死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

今週のスカパードラマセット(’19.1.12-1.18)  

慢性的な"駒"不足で、すっかり不定期更新と化しているシリーズですが。
改めて言うと、スカパーの"ドラマセット"に含まれる海外ドラマチャンネル(スーパードラマTV、AXNミステリー、AXN本体、FOXチャンネル)で、レギュラー放送されているドラマの感想を書くコーナー(?)です。
実際には今僕は「プレミアム15」の一部として、これらのチャンネルを見ているわけですが。
・・・昔は本当、"海外ドラマ"と言えばこれ(このセット)だったんですよね。


刑事★コムラッド ~同志に別れを~ #1『見えざる手』(新) (AXN)

冷戦時代のルーマニアを舞台とした"ルーマニア"ドラマ・・・と見せかけたアメリカドラマ。(笑)
途中まで気付かずに見ていて、ほんとふた昔前のアメリカの刑事ドラマのコピーだなあしょうもないと思っていたんですけど、含めてのトリックでした。
ただそれに何の意味があるんだろうというか、だからと言って面白いとは別に思わないんですけど、とりあえずもう少しだけ見てみます。

ブリーク・ハウス #1~#4(新) (AXNミステリー)

先週から二話ずつで、始まっていました。
定期的に作られる(放送される)バルザック原作のレトロなドラマだろうとほとんど気乗りせずに見始めたんですが、なんか面白いです。"バルザックの斬新な解釈"という感じすらしなくて、いい意味でただの良質なイギリスドラマ。
"バルザック"的世界観ということも含めて、ひょっとしたら「イギリス」ドラマの一つの何か典型のようなものを、あえて狙って作っているのかもしれませんね。新味は特に無いですが本当に良質。
出演者もみんな魅力的ですし、ジリアン・アンダーソンのお馴染み"意味深"演技も、お馴染みなまま何か新鮮な息吹を吹き込まれている感じ。

リゾーリ&アイルズ S6#16『対極』 (FOX)

こちらは本物の(笑)、東欧系マフィア絡みのエピソード。
ドラマとしてのマンネリ感はいかんともし難くはありますが、ただここのところこういうエキゾチックだったり意外性のある設定の事件は、増えている感じがします。書いてる人"頑張ってる"というか。(笑)
"退職"絡みの話も、しんみりさせられましたね。みんな辞めないで!(笑)

スノーフォール S2#7『世界を手に』 (FOX)

なんだ、弟も承知の上だったのか、潜入捜査のことは。
しょうがねえやつ、プライドの無いやつというか。殺されて当然ですね。
クラブのマダムと"叔母さん"との「破局」の様子は、ありがちではあるけれど陰惨。"好きな所"が"嫌いな所"に反転する、「愛の無常」(笑)を感じてしまいます。
ちゃんと"ビジネス"にしたいフランクリンのいら立ちはよく分かりますが、そもそも"ちゃんと"したところから始まった事業ではないので、難しいところはありますね。結局いつ切るかという話にしか、ならないというか。


スポンサーサイト



Posted on 2019/01/19 Sat. 12:45 [edit]

category: "今週の海外ドラマ"

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/271-0df54f83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示