死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

今週の海外ドラマ(’17.11.4-11.10)   

11/6(月) ブラインドスポット S1#22『残酷な告白』 (AXN)

・やーい、次長死んだー。(やめなさい)
・ついに"テイラー"の化けの皮が。ウェラーの動揺ぶりは、少しかわいそうでした。
・いい奴には違いないんですよね。それだけですけど。
・次回最終回。ただちょっと、"種明かし"の情報量が過多な気がするんですけど、ちゃんと終わるのか。

11/7(火) ザ・ラストシップ S2#13(終)『誇り高き祖国』 (AXN)

・最後のあれ以外は、割りと綺麗にハッピーエンド。
・これで終わってもいいくらい。シーズン4まであるらしいですけど。
・"大統領"の成長ぶりが素晴らしい。素直に感動。
・とにかくとことんプロフェッショナルなスタッフのようで、信頼しています。安心して新シーズンを待つ。(笑)

11/7(火) BONES S12#9『ゴルモゴンの元弟子』 (FOX)

・名物セラピストの登場で、割りと楽しかったです。
・しかしもう、信頼が地に落ちちゃってて、今更ながら所長のしょうもないキャラぶりや大根が気になったり。
・まあほぼ全員が大根ですから、監督が悪いんだと思います。もしくは全体を仕切っているブースの中の人。
・きこりの次はカーレースか、"マッチョ礼賛"もいい加減にしてもらいたい。単なる趣味でしょ?

11/7(火) FARGO/ファーゴ S3#3『無矛盾律』 (スターチャンネル)

『lLEFTOVERS』で有名になった人(グロリア・バーグル役キャリー・クーン)が出ているのもあって、妙にLEFTOVERSっぽいエピソードだった気が。
特に回収しない意味深というか。(笑)
・ロボット"ミンスキー"は萌え萌えだったのでとりあえずいいですが、あんまりそっちに行かないで欲しい。
「起きてることは現実的即物的だけど、なんか変」というのがファーゴの良さだと思うので。

11/8(水) ウィッチャーの事件簿 S1#3『名家の秘密』 (AXNミステリー)

・凄くいいですね。
・捜査ディテールの細かさ・地道さということをこれまで主に語って来ましたが、今回はこの時代の"大英帝国"の「時代感」がずしっと来ました。
・最近割りと見かけるんですよね、大英帝国や大航海時代の"暗黒"を、しっかり描いた作品が。
・他の何の"リアリティ"にも増して、手応えが重くなる。
・(イギリス人にとって)"自分自身"のことだからですかね。
・最初よく分からなかった、"自らの良心に頑固な"ウィッチャーのキャラも、ほぼ確立して来たような。
・いい味。

11/1&8(水) リゾーリ&アイルズ S5#1『悪夢』(新)&#2『メモリー』 (FOX)

・初回はレビューし忘れてました。(笑)
・変則的な始まり方でしたが、"フロスト"は本当に死んじゃってたんですね。躁鬱病だったとか。
・それはそれとして。
・NCISが完全に老衰し切って、BONESの確変がすっかり終わってしまった現在、「FOX的"調子いい"捜査ドラマ」の守り手は、間違いなくこの作品だと思います。(ということを前のシーズンでも言った気がしますが)
・相変わらず楽しい。アイルズ先生の加齢は、少し気になりますが。(笑)

11/8(水) MURDER IN THE FIRST/第1級殺人 S1#1『ある男の死』 (スーパードラマTV)

・うーん駄作の臭いがプンプンしていますが(笑)、事件の全貌が見えないので、もう少し見てみます。
・FOX『運命の銃弾』の時にも言いましたが、頼みもしないのに捜査官の"弱点"や"私生活"をのっけから延々見せられるのは、僕は全く歓迎出来ません。
・まず強さやかっこ良さや、ポジティヴな興味を掻き立てておいて、ところでこの人はどういう人なんだろうとか、こんな"意外な弱点"があるんだとか、こう運ぶのが常道というものだと思います。
・どこの誰か知らない人に苦しまれても、知らんわという。それで「人間」を描いているつもりなんでしょうけど、優先順位というものがあると思います。
・今回の「奥さんのがん」の話が、事件そのものに関わってるというなら、また話は別ですけどね。
・とりあえず期待薄。

11/9(木) ナイト・オブ・キリング 失われた記憶 S1#3『暗い檻』 (スターチャンネル)

・なるほど、秀作ではあるらしい感じ。
・テーマはやはり、「刑事司法」そのものでしょうね。
・そこに関わる様々な要素、人種問題に宗教問題、警察の捜査・取調べや検察の判断、弁護士の生態、刑務所・拘置所内の生活環境、それら全てを取り上げながら、どれも特に誇張せず単純化せず。
・それでどうしようとしているのかは・・・分かりません(笑)。まだ。
・ただぱっと見弁護士ゴロのような"皮膚病"弁護士の扱い方、簡単に直接暴力には及ばせない"所内司法"の描き方、いずれも安直なところが無く、いい感じ。
・でもほんとどうなるのかどうしたいのかは、分からない。あと特に楽しくはない。(笑)
・ドラマとしては。映画で見たいタイプ。

11/10(金) EYEWITNESS/目撃者 S1#4『意義と目的』 (スーパードラマTV)

・麻薬は見つかっていたのに制裁を甘受してまで、姉が妹を陥れる法に使ったと。エグい話で。
・どうでもいいですけどその"妹"の自宅のシーンを見て思いましたが、この監督は女の下着シーン、具体的には下はパンティで上はTシャツ的な格好をさせるのが好きなんですね、ジュリアン・ニコルソンおばさんにもよくその格好させてますし。(笑)
ルーカスが男に興味があることを認めずに逃げ回っているのは確かですが、だからといってゲイという感じにも見えないんですよね。
・結局"勃った"んですかね、あの黒人のコ相手に。(笑)
・保安官事務所の部下がいい味。一番癒し系。(笑)


スポンサーサイト



Posted on 2017/11/11 Sat. 10:17 [edit]

category: "今週の海外ドラマ"

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/149-37750f22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示