死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

『西海岸捜査ファイル グレイスランド』(2013)  

再びアメリカへ。




『西海岸捜査ファイル グレイスランド』(日本テレビ) (Wiki)

内容

FBIをはじめとする国家3大機関の敏腕捜査官男女6人が暮らす西海岸の豪華シェアハウス“グレイスランド”を舞台に繰り広げられるクライム・サスペンス! (日テレ公式)


レビュー

・Dlifeでやったのが日テレ深夜に流れたところを捕捉。
・シーズン2以降もやりそうですが、とりあえずシーズン1のみの感想。
・ちなみにやったら見ると思います。
・日テレ版のタイトルは『グレイスランド 西海岸潜入捜査ファイル』。細かい変更だな。(笑)
・まあ原題"Graceland"ですから、"グレイスランド"を先に持って来るというのは別におかしくはないとは思いますが。
・ただエルビスに余り馴染みの無い(注)日本の一般視聴者には、"西海岸"の方を押すというのも、それも間違った判断ではないかと。
・ドラマの印象としては、"潜入捜査官"だらけという設定の暗さと、「グレイスランド」内の人種の多様さ・エキゾチックさで、意外と「西海岸」の方は素通りしてしまった感じも。
・"サーフィン"も"ヤシの木"も、「潜入」の為の小道具の一つみたいな印象になるというか。
・むしろ主役の"東海岸"ボーイ(笑)の爽やかさの方が、ドラマの明るさを保つには貢献してたかなと。
・ラテンもラスタも含む他の男どもは、それ以上に癖が強過ぎるし。女も美人だけど、ハード系とパワー系だし。
・多分企画を立てた人は、もっと"西海岸"的明るさを基調としようとしていたと思うんですけどね。
・能天気というか。
・それと"潜入捜査"の、ギャップ狙い。
・ただ実際の現場の人の資質が、遥かにストレートにダーク系だったという。
・『CSI:マイアミ』っぽくしようとしたら、『CSI:NY』になっちゃったという感じ?(笑)
・そういえばヴァネッサ・フェルリトは"NY"と共通か。
・セクシーではあるけれど、それ以上に情の厚い"お姉さん"という感じの人柄の良さは、よく出ていたと思います。
・"NY"で死んじゃったのは悲しかったな。
・話戻して、主役のマイクは、なかなかいいキャラだったと思います。
・頭が切れることとナイーブなことと、仕事熱心で上昇志向が強いことと正義感が強いことと、それぞれ微妙に矛盾する性格が全体として説得的に描かれていて。
・使命と感情との間で揺れ動く彼の"苦悩"に素直に感情移入出来たというか、同情出来たというか。
・"やることやり切った"上での"迷い"なので、見てていらいらしないというか。
・日本のアニメ主人公たちのそれとは違って。(笑)
・「優秀」というのは美しいなと、多少『バトルクリーク』的な感慨も含みつつ。
・まあでもちょっと優秀過ぎますけどね。(笑)
・真似しろと言われても困りますけど。(笑)
・ドラマの見どころは・・・結局その"優秀"さということになりますかねえ。
・各潜入捜査官たちの、"機転"のあれこれとその"スリル"というか。
・話の中心となる、ポール・ブリッグスをめぐる大がかりな"疑惑"については。
・分かったような分かんなかったような感じ。
・動機に同情の余地はあっても、やってることはやっばり悪どいですし。
・丸く収めて(とりあえずですけど)いいのかどうか、視聴者的に心が定まらないところはある。
・切り抜けられるものかねという、リアリティ含めて。
・ただ"解決"してマイクが無事本来の任地に戻って出世するところまで描かれていたのは、意外というかスピード感が快感だったというか。
・マイクならやるだろうな、管理職としてもという説得力は、「現場」を描いたシーズン1でも十分に見せられていたと思いますし、そこからどう展開して行くのか、シーズン2にも興味は繋がりました。
・まあ現場に戻っては来るんだろうなとは思いますけど。
・まさか"室井管理官"にはならないでしょうし。
・ブリッグスが織田裕二に?ないない。(笑)
・一応"シェアハウス"ものでもあるのかこれは。
・ただみんな「大人」過ぎて、あんまりそういうちまちました感じも無かったですけどね。
・これもひょっとしたら、企画者の意図と監督以下の資質が食い違った結果かもとか。


他の人の感想

グレイスランド 西海岸潜入捜査ファイル(海外ドラマ通信 イエス!フォーリンドラマ さん)
Dlife「西海岸捜査ファイル〜グレイスランド〜」を4話まで観た。物件マニア必見。登場人物が暮らす住居が超ステキ。物件だけ見ていたい。(ラヴ・ハリ映画日記〜ときどき海外ドラマ〜 さん)
西海岸捜査ファイル ~グレイスランド~(海外ドラマ新番組情報 さん)

・・・地上波でやった割には見た人が少ないというか、"Dlife"視聴者系の感想はかりだったのが少し意外でした。僕のような"スカパードラマセット"系の海外ドラマ愛好者は、余り地上波はチェックしないものなのかなという。
評価はおおむね、いやほとんど全て好意的なものばかり。しかもこう言ってはあれですが(笑)「かっこいい」「テンポがいい」系の非常に似た感想が多くて、どれをピックアップしたものやらという。それだけ完成度が高いということなんでしょうね。"売り"意図が明白というか。僕の感想は変なのか?(笑)
最初の人のは、その典型的な一つ。紹介情報が充実しているので、選ばせていただきました。次の方も多分"感想"としては同じで、ただそれを独自に(笑)掘り下げてあって笑いました。最後の"海外ドラマ新番組情報"さんは『クロッシング・ライン』に続いてのピックアップですが、同じ「多様なバックグラウンドの捜査官集合もの」としての感想の違いが、見比べると面白いかなと。


スポンサーサイト



Posted on 2015/12/21 Mon. 18:11 [edit]

category: 2010-2014年のドラマ(アメリカ)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/14-947ce4e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示