死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

『NCIS: ニューオーリンズ』(2014) &新方式  

4月になりました。
去年12月に立ち上げ以来、探り探り騙し騙し(笑)やって来ましたが、色々とスタートダッシュの12月を除けば、過去3か月の更新実績が6-3-3、均すと平均月4回で、これくらいがまあエネルギー的に妥当なペースなんだろうと思います。
これからは逆に週1ペースをきちんと守るように、心がけたいと思っています。

で、そうやって曲がりなりにも4か月書いて来ましたが、今ひとつふたつ(笑)、書き方がハマってない感があるので、今月から少し新方式を導入してみようかなと。
といって別に独創的なものではなくて、部門別に採点をして、それに従って恐らくはコメントももっと部門別細分化された形にして行こうと。特に僕の場合、過去本館でアニメについてなど書いた時の経験からすると、評価基準自体が割りと独特(自分では別にそう思っていない笑)みたいなので、多少なりとも分かり易くなるかなと。
いい悪いは主観としても、「何」についてのいい悪いなのか、なるべく読んでいる人に分かり易くして行こうと。


具体的には以下の4つの部門。

1.企画(テーマ性やオリジナリティ)
2.ストーリー(またはエピソード)
3.人物描写("セリフの面白さ"も含む)
4.演出(機能性や芸術性)


それぞれについて、5点満点の数表示をしてみます。
・・・ね、独創的じゃないでしょ?(笑)
自分でこれを評価すると、"1"については☆☆ですね。(笑)


早速では先頃1stシーズンの放送が終わったばかりの、『NCIS: ニューオーリンズ』から。
思い入れが無いので実験にちょうどいい。(笑)





『NCIS: ニューオーリンズ』(スーパードラマTV) (Wiki)


内容

アメリカはもとより、世界各国で絶大な人気を誇っている「NCIS ネイビー犯罪捜査班」。海軍犯罪捜査局(略称NCIS)の活躍を描く「NCIS ネイビー犯罪捜査班」は、2003年から全米3大ネットワーク局CBSで放送開始以来、現在でも全米視聴率トップを争う人気番組だ。2009年にはスピンオフ「NCIS:LA~極秘潜入捜査班」が登場し、こちらも大ヒットを記録中。さらに2014年、2つ目のスピンオフとして登場した話題の新作が本作「NCIS:ニューオーリンズ」である。
舞台となるニューオーリンズは、ルイジアナ州南部にある同州最大の都市。メキシコ湾に面し、ミシシッピー川に沿った重要な港湾都市で、ニューオーリンズ支局はミシシッピー川からテキサス州北部のパンハンドル地方までを管轄している。 (公式)



レビュー

企画(テーマ性、オリジナリティ) ☆☆★★★

何せ"2つめのスピンオフ"ですし、1つ目の『LA』に比べても本家のフォーマットに忠実に作られているので、オリジナリティは最初から望むべくもありません。むしろその定番性がアメリカでの人気の要因ではないかと想像しますが、"本家"自体がかなり煮詰まって感じられる近況では、さすがにちょっと見飽きた感じの作りで僕は眠いです。
"ニューオーリンズ"の地域性として、「家族」的な人間関係・街の雰囲気を出そうという企画意図自体は、一応分かります。そこを加味しての☆2つ、それが無かったら1つですね。

ストーリー(またはエピソード) ☆☆☆★★

標準はクリアしていると思います。固まり切ったフォーマットでもそれなりに見られるものを作って来る、そこらへんはさすがにアメリカの脚本家だなという。それ以上のものではないですが。
随所に"ニューオーリンズ"の土地柄を絡めようという努力は多少わざとらしいですが、一種の「観光案内」として(笑)まあ許せる範囲かなと。

人物描写("セリフの面白さ"も含む) ☆☆☆★★

"2"つか"3"つか迷うところ。
ボスである"キング"ことプライドの魅力と父性的な包容力に頼り切った感じの物凄い"内輪"感のある人物描写で、リアリティがあるというよりは予定調和感が強いですが、そこを突っ込むのは多分野暮なんだろうなと、水戸黄門や遠山の金さんを楽しんでいる人に"お約束"だと指摘するようなものなんだろうなと、アメリカでの人気を考えればそういうことでしょうし。僕もまあ、満更魅力を感じないわけでもないので、良しとしておこうかなと。
・・・ただし、眠い。(笑)
でも眠いのに気が付くと見ている。"お約束"のですね。(笑)
2ndシーズンどうしようかなあ。最後に出て来た新メンバーらしき黒人の女の人、嫌いじゃないしなあ。

