死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

今週の海外ドラマ(’18.6.9-6.15)  

ゲーム(SFC『スーパー伊忍道』)を始めてしまったのと本(矢野大輔『通訳日記』)を読み始めたのとで、
Amazonビデオ視聴がパタッと止まりました。
だいたいこの3つが、空き時間を食い合うライバルですね。(笑)


クリミナル・マインド S10#15『過去からの叫び声』 (スーパードラマTV)

"かつて聴いた悲鳴へのこだわり"
「性的」な比喩を持ち出せば色々と言えそうですけど、下品になるのでやめます。(笑)
ていうかまあ、一種の性的な固着だろうとは、思うは思います。

CSI:サイバー S2#15『パイソンからの贈り物』 (AXN)

パイソン編意外な決着。
ていうかパイソンて、何であんなにマッチョ系なんでしょうね(笑)。登場した頃のこと覚えてないんですけど、何かありましたっけ。

BLACKLIST/ブラックリスト S5#20『ニコラス・T・ムーア』 (スーパードラマTV)

最近はすっかり扱いがぞんざいになっている"ブラックリスト"ですが(笑)、今回はまた随分と印象的な案件が("囮"として)使われましたね。何かモデルがあるんでしょうか、実在のカルトコミュニティがというか。・・・確かにあれは、「小説家」にとっての究極の"夢"かも知れません。まああらゆるカルト宗教に、"教祖による「物語」"という面はありますよね。そのファンクラブ。
レッドのもう一人の娘の気性のしっかりした感じは"さすが"ではありますが、ただやっぱりどうしても「大き過ぎる後付け」感はあって、"骨の謎"となるほどという絡み方をしないと、なかなか納得出来ない感じ。

LAW & ORDER:性犯罪特捜班 S19#10『マーメイド』 (FOX)

「知的障碍者の性」と「代理ミュンヒハウゼン症候群」。
随分重い組み合わせですが、それであざとくもしんどくも意外とならないのが、このシリーズの持っている"信用"性でしょうね。実際に日常的に"重い"部署なんでしょうし。(笑)
それにしてもアマンダ(&女優さん)は素敵。所謂"知的"なタイプではないですけど、人柄から来る独特のリアリティと説得力がありますね。"小さくて確実な真実"というか。既に主役シリーズ(『CHASE チェイス/逃亡者を追え!』)も経験している人ですが、今後もうひと花咲かせそうな気がする女優さんです。


ハッピー・バレー 復讐の町 S2#1『エピソード1』(新) (スーパードラマTV)

分かった。このドラマは、監督の資質とストーリーないし企画が、ずれてるんですよ。それで何かニュアンス過剰というか、全体像がしっくり来ない感じになる。
このドラマの最良の部分、"最良"になり得る部分は、1でも2でも冒頭で見られた「田舎警察のクソな日常」のおかしさで、それを主軸にした連作にすれば、結構な傑作になったと思います。それを無駄に"大事件""サスペンス"展開にするから、変な感じになる。シーズン2も1話でそのパターンが見えてしまった気がするので、もう見ません。
シーズン2製作で便宜的にまた呼び戻されたのだろう1の犯人も、今回はしっくり来ませんでした。エゴイストではあっても独特のリアリズムがある意味ではかっこ良かったと思うんですが("息子"絡みの狼狽はまた別)、今回はもろ粘着執着で、キャラが壊れて行くのを見ていられないという感じ。
こういうのは逆に、"オリジナルストーリー"の弱味だと思います。最初からトータルで作られていない。

STAR 夢の代償 S2#7『虚構のカップル』 (FOX)

ドロドロドタバタはいくらやっても構わないと思いますが(仕様なので(笑))、そこに「人種差別」という大問題を持ち込まれると、違うかなあという感じ。演出はリアルですけど、基本的には一種のファンタジーだと思いますからこの作品は。ちょっと荷が重い。スターのキャラを、笑って見ていられなくなる。
そもそも白黒茶色(?)が混じった3人の立ち姿そのものがファンタジーで、人種の融和はその映像的な説得力のみで、十分だと思います。わざわざ言語的に持ち出すことはない。活躍するのが"白人"のスターだというのが、逆に"融和"感を感じさせる気がします。夢ですけど。
というわけでちょっと気持ちが離れ始めているので、路線を戻してくれることを願います。

SUPERGIRL/スーパーガール S2#1『ニュー・アドベンチャー』(新) (AXN)

最初の頃ほどのときめきはさすがに無いですが、やっぱり楽しい。
まあ"キャラ"ものなので、ファーストインパクトが最大になるのは、仕方の無いところ。
でもキャリスタ・フロックハートとか、"アリー"以外で唯一のいい役というか、はまり役だと思います。地味に支えている。多分地に近いのではないかと。
今回の目玉は・・・"スーパーマン"の顔出し?(笑)。どっちかというと、"出さない"節度が好きだったんですけど。あとちょっと間抜け面(笑)。軟弱な二枚目というか。微妙

NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 S15#21『一歩前進』 (FOX)

ギブスが最初、今回の相談者+警官2人に声をかけようとしたのは何ででしょうね。多少不穏ではあったかもしれないですけど、まだその時点では暴力沙汰にはなっていなくて、通常業務の範囲内に見えましたけど。
だからてっきり、知り合いなのかと思ったんですけどそうではなかったですし。
と、変なところが気になりました。(笑)


スポンサーサイト



Posted on 2018/06/16 Sat. 21:21 [edit]

category: "今週の海外ドラマ"

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/211-ad0f2a04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示