死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

今週の海外ドラマ(’18.4.21-4.27)  

本館で歴史ドラマについてまとめて、ツイッターで『シリコンバレー』について少し、書いています。
ここだけ見てる人って、そんなにいない気もしますが。(笑)


クリミナル・マインド S10#8『サドワース・プレイスの少年たち』 (スーパードラマTV)

"優位"になった途端、説得にかかる"被害者"のいやらしさ
「小児性愛」の問題の本質は、こういう言わば"精神能力"の大きな差を前提にして、性行為に持ち込むことにあるわけですよね。パワハラ&セクハラと、ある意味で同じ。
小児に性欲を感じること自体は、そこまで"異常"だとは思えませんが。ラインの引き方によっては、むしろ引っかからない人の方が少ない気がしますし。

BLACKLIST/ブラックリスト S5#13『見えざる手』 (スーパードラマTV)

スパドラのホームページが13話までしか載せていなかったので、てっきり今週で終わりかと思ってました。
ならばそれが終わるまでにラインアップの貧困が改善されなかったら、長年続けて来たスカパー"ドラマセット"の契約を、考え直そうかなあと。"配信"&独立系ドラマが活発になる一方、当然そこに人材を奪われてネットワークドラマがますます後退しているということは、当然考えられますからね。形態としては、やっぱり"テレビ"が好きですが。
今週も何というか、"ブラックリスト"に入れるような犯人か?という印象。殺し過ぎとはいえ、ただの怨恨じゃんという。意図的な"プレ"なんですかね。

CSI:サイバー S2#8『牙をむくパイソン』 (AXN)

シーズン2で終わることは分かってますが、実は良作だなと最近ますます。
そこに"無印"のボスの力が加わっているところに、何というか『CSI』シリーズだけではなく、"ネットワークドラマ"の最後の輝きの結集的な切ない感じも。(笑)
犯人たちは天井知らずに腕を上げて来ますが、それへ対抗するCSI側の努力にも、独特の説得力があります。"知恵"と"勇気"というか。(笑)

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 S19#3『因果応報』 (FOX)

男としては身につまされますが、検事までが睾丸を切り落とされた犯人に、あそこまで同情するとは思いませんでした。
「一件」に対する復讐ならともかく、常習犯ですからね。確かに一方で「去勢」という刑罰のある国はあるらしくて、その場合はそれで終わりなわけですけど。でも"自業自得"と"法の裁き"はやはり別に考えるべきだと思います。言わば社会からのメッセージとして、刑罰は刑罰できちんと加えるべきかと。そこらへん僕は迷いは無いですね、この件では。

NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 S15#14『探偵フォーネル』 (FOX)

もう少しわだかまりがあってもいいような気はしますが、まあまあ納得できなくもない、フォーネルの態度。

主任警部アラン・バンクス S2#3&#4『もうひとつの素顔』 (AXNミステリー)

アニーは恋しいですが、モートンも十分に魅力的だと思います。
真面目一本のようで微妙にそそっかしいというか、定期的に潔く勇み足を踏むのが、可愛らしい。(笑)
バンクスとの関係性は、途中までよく分からないところがありましたが。
指揮権はモートンにあって、バンクスはアドバイザー的位置なのかなとも思いましたが、"ボス"はやっぱりボスなんですね。「俺を信じろ!」は感動的でした。
にしてもバンクスもてますね(笑)。それも含めて、未だにどういう人物なのかよく分からないところがあります。"平凡"というか"無個性"に見えるんですけどねえ、役者さんのせいかなあ。
演奏旅行は、行っちゃえばいいと思いましたけど。どうせ有給溜まってるんだろうし。(笑)


ドラマセットを切る場合は、Huluとの互換性を鑑みてAXNミステリーだけは契約しておこうかなと考えてますが。流れないですからね、地味な作品ばかりで。逆に貴重


スポンサーサイト



Posted on 2018/04/28 Sat. 12:04 [edit]

category: "今週の海外ドラマ"

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/195-62f163e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示