死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

今週の海外ドラマ(’18.5.5-5.11)  

(Amazonプライム用の)大型テレビは結局買いました。1週間後くらいに届きます。
テレビの選択には自信がありますが、そもそも買うべきなのかどうかには未だに自信がありません。(笑)
5台目だぜ。さすがに1台売るかあげるかしよう。使いようが無い。


クリミナル・マインド S10#10『アメリア・ポーター』 (スーパードラマTV)

前の週のブラックリストに続いてクリミナルマインドも最新エピソードが更新されていなかったので、あれっと思って見てみたらサイト自体がリニューアルされていました。
ただ・・・サイト内をタグか何かで飛ぶようになっていてコンテンツ(例えば各エピソード)に直リン出来ないので、すげえ不便です。なんなんだろう。
犯人(男の方)を逮捕する時に気を逸らす為に、「君じゃなくてその女の方を逮捕しに来たんだ」とかましてましたが、一瞬僕も騙されてしまいました(笑)。不覚。

BLACKLIST/ブラックリスト S5#15『パティ・スー・エドワーズ』 (スーパードラマTV)

いやあ、何という独創的な政府情報への潜入の仕方。巻き込まれた方はたまらないとはいえ。
ぶっちゃけ映画一本これで作れますよね。
映画にした場合は多分、犯人の夫への愛をもっと大々的にフィーチャーするんでしょうけど。実際問題そういう"純愛"ストーリーにはなっていますしね。

CSI:サイバー S2#10『レイヴンの涙』 (AXN)

ほんと地味にいい作品ですね。
最初は"サイバー"でこのおばさん?と思いましたけど、今回のなんかは特に、おばさん(笑)の「母性」が凄く利いている。もうこれしかないという感じ。
ぶっちゃけおばさんは"偽証"に近いことをしているわけですけど、レイヴンへの"気持ち"に説得力があるので、普通におばさん側で見てしまいした。いつか分かるよレイヴン!(そのまんまや)

ハッピー・バレー 復讐の町 S1#2『エピソード2』 (スーパードラマTV)

こっちも"おばさん"の話ではあります。(笑)
ようやく状況が分かった。娘がレイプされて結局自殺して、そのレイプ犯との間の"望まれない子供"を、孫として養育しているのね。へヴィ。
既にもう一件のレイプも発生していますし、結構陰惨な話ではあるはずなんですが、何か"ユーモラス"な印象の方が強いです。傑作かも。"達人"の業というか。

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 S19#5『10年目の再会』 (FOX)

"おばあさん"が"おかあさん"でも通りそうなくらいまだ若々しいのが、オリビア的には危機感ライバル感を刺激されてそれがまた辛いんでしょうね。
"グレン"(妹をうっかり殺しちゃった兄)役に変な色気があって、その内何かの映画でブレイクしそうだなとか。
「リアル」に想像すると、多分妹は両親に溺愛されて育ってわがままで、それでしつこくお兄ちゃんの邪魔をして激怒されたんだろうなと。そういう意味では、潜在的な"殺意"はあったのではないかとか。

NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 S15#16『毒入りクッキー』 (FOX)

国税局についての陰謀説を聞いた時の、ニックの「一理あるな」という反応が実感こもってて笑いました。(笑)
アビーも見飽きたしスローンは不発な中で、孤軍奮闘癒し系なのは、やはりニックだと思います。(笑)
ていうかあのアジテーターの言うことはいちいちもっともに聞こえましたけどね、論理的には間違ってないから、怒るに怒れないというか。

STAR 夢の代償 S2#1『新たな一歩』&#2『デビューの行方』(新) (FOX)

なんかぬるっと始まっていて、先週はレビューし忘れました。
相変わらずスターはキレキレブラックコミュニティー(とショービス界)の妙なリアリティはびんびんで、何も変わらず好調で言うことがありません。
あとアレクサンドラは陰気で駄目だというのを、あの新社長が指摘してくれて嬉しかったです(笑)。役柄はともかくとして、正直キャストを交代して欲しいです。僕的に唯一の難点。
スターの特にガバハという豪快な笑い方は、あれは演技では出ないですよね、面白い(笑)。あの瞬間に何か、「ドラマ」と「現実」が繋がる感覚があります。


スポンサーサイト



Posted on 2018/05/12 Sat. 09:46 [edit]

category: "今週の海外ドラマ"

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/200-baf64625
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示