演出(機能性や芸術性) ☆☆★★★

ここは少し、中途半端かなと。
本家に忠実に、しかし"ニューオーリンズ"風味でリラックスした、ダルい味を出そうとしているんでしょうが、単純に切れ味が2割減しているだけという感じがします。
多分監督が、実際には特にニューオーリンズに魅力を感じているわけでも理解しているわけでもなくて、見よう見まねでやってるんだろうなという感じ。もっと思い切って、それなりの人材を配してエキゾチックな作りにすれば、"賛否"は分かれたかもしれませんが見応えは増したはず。個性は出たというか。
今のところはほんとに、単なる本家の劣化コピーでしかないですね。
・・・まあ放送局がfoxからスーパードラマTVに変わったことで、CMの本数が減って逆に本家の独特のリズム感が失われたと、そういう可能性もあるかなとは思いますが。


こんな感じ。
これで言い尽くせないような作品ならば、更に別途コメントを書き足すという感じで、何となく今後もバランスは取れるかなと。今回の『NCIS: ニューオーリンズ』の場合は、これで十分です。(笑)

うーん、書き易くはなったかな。
読み易くは・・・なりましたか?(笑)
今日はこれくらいで。


他の人の感想

NCIS:ニューオーリンズ放送開始(三毛猫如月の玉手箱 さん)
NCIS:ニューオーリンズ/シーズン1 視聴始めました!(海外ドラマ:つぶやき処 さん)
NCIS S11 新チーム NEW ORLEANS 登場 !(大好き海外ドラマ&恋して外国映画 さん)

最後のは本家の方で、"紹介"的に初登場した、クロスエピソードの話。
それで思い出しましたが、その時は僕的にもっと面白く、ソリッドに感じたんですよね。
そこらへんはだから、本家との演出ないし演出力の差なのかなと。
あの時は結構ときめいたのになあ。(笑)


スポンサーサイト



Posted on 2016/04/04 Mon. 15:03 [edit]

category: 2010-2014年のドラマ(アメリカ)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 9

コメント

こんにちは

この頃メンタリストの一挙放送で疲れてる海外ドラマファンです。

ニューオーリンズが舞台というのに興味を惹かれて見てましたが、主演の男優が子役の時から雰囲気変わってなくて驚きでした。
女優さんは、今までロングヘアしか見たことなかったんですが、どちらかと言えばおばさんっぽかつたのに、ショートが似合ってて素敵でした。

ところで、トラックバックというものが理解できてなくて、コメントのことも今日気づいて、申し訳ありません!失礼いたしました!ありがとうございました。

URL | びー #-
2016/05/09 18:00 | edit

ええっとびーさんてトラックバック先の(ブログの)方だったんですか。
そうかなあとは思いましたけど、コメント欄にURLが載ってないので違うのかなあと。(あるいはふれられたくないのかなと(笑))
良かったら、ブログURL等教えていただけると。
今いくつか見てみたんですけど、ちょっと分かんないです、すいません。

URL | アト #/HoiMy2E
2016/05/09 20:10 | edit

メンタリストは"一挙放送"でもあまり疲れなさそうな部類ではありますが。(笑)
飄々としてるし、一話完結だし。逆に飽きるかも(笑)、続けて見ると。

ニューオーリンズの人は子役だったんですか、僕は『エンタープライズ』の艦長さんが初見です。役としては、ニューオーリンズの方が好きですね、あってるというか。
あっちはちょっと、スタートレックシリーズの艦長としてはマッチョ過ぎると、評判余り良くなかった気がしますね。(笑)

URL | アト #/HoiMy2E
2016/05/09 20:16 | edit

アト様

おはようございます。
はい、ブログのトラックバックというものでアト様の記事を知りました。
PCのことよくわからなくてすみません。URLはこれでいいのかな?

メンタリストは気軽に見られるドラマですが、アマンダ・リゲッティ様の美貌をガン見するのと、サイモンにほれてるので、気が張るのでございます。

ニューオリンズ 主演ルーカス君はは、「 スリング・ブレイド 」という映画がとても良かったです。

URL | びー #-
2016/05/12 10:26 | edit

無事(笑)ブログ拝見しました。何で自分で見つけられなかったんだろうという感じですが。(笑)
2011年からやってらっしゃるんですね、大先輩じゃないですか、恐縮です。

