死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

今週の海外ドラマ(’18.5.26-6.1)  

オーストラリアのミニシリーズ『バックパッカー連続殺人事件』(AXNミステリー)が面白かったです。
前に見たオーストラリアドラマもそうでしたが、イギリスドラマのちょうど"骨太版"という感じで、少し対照的過ぎるアメリカとの比較とは別なレベルで、イギリスドラマの文体の相対化が出来る感じ。
また見てみたいです。(オーストラリアドラマを)


CSI:サイバー S2#13『殺されない殺人』 (AXN)

先週も言ったように。
ほんとこう、犯罪の「独創性」が止まらずに困ったもんだなと。
これ"実際の事件"を基にしてるならまだいいんですけど、ヒントになっちゃったらまずいんじゃないですかね。(笑)
この「証人殺し」はありですよね。法律とは要するに手続きなので、そこのそれ自体は必要な"厳格性"を逆手に取られると、法律を守る気が無い方が有利過ぎますね。
あと今週はおじさんとおばさんの純愛。(笑)
どっちも容姿が全くぱっとしないのが、「本気」度が高くていいですね。(笑)

BLACKLIST/ブラックリスト S5#18『ザラク・モサデック』 (スーパードラマTV)

"娘"問題は問題で大変ですけど。
でも今週の目玉はやはり、レッド&FBI"一味"の「大作戦」感。互いに毒づきながらのこなれたコンビネーションがたまらないですね。(笑)
『リデンプション』はそれを狙ったのかも知れないですけど、メンバーがちょっとね。やっぱりナバービとリズの"優しい無愛想"の女性陣二人が入ってくれないと。笑いと愛嬌が足りない。(笑)
"娘"問題は、「リズは本当は娘ではない」方面を一応推しておきます。そんな単純ではないようには思うんですけど。ていうかあんな簡単にゲロっていいのかなリズ。

クリミナル・マインド S10#13『ギデオンの遺言』 (スーパードラマTV)

ギデオンの存在感はやっぱり凄いですね。"不在"でもこんなに感情を動かす。
逆にギデオン亡き後よくこんなにシリーズが続いているよという感じですけが、逆にその穴を中途半端に"埋め"ている形のロッシが、どうも僕は好きになれません。
ホッチが地味なのは確かですけど、でもそれはある意味"ギデオンの喪失"も含めて継承している"地味"なので、あれはあれでいいんですよね。

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 S19#8『SNSに潜むワナ』 (FOX)

CSIサイバーに負けじと(笑)、こっちも結構凝ったネット犯罪が。(笑)
今回は邦題が"陳腐"なので、逆に内容が分からなくて良かったです。
"主犯"がレイプを認めてくれないと、"共犯"を罪に問えないという話は言われてみればそうなんですが、なんか騙されてるような気がする状況でした。(笑)
そしてノア・・・。オリビアの受難は終わらない。

NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 S15#19『偽造ID』 (FOX)

"賢い子供"の特有のいとおしさには、勝てませんね。"それでも子供である"という部分がまた。
ついに博士のしつこい出戻りに反撃が。(笑)
そして"研究所破壊"問題は、まさかの週またぎ。

ハッピー・バレー 復讐の町 S1#5『エピソード5』 (スーパードラマTV)

イギリスにはイギリスの考え方があるんでしょうけど、やっぱり"銃を持ってない警官"というのはどうにも頼りなくは見えますね。犯人と五分の勝負するなよというか(笑)。助けられる方にも注文はあるというか。(笑)
犯人がまだ捕まっていないということをベッドで聞いた時の、おばさんの反応凄かったですね。どういう"演技プラン"なのか、言語化出来ないだろうなという。犯人たちの仲間割れの時の、それぞれの反応もリアルで迫力がありましたが、どうも何かそれはそれだけのことというか、"だから何?"みたいなところもやっぱりなくはないです。色々な"演技"の、悪く言えば「練習」のつぎはぎを見せられている感じ。例えばそういう風に"芸術"として構成された映画とかならこちらも覚悟して見られますけど、そういう感じでもないのでどうも落ち着かないところがあります。『ステラ・ギブソン』シリーズくらいがぎりじゃないかと思いますね、視聴者への"親切"度"心の準備"度としては。
現場は多分相当自由な感じで、俳優陣はやり甲斐感じながらやっていると思いますけど。それで見てる方も楽しい場合もあるけど、そうでない場合もある。

STAR 夢の代償 S2#5『マネジャーの使命』 (FOX)

スローチューンになったら、アレクサンドラとシモーネの歌声が、いつにも増して映えた気がします。
逆にスターは、なんかシンディ・ローパーみたい(笑)。別にシンディ・ローパーが嫌いということではないんですけど。(笑)
アレクサンドラは半身不随の彼氏と別れたのかと思ったら、そういうわけではなかったんですね。
シモーネとプチレズったあの黒人不良少女は、いい役者だと思います。その内大きな役でお目にかかりそう。


スポンサーサイト



Posted on 2018/06/02 Sat. 23:18 [edit]

category: "今週の海外ドラマ"

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/206-b5906efa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示