死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

海外ドラマのプロデューサーたち(米国編) :1950~60年代&表記の説明  

今回から"製作"部門についての調べを行っていきます。

まず始めに、日本語では普通「製作総指揮」「製作」の主に二つのクレジットでこの部門の役割が表記されるわけですが。
英語で言うと、"製作"は簡単で、"Producer"ですね。
一方「製作総指揮」には二種類の語が当てられていて、通常は"Executive producer"、たいてい複数いる"Producer"の、まとめ役、上位職みたいなそんな感じでしょうね。
そしてもう一つ、作品によってはクレジットされているのが"Created by"で表記される役割で、これは作品のそもそものアイデアを提供していたり、内容に直接的に関わったりするタイプのプロデューサー("脚本家"がやっている場合が多いよう)。特にそれが"Executive producer"と併記されている場合は、"創作担当"と"金集めと渉外担当"みたいな役割分担がなされていることが、想像出来ます。"Created by"しかない場合もあるようですし、同じ人が兼任している場合もありますね。
一般的には"Executive producer"が「製作総指揮」者を意味するようで、この調査では何も書いていなければそっちで、"Created by"がある場合だけ、区別を書いて行きます。

では早速。


1950年代

ヒッチコック劇場(1955) (日Wiki) (英Wiki)

製作総指揮:
"Created by""Executive producer"
Alfred Hitchcock
製作:
Joan Harrison
Norman Lloyd


ローハイド(1959) (日Wiki) (英Wiki)

製作総指揮:Ben Brady
製作:
Endre Bohem
Vincent M. Fennelly
Bruce Geller
Bernard L. Kowalski
Charles Marquis Warren
Robert E. Thompson



1960年代

ベン・ケーシー(1961) (日Wiki) (英Wiki)

製作総指揮:"Created by"James Moser
製作:Matthew Rapf


コンバット!(1962) (日Wiki) (英Wiki)

製作総指揮:Selig J. Seligman
製作:
Robert Altman
Robert Blees
Burt Kennedy
Gene Levitt


逃亡者(1963) (日Wiki) (英Wiki)

製作総指揮:
"Created by"Roy Huggins
"Executive producer"Quinn Martin
製作:
Alan A. Armer
Wilton Schiller


奥様は魔女(1964) (日Wiki) (英Wiki)

製作総指揮:
"Created by"Sol Saks
"Executive producer"Harry Ackerman
製作:
Danny Arnold (17 episodes, first season)
Jerry Davis (most episodes, first and second seasons)
William Froug (third season)
William Asher


かわいい魔女ジニー(1965) (日Wiki) (英Wiki)

製作総指揮:
"Created by""Executive producer"
Sidney Sheldon
製作:
Sidney Sheldon
Claudio Guzmán


スタートレック 宇宙大作戦(1966) (日Wiki) (英Wiki)

製作総指揮:
"Created by""Executive producer"
Gene Roddenberry
製作:
Gene L. Coon
John Meredyth Lucas
Fred Freiberger


刑事コロンボ(1968) (日Wiki) (英Wiki)

製作総指揮:
"Created by"
Richard Levinson
William Link
"Executive producer"
Philip Saltzman


あらまあ。15年間見てみても、まだ一回も"かぶり"が無いですね。作品数自体が少ないのもありますが。
ずっとこれだと調べる意味がほとんどなくなってしまうんですが(笑)、まあそんなことはないでしょう。

『奥さまは魔女』と『かわいい魔女ジニー』は同じ人がやってるのかと思ったら、全然違うんですね。単なる"魔女"ブームだったのか。(笑)
『ジニー』の方は、シドニィ・シェルダンという後に有名になった小説家で、一時期電車の中吊り広告とかで死ぬほど名前を見かけた記憶が、ある年代以上の人にはあるでしょう。・・・ああなるほど、そもそも原作が本人なんですね、『ジニー』は。
ドラマ自体の感想は、割りと品行方正な『奥さまは魔女』と、ちょっといけない『かわいい魔女ジニー』という感じですね、両方とも少しずつしか見てませんが。
『コロンボ』は少し例外的で、"シリーズ"とは言っても一本一本が割りと単発の映画のように作られているので、それぞれにプロデューサーはいるんですけどあんまり書く必要ないかなと。"シリーズ"をシリーズとして統括している製作総指揮の方だけを、書いておきました。それがつまりは、通常のドラマにおける"製作者"の役割であるはずなので。


次は70年代。


スポンサーサイト



Posted on 2018/10/23 Tue. 15:29 [edit]

category: 海外ドラマのプロデューサーたち(アメリカ編)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/248-102a78a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示