死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

’19.1月の海外ドラマ(中国、スペイン、英米)   

(ほぼ)中国ドラマ専用アカウント(@youka2019)を作りました。
ただこの記事自体は、より広く"海外ドラマ"ファンに向けて書いている感じです。


新しく見始めたもの

AbemaTV

『擇天記』(中国)

Abemaで無料配信中なので、今からでも誰でも見られます。中国ドラマ未経験者は是非。今の水準が確認出来るはず。
中国ドラマお得意の"ファンタジー史劇"ですが、見たところ「史劇」性はほぼ無いようですね。一応「周」という国名は出て来ますが、多分「人間が神に近くあった頃の国家」の代表的なイメージとして使っているだけだろうと。一方でもっと後代の官僚制度や教育制度が整った国家のイメージもありますし、とにかく色々集めて完成度の高い、象徴的な"中国"を作ってみたという感じ。
そうした舞台で圧倒的に美しい映像とそれに負けない美男美女と、剣と魔法と武術理論と権力闘争ともちろん愛と、一通りの"メニュー"は全て揃っていますが、僕が特に強調したいのは主人公の魅力ですかね。日本の少年漫画を読み慣れた人なら、この主人公の"崇高なお人好し"の魅力と価値は、すぐに分かるはず。その中でもかなり稀に見る魅力的な、心から応援したくなる主人公だと思います。
中国ドラマのお約束を知っていれば尚楽しいですけど、知らなくても問題なくクオリティの高さは分かるだろう、お勧めの作品です。

CCTV大富(放送)

『24の急カーブ』(中国)

日中戦争を、"国民党"軍側を主人公として描いた、多分結構珍しい作品。
基本戦っているのは日本軍やその工作員となんですが、どうも"共産党"軍からのスパイ活動もあるようなので、基本的に悪く描けないはずのそこらへんの描写をどうするのかも、興味深いです。
本質的にゲリラである共産党軍と違って国民党軍は一応時の「政府」ではあるので、米軍がかなり全面的に協力しているのが要素としては新鮮ですかね。ただそんなに"政治"的な作品ではなくて、"戦う男たち"(ただし女性も大活躍)の割りと愉快な(笑)普通の人間ドラマです。

『ビッグファミリー』(中国)

中国の都市部における厳しい住宅事情を背景に、住民たちがあの手この手で望みの住環境を手に入れようとドタバタを繰り広げるホームコメディ。現代中国の家族関係と役所の役割の描写が面白いです。
主人公はえらく品の良いお人好しの塾講師のおじさんで、"あの手この手"には消極的なんですが、それで結構ちゃんと話が回っている、脚本技術的にもなかなかの作品ではないかと。

アジアドラマチックTV

『サンセットストリート』(中国)

こちらも(若者の)現代都市風俗を背景とした、おしゃれなソフトBLものという感じの作品で、とても僕が見る作品とは思えないんですが(笑)存外いいです。
風俗がおしゃれ、というだけでなく、ドラマ自体が風通しが良くてでもツボもしっかり抑えていて、本質的な意味で"おしゃれ"な感じ。掘り出し物でした。

CCTV大富(オンデマンド)

『先に結婚 後から恋愛』(中国)

出会ったその日にやけくそ的に電撃婚してしまった男女が徐々に愛を育む話という、これも書いていて何でこんなの見ているんだろうという感じですが(笑)、結構面白いです。
登場人物はどちらかというと全て類型的なんですが、その"類型"の中身がやたら丁寧に生き生きと満たしてあって、何かこう、"不意打ち"的な感動をちょいちょいさせられます。舐めてるとやられるというか(笑)。地味に凄く腕のあるスタッフだなと思います。



引き続き見ているもの

チャンネル銀河

『イサベル~波乱のスペイン女王~』(スペイン)

"女王"になったイサベルですが、王国の内情はいつまでたってもえらく苦しい・不安定で、毎話綱渡りの連続でよくこれでもったよなあと感心しながら見ています、
"ハラハラ"のレベルはとっくに越えて、何で崩壊しないのか逆によく分からない感じです。(笑)

CCTV大富(放送)

『茶館』(中国)

見た目のんびりした作品なんですが、作中の時間内であっさり清が倒れてしまったので、その前後の庶民の暮らしがどう変わったかという、予想外に珍しいものを見ることが出来ました。

『闖関東外伝』(中国)

止まらない中国版西部劇。管家は今日もみんな大騒ぎ。
正確には、"東北"部劇ですが。

『清の能臣 于成龍』(中国)

止まらない康熙帝の無茶ぶり。ありがた迷惑な贔屓の引き倒し。
さすがにそろそろ、于成龍も力尽きそう。(笑)

CCTV大富(オンデマンド)

『臥薪嘗胆 ~復讐の春秋~』(中国)

どうやら"臥薪""嘗胆"もしないらしいんですが、もっとえぐい受難がこれでもかと越(えつ)の君臣たちに降りかかり続けます。ようやく越に帰れて、あと残り10話。

『「滲透」 ~二重スパイの男』(中国)

こちらもかなり時間がかかってようやく"宿敵"の「人間性」が露になって来て、これからいいところ。残り10数話。



見終わったもの

LaLaTV

『永遠の桃花 ~三生三世~』(中国)

あれ?これ一本か。
実は最終2話を見逃しているので、後でDVD借りて見ます。


ちょっとだけ見たもの

『パトリック・メルローズ』(スターチャンネル、イギリス・アメリカ合作)

"スターチャンネル"というか、BSスカパーで1話だけ。
"上流階級の父子の確執"と全く同じ比重で(「子」の方の)"薬物中毒者の日常"を描いた、結構えぐい作品。
まあまあ面白かったです。

『ママ、がんばって』(CCTV大富オンデマンド、中国)

中国版昼ドラ。
"昼ドラ"という共通性で、ほとんど日本のドラマを見ているのと変わらない感じに見えるのが少し面白かったです。
"昼ドラ"は世界の共通語?(笑)


"ちょっとだけ"パターンは実は他にも膨大にあるんですが、膨大過ぎるのでまた別枠で。


スポンサーサイト



Posted on 2019/02/01 Fri. 20:52 [edit]

category: 最近見た海外ドラマ

thread: 中国ドラマ - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/274-1e81f491
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示