死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

『ARROW/アロー』(2012)  

この『ARROW』の製作スタッフが関わったという触れ込みの、『スーパーガール』が良過ぎて衝撃!(笑)
日本で言えば、『あまちゃん』的な可愛さ楽しさ。

・・・まあどのスタッフがどう関わったのかは、確認してないんですが。(笑)
とりあえずありがとう、君たちはやると思ってたよ!





『ARROW/アロー』(AXN) (Wiki)

内容

船の遭難事故で死んだと思われた億万長者のプレイボーイ、オリバー・クイーンが、奇跡の生還を果たす!
しかし、流れ着いた絶海の孤島で過ごした5年の歳月は、その男のすべてを変えていた…。
亡き父と交わした約束を果たすため、スターリング・シティを破滅に追い込む権力者から街を守るため、人知れずヒーローとして生きることを決意したオリバー。“お騒がせセレブ”という仮面で周囲をごまかしながら、緑のフードと弓矢を手にした孤高のヒーローとして、一人、また一人と、父が遺したリストの人物に制裁を加えていく!
(公式)


レビュー

・ドラマとしては、かなり良く出来ている作品だと思います。
・ただいかんせん内容に興味が持てなかったので、視聴自体は1stシーズンで終了。
・放送そのものは、その後も3rdシーズンまでやってるようですね。
「またこのメンバーでやりたいですね!」という、日本のバラエティ番組の打ち上げの決まり文句が実現したのが、『スーパーガール』?(笑)
・随所に言われてみればという、共通性は感じられます。
・例えばアメコミ的"スーパーヒーロー"を、現代の視聴に耐え得るようにリアリティを出しつつ、しかしファンタジーの楽しさは失わないようにするバランス感覚とか。
・似たようなことですが、敵も強くて結構主人公も苦戦する、早々に一筋縄ではいかない感じにはなるんだけど、でも必要以上に暗くならない感じとか。
・リアルでハードにはしても、"偶像破壊"にはしないというか。
・...スーパーガールで、「苦しい時も希望を失わないのがヒーローの資格だ」的なせりふがありましたが、その精神でしょうか。(笑)
・ヒーローはあくまでヒーロー。
・製作スタッフに、"ヒーロー愛"があるというか。(笑)
・またはアメコミ愛。
・後はあれですね、ARROWに出て来る天才コンピューターオタクっ娘(フェリシティ・スモーク)

Felicity_Smoak

の感じは、スーパーガールのカーラ(変身前)

カーラ メガネ

にも受け継がれてるかなという。
メガネっ娘愛というか。(笑)

・それに限らず、『ARROW』には日米の壁を越えて、共通したサブカル的感受性というものが感じられて。
・単にディテールの趣味ということではなくて、一つ一つの物事の見方感じ方自体が。
個人主義的で、小さいものを愛して、少し暗いけど知的で、大げさではないけど真実と正義を愛してという。
・サブカル精神。(笑)
・"カウンター"かも知れないけど。
・アメコミ原作という、作品の来歴自体は知らないで見始めたんですが、すぐにピンと来ました。
・まあだいたい主武器が"弓矢"というのが、いきなりは出て来ない発想ですからね。(笑)
・何かはっきりした元ネタがあるんだろうと、気付きますが。
・それが"原始人都会に来る"的な感じではなくて、変にリアルに実利的に使われてるのが面白い。
・とにかく色々とよく出来た、むしろ"洗練された"作品だと思います。
・"町の悪者退治"という内容や、主人公のイケメンアピールとかに興味が持てれば、僕も見続けたんですけど。
・残念ながらそうではなかったので(笑)、よく出来た作品であることを"確認"しただけで、終わってしまいました。
・スーパーガールはほら、やっぱり可愛いから。(笑)
・既に結構痛めつけられてるけど、あんまり鬱展開とかしないで欲しいなあ。


他の人の感想

「ARROW(アロー)」シーズン1 感想と評価【海外ドラマ】(ごきげんプラス!映画や海外ドラマを楽しむブログ さん)
ドラマ「ARROW(アロー)」シーズン1のネタバレ感想(もりべや さん)
【海外ドラマ】ARROW / アロー 【シーズン1】見た。(『A Little his REDEMPTION.』映画おたくの映画感想倉庫 さん)

みなさんだいたい似たような感じの、やや距離を取りつつの高評価。
まあそんなむきになって賛否を問うタイプの作品でもないのでね。(笑)
よく出来ている、少し暗いけどリアル、イケメン揃い、等々。
二番目の方の書いている、「原作があるためか、構成がしっかりしてい」るというのは、非常に僕も見てる時に感じました。
"怒涛の展開"でも、なんか余裕があるんですよね。きっちり折り畳んである奥行き感というか。安心感。
『ヒーローズ』みたいな変な"必死"さが無くて良いというか。


スポンサーサイト



Posted on 2016/03/17 Thu. 18:26 [edit]

category: 2010-2014年のドラマ(アメリカ)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/26-fa330a72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示