死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

死ぬまで海外ドラマについてコツコツと書いていくつもりのブログ

『THE FALL 警視ステラ・ギブソン』[英] (2013)  




『THE FALL 警視ステラ・ギブソン』(スーパー!ドラマTV) (allcinema)

内容

連続殺人犯ポール・スペクターと、彼を追う警視ステラ・ギブソン。
北アイルランド ベルファストを舞台に、追う者と追われる者との手に汗握る心理戦をスリリングに描いた犯罪サスペンスドラマ。
(公式)



レビュー

ジリアン・アンダーソンがエロい
・...ということ以外、特に言うべきことが無い気もする作品。(笑)
・いや、別につまらなくはないんですけどね、"面白い"のかというとよく分からないというか、そもそも面白いか面白くないかという類の作品なのかという点で、疑問を感じる作品だという。(笑)
・製作者がジリアン・アンダーソンをじっくり鑑賞したかったというのが、ほとんど唯一に近い最大のモチベーションなのでは?という。(笑)
・一応言っておくとシーズン2までちゃんと見てますし、シーズン3が放送されたらそれも見るつもりではいます。
・僕もジリアン・アンダーソン好きですし。(笑)

・まあ比較するとしたら、ジェームズ・スペイダー主演のドラマとかに近い構成なのかなと。
・特に『ボストン・リーガル』はそうですね、単に"主演""ハマり役"という以上に、あの人の存在感の全てが演出のディテールを決定してしまう感じ。(ウィリアム・シャトナーと共にね)
・この作品はそこまでではないとしても、では単に"ステラ・ギブソン"を"ジリアン・アンダーソン"が演じているのかというと、それは違うだろうという。
・勿論どのみち存在感は独特な人で、それこそ『X-ファイル』もジリアンのスカリーがあったからこそ、安っぽくならずに済んだみたいな部分は大きかったと思いますが。
・ただそれでもあれは「役」があって「俳優」があるというレベルに収まっていたと思いますが、この作品だともうそれらが"同時"に存在している感じ。少なくとも。
・本当は「俳優が先」と言い切りたいところもありますが(笑)、特に情報を持っているわけではないのでそれは一応控えておきます。(笑)
・とにかくもう、ジリアン・アンダーソン個人の臭いが濃厚で、たまに今の表情にストーリー上の意味があるのか単にジリアンの癖なのか存在感の過剰なのか、読解に戸惑う瞬間があるくらいで。(笑)
・少なくとも"性格"の描写には、少し緩い部分は出てしまっていると思いますね。
・特にステラの性的な放埓さのニュアンスが、今いち最後まで分からなかった。
・一応2で犯人との対決の際に、複雑な父子関係なども語られはしてましたが。
・そのせいなのか単にカジュアルなのか、どうもよく分からない。(笑)
・頼んだらヤラしてれるのかくれないのか。(いや、それは)
・その意味では振り回される男たち(一部女)には、二重に同情しました。(笑)
・だってわけ分かんないもん、この人。ほんとに。

・性格描写の緩さ、またはニュアンスの過剰に関しては、対する犯人側についてもそうな気はします。
・いい男だし立派に気持ち悪いし、怖くもあるしそれなりに切実でもあるんだけど、要するにどういうことなのか人なのか、未だによく分からない。
・なんかニュアンスで遊んでるだけという感じもして、そういう意味ではこの監督の元々の傾向でもあるのかも知れませんね。
・それがジリアン・アンダーソンというニュアンスの化け物を与えられて、暴走しているという。(笑)
・または水を得た魚。
・というわけでストーリーや事件については、余り真面目に追っていません。
・シーン一つ一つを、楽しんでいるだけというか。
・その雰囲気を。ニュアンスを。(笑)
・取り立てて難解ということもないと思うんですけど、あんまり"流れ"ないんですよね。
・シーン一つ一つが過剰なので。
・破綻しているというほどでもないですけど。
・まあ結論見るんですけどね。(笑)


他の人の感想

『イギリスドラマ「THE FALL 警視ステラ・ギブソン」が案外おもしろいということを伝えたい。』(変な映画が観たい さん)
『THE FALL 警視ステラ・ギブソン』(三毛猫如月の玉手箱 さん)
『「THE FALL 警視ステラ・ギブソン」、このイギリス・ドラマは面白い! お薦めです!』(淳一の「キース・リチャーズになりたいっ!!」 さん)

最初のは僕が"ニュアンス"ドラマだと言っている部分を、技術的にかなり詳細に説明してくれている記事で、色々なるほどという感じです。「事件の解決が目的となっていない」というのはほんとそう思います。(笑)
二番目のは真逆で、"確実にキャラ見ではない""ストーリー性で見せていく"作品と受け取って、結論としてはつまらないと(笑)。まあその見方だとそうなるだろうなという(笑)。正直誤解かなと思いますが。
三番目は雰囲気に特徴があると捉えつつ、それを最近の北欧ドラマの影響と解釈されています。確かに似てる部分はあると思いますが、僕的には監督個人の資質とジリアン・アンダーソンの存在が、結果的にもたらした類似性の部分が大きいのではないかと、そう思います。北欧ものはもっとストーリー志向ですしね。事件志向というか。

このように"感想"自体が分かれて面白いというのは、それだけ特徴のある作品だということですよね。
そういう意味では、おすすめ。ただし面白いかどうかは、保証しません。(笑)


スポンサーサイト

Posted on 2016/01/24 Sun. 16:20 [edit]

category: 2010-2014年のドラマ(イギリス)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/20-be75aa6d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

最新コメント

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

ブログ村

RSSリンクの表示

海外ドラマ系ブログ