死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

"タイトル"の意味 ~『ニュー・ブラッド 新米捜査官の事件ファイル』(2016)[英]  




『ニュー・ブラッド 新米捜査官の事件ファイル』(AXNミステリー) (allcinema)

内容

主人公となるのは、新米刑事ラッシュと新米捜査官ステファンの若き2人。
2人はそれぞれ別の観点から、ロンドンで起きた中学教師の転落死を追うことからストーリーは始まっていく。(中略)
ラッシュはイラン出身の両親から生まれた英国育ち、ステファンはポーランド出身で、いわゆる英国第1世代である彼らだが、アウトサイダーとして見られることも多い。その隙間から生まれる矛盾や、英国社会が抱える社会問題、人間模様がストーリーに織り込まれ、ホロヴィッツらしい単なるミステリーにとどまらない展開が魅力。(公式より)


感想

・まず言っておきたいのは、邦題(の副題)への文句です。
・というかそれが多分最大の、この作品に対する"批評"になるのではないかと思いますが。(笑)
・「ニュー・ブラッド」「新しい血」ということで、"新米"捜査官ということを前面に出して上の作品紹介文もそれに従っているわけですが。
・この"ブラッド"が意味する最大のところは、むしろ後半の部分、「イラン」「ポーランド」の""、それが移民("英国第1世代")として現代イギリス社会の新しい血としてどのように機能しているのか、暮らしているのか、それを表現するのが何よりもこの作品の目的だろうと思います。
・ていうか、そうに決まってると思いますけど(笑)。「新米」かどうかなんて、どうだっていい。
・だいたい見ている限り、ステファンはSFO(重大不正捜査局)の"下っ端"ではあっても"新米"というわけではないようですし、ラッシュも「刑事」としては試用期間ではあっても警官としてのキャリアはそれなりで、その試用期間も何回目かのある意味"ベテラン"ですし(笑)、捜査能力的にもおよそ"新米"のレベルではない。
・そして駄目押しして言うと、「新米捜査官の事件ファイル」なんて副題に、どんな"引き"力(りょく)があるのかという。全然見たくならないぞと。(笑)
「移民」の方の「血」を匂わせてくれれば、社会勉強がてら見てみるかという気にもなると思いますが。
・そういう意味で"副題"として失格だと思いますし、内容的にも不正確だと思いますし、全くいただけないと僕は思います。反省して欲しいです。(笑)

・ドラマとしては、"移民の悩み"的なものはごく時々出て来るだけで、意外と軽い作り。
・二人のタイプの違うイケメン捜査官が、脱法捜査も何のその(笑)、仲良く喧嘩しながらなんだかんだと綱渡りしながら巨悪の摘発に成功する、その繰り返し。
・ちょっと法律的に怪しい部分が多過ぎる気もしますし、下手するとあぶない刑事風というか。(笑)
・お気楽なステファンとキレ過ぎるくらいキレる基本的には優等生のラッシュは、性格の違いで対立したりはしますが、ただ互いの"バックボーン"に言及する場面はあったかななかったかなというくらい。
・ステファンの方はポーランド系コミュニティとも付き合いが深いので、それ絡みのシーンなんかも出て来はしますが。
・本当にこんな感じなのか、あえて強調しなかったのか、あるいは同じことですが"バックボーン"よりもそれぞれが"イギリス"のいち青年として生きている、そのことを正に表現したかったのか。
・多少の拍子抜けというか、不自然感は無いことは無いんですけどね。
・"試用期間"の職場で息を吸うように(笑)日々パワハラを受けているラッシュが、しかしバックボーン絡みの嫌がらせはほとんど全く受けなかったり。
・普通あるだろう、もっと一言二言、さしたる悪意は無くても。
・世論マスコミ向けに特に"気を付けている"というような雰囲気は、全く無かったですけどね。(笑)
・そういえばその妹が、職場で冤罪に巻き込まれた時も、一切そこらへんのネタは出なかったですね。
・ううむ。

・という細かい引っかかりはあるにはあるんですが。
・それはそれとして、「移民たち/"ニューブラッド"と共にあるイギリス」を幾分理想寄りに描き出そうとした製作者たちの意図・思い自体は、僕には爽やかなものに感じられました。
・こうであったらいいですねというか。現状、ないしは近未来が。
・まあまあ届かないことは無いかなくらいの、「理想」
・ちなみにステファンの"SFO"というのは、ほんとにあるんですね。(Wiki)
・重大な不正について捜査するけれど警察ではないという、不思議な位置づけ。"手帳"も無いし。
・いや、真面目な話、何か手帳的なものが無いと、いちいち身分の証明が面倒で仕方ないように見えましたが。(笑)
・ラッシュの方の、刑事の「試用期間」というのも、初めて見る描写でした。
・単に試験に通ってまたは手柄を立てて、昇進して"配属"されるんではないのか。
・最近出来た制度だとか?
・まあ結構面白かったです。シーズン2もあるような終わり方ではありましたが、人気出るのかなあ、これ、少し微妙な感じがしました。(笑)
・"軽妙"過ぎるものって、意外とスベるんですよね(笑)、逆に「通好み」になっちゃう。
・やったら多分、見ると思いますけど。


スポンサーサイト



Posted on 2017/08/16 Wed. 17:42 [edit]

category: 2015-2019年のドラマ(イギリス)

thread: 海外ドラマ(UK) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/124-129e0ad3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示