死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

FOXの不得意分野? ~『運命の銃弾』(2017)  

突っ込み過ぎもあれなので、『大草原』はちょっと一週休み。


運命の銃弾


『運命の銃弾』(FOX) (allcinema)

内容

アメリカ南部ノースカロライナ州の小さなコミュニティーで起こった、黒人の保安官が白人の少年に発砲し、死に至らしめたというアクシデント。
事件の精査のため送り込まれた捜査官アッシュと検察官プレストンは事実の追求を行う中で、その裏にもう一つの重大な事件が隠されていることを知る…! (公式)


感想

英語版のWikiにも特に表記は無いんですが、1974年に同じ邦題のミニシリーズがあったらしいので、それをベースにしているのではないかと推測しています。
・それなら全10話という、FOXにしては半端な長さ(でも内容は完結している)もうなずけますし、作品自体に感じる"時代感"の謎の理由にもなるだろうなということで。
・もし違ったら教えて下さい。(笑)

・なかなか込み入った&深刻な人種差別事件を扱った作品ですが、今一つ迫って来る感じが無かったのは、時代背景や舞台設定が、何か"中空"に浮いているような印象があったからかなと。
・本質的にはいつの時代のどこの地域でも起こりそうな事件という印象と、(地域の有力者による)"補助警官"という独特な非常に具体的なシステムの設定が、最後までかみ合わなかったという感想です。
・「普遍」のスケール感なのか、「具体」の迫真性なのか。
・ある地域の事件の解決の為に「司法省から」検察官と捜査官が派遣されて来るという設定は個人的には他に見たことが無い珍しい設定なので、基本的には「個別」の「現代」の事件として描いた方が良かった、またはそのつもりだったのではないかと思うんですが。
・なぜかそういう焦点が絞れた感じが無かったのは、つまり40年前の"下敷き"があったからではないかという、そういう推測なわけです。
・他に理由が思い当たらないというか。
・繰り返しますが「地域の有力者による補助警官」という制度は相当にキナ臭く見える(作中で判明した時は実際びっくりした)ので、それが実際にあることなのかあるいはいち地域の異常なor架空の例なのかは。
・作中で分かるようにすべきだったというかそれによって作品の意味合いも変わって来たはずと、そういう風に思います。

・人物描写なんかも、少しもやもやする感じでした。
・基本的に10話完結の"ミニシリーズ"スタイルで、かつシリアスで社会派的な題材からも、"群像劇"方式で作るのが自然かと思いますが。
・実際には「アッシュ」と「プレストン」の"タプル主人公"スタイル。
・二人ともそれぞれに魅力が無かったわけでもないですが、かといって「主人公」として連続ドラマとしてのドライブ感を与えられる程のキャラクターではなく。
・逆に中途半端な"描き込み"が、展開をダルくしてしまったような印象も。
・いや、別にそこまでこの人たちに関心無いから。
・特にアッシュの"親権"騒動は、要らなかったかなと。
・あとプレストンの妙にお気楽なラブアフェアも。(笑)
・結局は「群像劇」の生地の方が勝ってしまったような印象で、でもそのようには作られていないから逆に描写の足りないところも出て来て。
・保安局のボスの抱える闇とか、結構深そうでしたし、そのボスに口封じで殺されてしまう保安官とかも、なんか"気が付くと"重要人物になってた感じではてこいつ誰だったけかなという。(笑)
・こういうことも元々の「群像劇スタイルのミニシリーズ」を、「リメイクでアレンジした時に少し失敗した」ということなら、僕的には理解出来る感じなんですが。
・まあ一つの言い方ですけど、"スーパードラマTVとかならもっと上手く作品か出来た"のではないかなとか。(笑)
・FOXは「ヒーロー」専門ですからね。そのフォーマットには、ちょっと合わなかった感じ。
結果的に興味深い内容でしたし、一つ一つのセリフのクオリティとかも決して低い方ではなかったように思うので。
・不完全燃焼感が残念な作品。
・"駄作"とは思わないですけどね。
"地味"ではありますが、どっちみち。(笑)
・やはりスーパードラマTVに・・・。(笑)
・または劇場映画なら、分量的にもちょうどいいのではないかとか。
・要は「FOXの連続ドラマ」にだけは、すべきではなかった素材?(笑)

"サラ・エリス"役の人
コナー・レスリー

は可愛かったですね。
"コナー・レスリー"という人。
・『リゾーリ&アイルズ』(S4)や『ブラックリスト』(S3)に出てるらしいですけど、記憶に無いな。
"白人"という感じですよね。このドラマの中で見ると特に
・ちょっと薄っぺらいけど、分かり易い綺麗さ、可愛さ。
・あんまり主役やる感じでもないですけど、ドラマの中に出て来るとちょっと"得した"感じになるというか、デザート的な可愛さ。(笑)
・だから今回の(知事の)"アシスタント"役とかは、凄くぴったりではありました。
・何でいきなりプレストンとやっちゃうのかは、納得行かなかったですが。(笑)


スポンサーサイト



Posted on 2017/10/31 Tue. 12:01 [edit]

category: 2015-2019年のドラマ(アメリカ)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/147-94eaf1d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示