラマを楽しむブログ さん)
 "女性"の感想ではありますが、その視点を相対化した書き方にもなっていて、僕の"感想"のポジションも分かり易くなるかなと。(笑)

・・・ざっとググった限り、なかなか男の感想は出て来ませんね。むしろ曲がりなりにも最後まで見た僕は、酔狂者なのか?(笑)


[注]その内レビューもしますが、"LaLaTV"にも好きなもの高く評価している作品は沢山あります。あくまで全体の傾向性やイメージの問題ですね。・・・見る側の心構え(笑)というか。


スポンサーサイト



Posted on 2015/12/15 Tue. 21:01 [edit]

category: その他の国のドラマ(及び合作)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/11-50db7032
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示