死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

『ザ・フォロイング』(2013)  




『ザ・フォロイング』(AXN) (Wiki)

内容

殺人鬼は、連鎖する・・・
“フォロワー=狂信者”を操るカリスマ殺人鬼と、FBI捜査官の闘い!
(公式)


レビュー

"ランキング"的な言い方をすれば、シーズン1=B(まあ好き)シーズン2=D(あまり好きではない)の、中を取っての"C"という感じ。(笑)
・あんまりここまでの区別はいちいちしないんですけどね。
・基準はたいていシーズン1で、それが視聴者の反応に合わせてしばしば無理やりシーズンを重ねて行って、陳腐化したり失速したりはよくあることで、そのこと自体には同情的というか、武士の情けというか。(笑)
・出演者が歳を取るとかいう問題もありますし。
ネイビーファイルとか。(笑)
・あんなにキラキラしていたハーモンが・・・。(笑)
・ただ『フォロイング』の場合は、それが限度を越えていたというか、もう別の作品というか。
セルフパロディ的というか。

・シーズン1は面白かったです。
・飛び切りの知能犯のシリアル・キラーものという枠組み自体に新鮮味は無いですし、実際それ以上の何かのある企画ではなかったと思いますが。
・デザインとディテールはなかなかのすぐれもの。
・シリアル・キラーの超人性を、無限増殖する"フォロワー"という存在、フォロワーを作り出す説得力・洗脳力に焦点を絞ったのはヒットでした。
・それによって捜査陣の上手(うわて)を常に行く万能性に、リアリティというか合理性を持たせることに成功した。
・書く側としても、特に伏線を張らずに大逆転を書けるので、ある意味だったのではないかと。(笑)
・刑吏だろうと捜査官だろうと、とにかく触れる人間全てが犯人側に回る可能性が常にあるので、もう何でもありで。
・当然不気味でもあるし。
・勿論これまでも"シリアル・キラーのファン"や"コピーキャット"的なものを描いた作品は沢山ありますが、ここまで徹底的に機能的に使ったものは無かったのではないかと。
・その道具立てが"エドガー・アラン・ポー"であるというはったりも、適度で良かったと思います。
・メジャーとマイナーの、いい線を突いていたというか。(笑)
・一方で自身に文学的才能は無いというのも、"万能性"の中のいい抑制要素になっていたというか、なぜ「人を動かす」タイプの犯罪者になったのかという理由付けになっていたというか。
・つまり作家というよりプロデューサーという。
・対する"正義"側のケビン・ベーコンも、元々やや"地味"なタイプの映画スターなので、特に違和感無し。
・変に"ヒーロー"ものになっていないというか。
・一方でさすがの存在感もありましたし。
・まあ特に"内容"というほどの内容は無かったと思いますけどね。
・スリルとサスペンスの力学以外に。
よく出来たハード・ロックのような作品かと。

・で、問題のシーズン2。
"あいつは生きていた"の復活パターンそのものは、割合違和感は無かったと思いますが。
・ただ問題はその"復活"ぶりで。
・シーズン1の後半、刑務所を脱出してフォロワーたちと常時暮らし始めてから見えて来たボロ。
・ハッタリの金属疲労というかカリスマのほころびは、ある程度はそれを描こうと思って描いていたものでしょうし、シーズン1の一つのストーリーの流れの中では"味"と言えないことも無かったと思いますが。
・しかしシーズン2では・・・
・最初から締まりが無いだけで、前提としてのカリスマが全然出ていない。
・ただの自己愛の強いオッサンというか。
・それでもウブなフォロワー(候補)にはそれなりに影響力は行使出来るんですが、むしろそれが昔売れた芸人の地方営業みたいで、かえって惨めったらしく見える。
・イノベートを"ポー"から"バイブル"に求めたのも、平凡だし大げさだしで、成功しているとは言えない。
・...ただしこの"失敗"部分は、意図して描いたものだと思いますが。
・全体としては何割かは、ダーク・カリスマの"人間"性を描こうとしたという企画ではあるんだろうと思いますが。
・そもそもがそんな"内容"があるものではないというか、"内容"が持ち味のものではないので。
・単に緊張感が無くなってだるくなっただけに感じます。
ハード・ロックが"ハード"じゃなくなったというか。
・新キャラたちはそれなりに魅力的でしたけどね。
・美男美女。敵側も、ケビン・ベーコンの姪っ子も。
・でも引き続き出ている女性陣二人は、うざいだけかな。
・特にクレアは今更出てくんなという感じ。男たちの執着が分からんというか。(笑)
・それくらいなら、デブラに会いたかったな。
・全体としてはとにかく、ひたすら人が死んでくだけの話に。
"デザインとディテール"のかっこよさが失われると、こんなもんかという。
・シーズン3もあるらしいですが、見ないと思います。2も途中から眠くて仕方なかった。


他の人の感想

ザ・フォロイング シーズン1見ました(絵文字や顔文字は苦手です。 さん)
ザ・フォロイング シーズン1(よしおかみきのネタバレ映画・ドラマ日記 さん)
海外ドラマ『ザ・フォロイング/THE FOLLOWING』シーズン2(misasa104の日記 さん)

・・・順番に「シーズン1から駄目だった人」「シーズン1の途中から駄目だった人」「シーズン2から特に駄目だった人」という感じ。(笑)
思いの外否定的な感想が多いので、びっくりしました。人気ドラマじゃなかったのか?
特に3番目の方はシーズン2に入ってからの敵方("キャロル")のカリスマを問題にしているので、僕と似てますね。


スポンサーサイト



Posted on 2015/12/27 Sun. 12:52 [edit]

category: 2010-2014年のドラマ(アメリカ)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/15-70a9bcd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示