死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

’18.10月の海外ドラマ(Hulu、スカパー)  

"スカパードラマセット"の方は、現ラインアップに書くに値する作品が無いので当分お休み。
こんな時代が来るとはねえ。


配信系。

視聴中

『「滲透」 ~二重スパイの男』(CCTVオンデマンド、中国)

下の『宮廷の諍い女』の方の消化に追われて先月からほとんど進んでいませんが、こちらもやはり大傑作というか怪作というか。
これだけ複雑で、一筋縄でも二筋縄でも(笑)行かない(しかも娯楽)作品というのは、アメリカでも本当に限られたごく一握りの作品でしかお目にかかれないレベルのものだと思います。中国国内用のフォーマットで作られているので一般の配信サイトに降りて来ることはまずないと思いますが、これだけの為にCCTVと契約する価値は十分にあると思います。いつまで公開しているかという、不安もありますし・・・。DLとか出来るのかな。
多分中国でも"知る人ぞ知る"扱いなんだろうと思いますけどね。(笑)


視聴済み

『宮廷の諍い女(いさかいめ)』(Hulu、中国)

"中国四千年"の底力(笑)を嫌と言うほど思い知らされる、凄まじい作品でした。世に宮廷もの後宮ものドロドロメロドラマは数あれど、これを越えることはまず無理というか、そもそも必要無いというか。『諍い女』の前に『諍い女』無し。『諍い女』の後にも『諍い女』は無し。
ただ見るのに凄くスタミナがいるので、時間的に余裕がある時に、のんびり見ることをお勧めします。僕は約2ヶ月かけましたけど、それでも結構きつかった。元は「一週間に一話」で放送されたもののようで、まあそっちが正解だよなという。"テレビドラマ"は"テレビ"で。


ちょっとだけ視聴

『レヴェリー 仮想世界の交渉人』 シーズン1(Hulu、アメリカ)

"仮想世界の交渉人"という設定がユニークそうなので見てみましたが、ただただつまらなかったです(笑)。ユニークどころか陳腐。全てが。1話見通すのも大変でした。

『大風水』(Hulu、韓国)

こちらも"風水師"という題材とそう言えば「李氏朝鮮の起源」ものは見たことが無かったなという興味で見てみましたが、平均か少し下くらいの、よくある韓流史劇でした。1話で切り。



スカパー。

視聴中

チャンネル銀河
『月に咲く花の如く』[中国]
ストーリー展開がちょっとエグくなり過ぎて、最初の方の爽やかさというか"よく出来た少女漫画"感は薄れてしまいましたが、ヒロインが豪放磊落な本領を発揮する瞬間は、やはり魅力的。"近代化"(運動)の功罪や"手本としての日本"が公平にフラットに描かれているのも、良かったかな。
『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~』(シーズン2)[トルコ]
こちらはかけらも爽やかじゃない(特に主人公(笑))のになぜか見続けられるところが魅力(?)な作品。
敵も味方も決定打だけはかわし続けるのは、ちょっとわざとらしい感じはしますが。誰か消えろよ。(笑)
『琅琊榜<弐>~風雲来る長林軍~』[中国]
前作のファンを失望させない、これはこれで間違いなく(かなり)優れた作品ですが、前作と違って大きなストーリーが(まだ)見えづらいので、割りと淡々と見ています。ディテールを楽しみながら。

LaLaTV
『酔麗花 ~エターナル・ラブ~』[中国]
武侠、ファンタジー、美男美女たちの絢爛ラブロマンスと、様々な"美味しい"要素を、どれも過剰にならずに実に巧みに組み合わせた作品。スーパーではないけれど、一つの"模範""基準"的な作品というか。
『永遠の桃花 ~三生三世~』[中国]
なんか神懸かっている(実際に"神"が沢山出て来ますが(笑))というか、夢のように楽しい作品。日本のファンタジー&萌えなアニメを、中国人が実写でやると、こうなるというか。映像美とときめきと大笑い。(笑)

CCTV大富
『神の手を持つ医師!喜来楽』[中国]
李鴻章やら袁世凱やら有名人が景気よく(患者として)出て来ますが、しかし圧倒的に魅力的なのは西太后。主人公の立場はどちらかというと反西太后派なのが、世界観の奥行きになってますね。"転向"もあるのかなあ。
『清の能臣 于成龍(ウ・セイリュウ)』[中国]
要は庶民の味方名奉行ものなんですが、ディテールの濃厚さがなんか凄い。そこはむしろリアリズム。いずれにしても、中国独特の"理想の官僚"ファンタジーが、随所で興味深い作品。
『紫檀(したん)王』[中国]
"日活アクション"的な作品、かなあ。そういう時代感。主人公の無茶苦茶な行動力と一本気さは、日本の少年漫画的とも言える。古臭いですけど、だからと言って見られないわけでもないです。
『百錬成鋼』[中国]
国共合作前の中国を舞台に、対日戦争を横目で睨みながら、国民党と共産党、そして共産党内部の勢力争いを結構赤裸々に描いた興味深い作品。一応共産党"礼賛"ではあるんですけど、こんなの描いていいのかなという気にもちょいちょいさせられます。(笑)


以上、ほとんど中国に占領された状態の、10月のラインアップでした。(笑)
『諍い女』が終わったので、Huluは休眠させて放置してあるAmazonプライムのアメドラとかも、また見てみるつもりではありますけどね。


スポンサーサイト



Posted on 2018/11/06 Tue. 20:11 [edit]

category: 最近見た海外ドラマ

thread: 中国ドラマ - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/251-781ba6d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示