死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

『情熱のシーラ』(2013) [スペイン]  

もう少し行っときますか、アメリカ"以外"




『情熱のシーラ』(NHK総合) (Wiki)

内容

やけに美人のスペインのお針子が、対ナチスパイ組織のエージェントとして活躍する話。


レビュー

・公式サイト消すなや、NHK。
・本邦初公開の"スペイン"ドラマ、な、らしいんですけど・・・
・うーん、エキゾチックじゃねえ。(笑)
・言われなければ、アメリカか、せいぜいイギリス製作の、たまたま舞台をスペインに取ったドラマというくらいにしか見えないですね。
・そういう意味では、期待外れ。
・その分、見易くはあるんですけど。
・それなりにもっと伝統/馴染みのある、フランスやドイツのドラマに比べても、遥かに"普通"に見られる。
・まあ逆に"イタリア"のドラマとか、見づらくて挫折した経験があるので、本気のスペイン・ローカルはそれはそれで厳しいのかも知れないですけどね。
ブニュエル映画とかで見る限りは、倫理観とかほんと不思議な感じですし。
・ちょっと例が極端かも知れませんが。(笑)
・いずれにしても多分、これはスペインドラマ界(?)が、何かはっきりした"国際化"の意図のもとで作った作品なんだろうということは推測出来ます。
・その意図は成功はしてるんでしょうけど、逆にどうなのかなという。
・小成功が大成功を阻むのではないかという。
・つまりやっぱり"エキゾチズム"は英米圏以外のドラマの重要な武器ではあるので、これを見て「ああもっと"スペイン"のドラマが見たいな」とわざわざ思うかというと・・・
・うーんという。
・病みつきにはならない。"病"んでないから。
・韓流のようには。(笑)

・まあ強いて言えば、それなりにハードなシチュエーションでの一応"スパイ"ものであるのに。
・ヒロインがお気楽に(笑)惚れたはれたを繰り返す・・・というか、そこはきっちり明朗に(?)"メロドラマ"して来る安定感とかは。
・やっぱ"ラテン"のドラマなのかな、ラテンの劇文化が"支え"になってるのかなとは、思わないではありません。
・そもそもが町のお針子がそのまま社交界で一級に通用するような美人で、スパイ活動の隠れ蓑の為とは言え富裕層向けのオートクチュール店経営にあっさり大成功したりするのも。
・お気楽と言えばお気楽だし、不自然と言えば不自然なんですけど。
・ただそれをいちいち言い立てる気にさせない緩い安定感(笑)というのは、やっぱり"文化"なんだろうなとは思います。
・別に見ててストレスは無いですしね。
・そういう若干ご都合主義的な設定の中で、でも結構緊迫感のある人物描写もなされてますし。
・フランスやイギリスでは無理でしょうね、人物をリアルに描くのなら、舞台のリアリティがもっと厳しく求められるはず。
・アメリカなら、むしろこういう緩さもあるかも。
・まあ"ドラマ"としてもかなりかっちりしてますし、作りはかっちりリアリティは鷹揚という体質は、欧州大陸飛び越えてアメリカに親近性があるのかも。
・昔のアメリカ映画的?
・またはアメリカ映画が目指した、より広く、より"低い"大衆向けの劇作りの伝統に親近性があるというか。
・"核"に端的なパッションがあるからこそ、作れる構造かも知れない。
・「知性」ではなくてね。(英仏のように)
・とまあ、いささか大げさに論じてしまいましたが(笑)、普通によく出来たドラマではあると思います。
・それ以上のものではないですけど。
・当時の対ナチレジスタンス活動の様子とかは、興味深かったですが。
・そもそもスペインに対するナチスドイツの攻勢とか、意外と馴染みが無いですし。
・どちらかというと東欧&中欧がメインの場合が多い。
・まあそれもいち"ナチス"というよりは、「愛国」的活動全般のイメージの中に回収されている感じはしますけど。
・やはり、普遍的なメロドラマというか。
『風と共に去りぬ』にとっての、「南北戦争」という"舞台"という感じ。
ヒロインは美人なんですけど・・・ちょっと野暮ったい気がしましたかね、僕の好みからすると。(笑)
・それこそ"社交界"的には庶民的過ぎる気がしますし、逆に"レジスタンス活動家"としては、真剣味というか悲劇性が足りない気がしますし。
・ちょっと半端でしたかね。
・"敵"の大物を夢中にさせるリアリティが、そこに関しては、"足り"なかった気がします。


他の人の感想

情熱のシーラの第1回のあらすじと感想!セクシー?ネタバレあり!(ゴッピが気になる最近の話題 さん)
『情熱のシーラ』見てる人語りましょう(ガールズちゃんねる)
情熱のシーラ あらすじと感想一覧 全17話(韓ドラ大好きおばさんの「言いたい放題言わせてヨ!」 さん)

・・・どうもこれも、どうやら男が見てはいけない類のドラマだったようで。(笑)
ただまあ、最後の方がおっしゃってるように、そんなにこってりとはしてなかったと思います。十分見られる。
『アウトランダー』の方ははっきりと、"男が見るべきではない"作品だと思いますが。(笑)


スポンサーサイト



Posted on 2015/12/16 Wed. 21:58 [edit]

category: その他の国のドラマ(及び合作)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/12-3e8f3899
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示