あとANTM好きなんですね、僕も大好きです。
それ目当てにFOXスポーツ&エンターテイメント契約したおかげで、ドラマも色々見れましたしね。
特に印象に残ってるのは、"カントリーガール"のローラ・カークパトリックと、同じcycle13に出てたエリンという18歳のブロンドの突っ張ってて孤立してたコと、あとはcycle1の、いいとこまで行ったけどぶち切れて帰っちゃった黒髪の医大生のコかな。
初期のを再放送して欲しいんですよねえ、最近のはちょっと肉食になり過ぎて、見るのが微妙に辛いです。

アマンダ/グレースは・・・肩幅が(笑)。ちょっと。
まあ向こうの人はしょうがないですけどね。
今やってるスーパーガールのコも、顔や表情は可愛いけど体は結構、よく見るとゴツいですし(笑)。見ないふり見ないふり。(笑)

これからのんびり、ブログ見させていただきます。

URL | アト #/HoiMy2E
2016/05/13 00:39 | edit

こんばんは

アトさんもANTMファンですか!!嬉しいです〜

おばあちゃんのお手製服のローラ、エリンは骨格が綺麗で唇も好きでした。cycle1は黒髪ショートの子かしら?ちょっとド忘れしちゃってます。5のキムの顔も好きでした。14はジェシカ、レイナ、アレキサンドラの美貌に惚れ惚れ♪レイナの顔は一つのブランドだなーと思います。男女混合になってからはつまらなくなりましたが、最終シーズンは見届けます。過去シーズンは永久に再放送してほしいです。
ブログを始めたきっかけもANTMでして、この番組について他サイトで記事を書いている人にコメントしたくてID?作って、どうせだからと映画のことを書くようになったのです。そこはNGワードがキツくてfc2に引っ越ししてきました。
グレース(アマンダ)は、出産してからガタイがますますがっちりしましたが、高貴なお顔に見とれますー。

URL | びー #-
2016/05/13 20:09 | edit

エリンはほんと、基本シルエットが美しいですよね、正に"骨格"。
表現力は今二つでしたが。(笑)
ローラはとにかく、人として魅力的。この番組でも南部のコはだいたい独特のおおらかさがあって、ほっとしますが。逆に黒人のコのプライドの敏感さもちょっと異常で、"文化"だなあと感じます。cycle1のコはそのコです。切れて帰ったのか失格した時切れたのか、記憶が曖昧ですが。自分ももし女でああいう番組に出たら、同じような"浮き"方をするだろうなと、感情移入しながら見てました。増して"男女混合"後の、ヤリサー的なノリにはとてもとても。(笑)
アレキサンドラとはレアですね。黙ってれば確かに、"高貴"な感じはしないでもないですけど(笑)。レイナはやや野暮ったいですが、ローラにも似た好感度はありましたね。"ウルフアイ"の深みと、本人の単純素朴な感じが、組み合わせとして不思議な感じでした。

ANTMは、向こうでもDVD化とかされてないみたいで、何でかなあという感じ。FOXスポーツでも同じcycleばっかり再放送してるので、権利とか色々切れちゃってるのかも知れませんね。あとHD化の問題かあ。何とかして欲しいなあ。
"オールスター"戦くらいまでは、ほんと夢中になって見てました。意外と"サバイバル"系のリアリティショー好きみたいです(笑)。アメアイは興味無いですけど。
"アジア"は猿真似感濃厚ですしねえ、アメリカ版のスタッフの優秀さを、再認識させられます。
・・・ひょっとして初期のとか、録画されてませんか?
ほぼ忘れてるので、懲りずにドキドキ出来そうですけど。(笑)

"アマンダ""レイナ"と並べると、何となく好みは理解出来る気もしますが。・・・あとアレキサンドラも?(笑)
「高貴」がキーワードですかね。あと、ほぼ純粋に、「造型」的に見てる感じですね(笑)。キャラとかじゃなく。

URL | アト #/HoiMy2E
2016/05/14 14:04 | edit

ANTM分析ありがとうございます。

海外ドラマの記事を読ませていただいて思いましたが、鋭い分析と的確な言葉の表現が素晴らしいと思います。
ANTMに限らず私が好きな人間は、モデルも俳優も、人間性より美術品造形作品として美しいと感じるかどうかなんですよー。肉厚な立体感があって高貴で彫刻にしたい顔、特に唇の形がくっきりしてる顔が好きです。過去cycleは、好きな子のシーンだけ編集したのが、HDDに残してあります。UKとオーストラリアも数シーズン放送してましたよね。懐かしいです。たまに候補者たちのその後を一生懸命検索します。

私もアメアイには全然興味ないです。

URL | びー #-
2016/05/14 19:54 | edit

"肉厚"、が面白いですね。(笑)

URL | アト #/HoiMy2E
2016/05/15 18:01 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/28-98fb6255
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示