死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

’18.2月の海外ドラマ(’18.2.2)  

今見ているドラマ。(2/2)

『LUCIFER/ルシファー』(S1)
『THE BLACKLIST/ブラックリスト』(S5)
『SUITS/スーツ』(S5)
『リゾーリ&アイルズ』(S5)
『MURDER IN THE FIRST/第1級殺人』(S2)
『NCIS ~ネイビー犯罪捜査班』(S15)
『トップ・オブ・ザ・レイク~消えた少女~』
『スノーフォール』(S1)




『トップ・オブ・ザ・レイク~消えた少女~』(AXNミステリー)

初回放送&一挙放送は見逃しましたが、昨日から。
かなり、得体が知れない。(笑)
恐ろしく楽しくないですが、陰鬱さの気迫が半端ない。(笑)
救われない世界を、しかし最早嘆いている感じもしない。
多分傑作なんだろうと思いますが、さてどうなるか。
エリザベス・モスさんはこういう男社会の矛盾と戦う役の印象が強くてさぞかしフェミニストなんだろうとは思いますが、不思議に"甘さ"や"可愛さ"が残る人ですね。ジョディ ・フォスターあたりと比べても。
(2/2)


『VIKINGS ヴァイキング 〜海の覇者たち〜』S1~S4 (ヒストリーチャンネル)(Amazonプライムビデオ)

ヒストリーチャンネル製作の歴史大作というか伝奇ロマンというか。
製作済みのS4までAmazonプライムビデオで無料で見られるので、紹介しておきます。
僕はまだS4の途中ですが。
ヴァイキングのヨーロッパ"進出"の道を切り開いた伝説の王様"ラグナル・ロズブローク"の一代記的なストーリーですが、史実性は参考程度で、多分シーズン3で死んで終わる予定だったのが人気が出て拡大延長している感じ。(笑)
『ゲーム・オブ・スローンズ』程の深みは無いですが、似たような感触のかなり豪快に残酷なタブーレス歴史エンターテイメントで、見応えはあります。"ヴァイキング"よりむしろ"イングランド"の歴史の勉強になる感じ。

・・・多分一番人気はこの人。
ラゲルサ

ラグナルの最初の奥さんの女戦士で、別れたけど生涯の親友。
美しくてかっこよくて、かつ女優さんリアルにいい人そう。(笑)

(2/2)


SUITS/スーツ S5#8『綻び』(AXN)

その『ゲーム・オブ・スローンズ』が、マイクとルイスの会話で引用されていて、なんかアガりました。(笑)
ほんとに見られてるんだなあという。過去の名作映画引用と並ぶとは。
この前は原作者が、ヒストリーチャンネルの番組に顔出し出演してましたしね。
ドラマの方は人間関係もマイクの今更の詐称問題も、もつれにもつれていますが、それで品が落ちる感じになっていないのは、さすがだなあと思います。ハーヴィーの精神科医の色っぽさだけは、いつまでも落ち着かないですが。(笑)
まだヤッてないだけに。(笑)
(2/2)

スポンサーサイト



Posted on 2018/02/02 Fri. 10:16 [edit]

category: 最近見た海外ドラマ

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/167-792ea380
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示