死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

今週の海外ドラマ(’17.10.7-10.13)  

10/9(月) ブラインドスポット S1#18『脱獄計画』 (AXN)

・パターソンめっちゃ怒ってましたね(笑)。爆笑しました。(笑)
・なんか特別エピソードというか、いつもと違う人が書いてるのかなと思うような、いつにないキレキレのぶっ飛んだ回でした。
"怪盗なんちゃら"的な。(笑)
・何回かただのスパイアクションみたいになってると不満を言ったことがありますが、むしろそっちの方が得意なスタッフなんでしょうか、真面目なポリティカルサスペンスとかよりも。

10/10(火) ザ・ラストシップ S2#9『暗雲』 (AXN)

・ウィルスの話は相変わらず専門的過ぎてちんぷんかんぷんですが、多分原作(あるらしい)だともっと"医療サスペンス"的に読めるストーリーなんじゃないかなと。
・"子供"のエピソードはともかく、"大統領"の自覚の問題と、レイチェルの"人体実験"(?)の問題と、それぞれ独立した興味深い問題が惜しみなく同時多発的に発生していますが、まあこのスタッフなら上手く処理するんだろうなと。
・しかし駆逐艦が艦の武器を使うたびに、金銭的にも備蓄の心配的にも、「もったいない・・・」という気持ちが先に立ってしまいます。(笑)

10/10(火) BONES S12#5『家庭教師の真実』 (FOX)

・でも聞く限り実際かなり"大衆的"な小説に思えますし、ブレナンにそんなの書けるのかなという疑問は、以前よりありました。(笑)
・ハイブローなSFとか、パズラー的な本格ミステリならともかく。"人間"を描く必要が無い。
"家庭教師に裏切られた怒り"というのは、なんか分かります。
・ある時期の子供にとって、親や学校から心理的に距離を取らせてくれる、大切な存在にはなり得るんですよね、家庭教師というのは。

10/11(水) 運命の銃弾 S1#10『裁きの時』(終) (FOX)

・あの(謝りに行った)警官が殺されたのは、結局口封じだったのね。あ、そう。割りとストレート。
・"暴発"で殺される方が、「問題」としては根深く感じさせられたでしょうが。"正直"が事態を良くしないという。
・不起訴になったコックスですが、逆に"誤射"だということを証言してくれるはずの警官が死んでしまったわけで、状況だけ見れば"殺人"でかどうかはともかく起訴するだけの理由は十分にあるように見えますけどね。
・審問自体が「殺人」かどうかを問う形で行われたということかな?
・どうもこの作品は元になった映画があったようですね。また後で書きますが。


スポンサーサイト



Posted on 2017/10/13 Fri. 13:43 [edit]

category: "今週の海外ドラマ"

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/141-bef79c87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示