死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

海外ドラマのプロデューサーたち(米国編) :2004年(1)  

LOST(2004) (日Wiki) (英Wiki)

製作総指揮・企画
Created by
Jeffrey Lieber
J. J. Abrams
Damon Lindelof
Executive producer
J. J. Abrams
Damon Lindelof
Bryan Burk
Carlton Cuse ・・・(刑事ナッシュ・ブリッジス)
Jack Bender
Jeff Pinkner
Stephen Williams
Edward Kitsis
Adam Horowitz
Jean Higgins
Elizabeth Sarnoff


J. J. Abrams初登場。
うん。ひょっとすると僕ジェリー・ブラッカイマーとこの人の区別がついてないかも知れない。(笑)
「サバイバー」という大ヒットリアリティショーをそのまんまドラマ化したような作品で、力作ではありますが軽薄でもあって、局主導の「製作」ぞろぞろつきタイプかなと思ったら違いました。

Dr.HOUSE(2004)  (日Wiki) (英Wiki)

製作総指揮・企画
Created by
David Shore
Executive producer
Paul Attanasio
Katie Jacobs
David Shore
Bryan Singer
Thomas L. Moran
Russel Friend
Garrett Lerner
Greg Yaitanes
Hugh Laurie


FOXだけど「製作」がついていなくて、でも傘下の独立系FXでもないという、珍しいパターン。
実際"ネットワークドラマ"の枠内で、本当にぎりぎりに攻めたという感じの作品ですね。形式は保守だけど内容は改革というか。

デスパレートな妻たち(2004)  (日Wiki) (英Wiki)

製作総指揮・企画
Created by
Marc Cherry
Executive producer
Marc Cherry
製作
Charles Skouras III
Stephanie Hagen
Alexandra Cunningham
Jamie Gorenberg
Kevin Etten
Tracey Stern
Patty Lin
Annie Weisman


これもある種折衷的な作品。
基本的には"Marc Cherry"という人の個人的意欲によって作られているんでしょうが、それを局もがっちりサポート&チェックしているという。結果大胆な内容と定番の文体の作品に。(笑)

Lの世界(2004) (日Wiki) (英Wiki)

製作総指揮・企画
Created by
Ilene Chaiken
Michele Abbot
Kathy Greenberg


こちらは"個人"的ですがしかしその"個人"が3人いるという、パターン。
まあ賭けは賭けだけど(先駆的レズドラマ)、リスク分散ということでしょうね。
局としては"Showtime"。HBO、FXに次いでよく見る、活動的な局かな?

ボストン・リーガル(2004)  (日Wiki) (英Wiki)

製作総指揮・企画
Created by
David E. Kelley ・・・(L.A.ロー 七人の弁護士、天才少年ドギー・ハウザー、ピケット・フェンス、シカゴ・ホープ、アリーmyラブ、ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル、Snoops、ボストン・パブリック)
Executive producer
David E. Kelley
Bill D'Elia ・・・(シカゴ・ホープ、アリーmyラブ、ザ・プラクティス ボストン弁護士ファイル)
Mike Listo ・・・(アリーmyラブ)
Lawrence Broch
Janet Leahy
Scott Kaufer
Jeff Rake


ケリードラマの最後にして最高の傑作と、僕は思っています。
当然ファミリー結集。

4400 未知からの生還者(2004) (日Wiki) (英Wiki)

製作総指揮・企画
Created by
René Echevarria
Scott Peters


今尚人気の高い、カルト的SF作品。
当然"有志"による製作体制。

デッドウッド(2004) (日Wiki) (英Wiki)

製作総指揮・企画
Created by
David Milch ・・・(NYPDブルー、ブルックリン74分署)
Executive producer
David Milch
Gregg Fienberg
Mark Tinker


HBO作品なんですが、あらー、ボチコの人が作ってる。
面白い組み合わせ。
作品自体も、HBO的な大胆さ、あからさまさ(笑)と、「西部劇」という様式美性というか「男の世界」感の融合した、不思議な作品でした。その部分に、「警察」ドラマのボチコの血が役に立っているんでしょう。


スポンサーサイト



Posted on 2019/02/16 Sat. 12:34 [edit]

category: 海外ドラマのプロデューサーたち(アメリカ編)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/278-58f126c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示