死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

『最強ビッチになる方法』(2012)  




lalaTVでちらっとやったマイナーな作品だと思ってましたが、日本版のDVDとか出てたとは意外。
『セックス・イン・ザ・シティ』的に人気が出る(ある)と、期待されてたのかな。


『最強ビッチになる方法』(lalaTV) (allcinema)

内容

親友同士のサマンサとリジーが、互いに最高のオトコをゲットするため、ビッチ修行を繰り広げる!
全米で人気のブログ"The Girl's Guide To Depravity"が原作の、大人向けエロティック・コメディが登場!! (公式)



レビュー

本館で昔書いた時ツッコまれた(笑)、謎の僕的高評価作品。

企画(テーマ性、オリジナリティ) ☆☆☆☆★

"30分のシットコム"が基本的に好きじゃなくて、『セックス・イン・ザ・シティ』も含め"女子ウケ"するタイプの海外ドラマも押しなべて退屈に感じる僕が、なぜにこの作品は好きなのか。
・・・とここまで書いて気が付きましたが、このドラマ60分ものなんだ。上でツッコまれた時のコメント欄では、「"30分のシットコム"的な内容を45/60分枠でやったところにユニークさがある」と評価しています。なるほど。自分で言ったことですが。(笑)
基本的には、距離感が好き、ということですかねえ。"シットコム"的ドタバタ感や、"女子ドラ"的メロドラマ&ガールズトークや、加えて言うならば"セックス"ドラマとしてのえげつなさからも、それぞれ適度に距離を取ってクールに作られている。十分に(笑)ドタバタしてるし十分に女子の内輪話してるし、十分にファッキンもしてるんですけど。その全てが凄く切れがいいというか、"だから何?"みたいな勢いがある。
凄く企画者のセンスを感じます。上で言ったことを言い直すと、60分にしても変に"本格"感を狙わなかった、"シットコム"的馬鹿馬鹿しさを維持したのも、逆にセンスがいいかなと。要するに、"距離感"ですけどね。該当するあらゆる"特徴"からの。どれかに溺れなかったということ。(型に)はまらなかったというか。
原作的なものもあるわけだから"独創的"というわけではないけど、"独立不羈"ではあるというか。

ストーリー(またはエピソード) ☆☆☆★★

原作はブログ、つまり実話ベースということになるんでしょうが、一つ一つの話はそんなに面白いとかユニークだとかは感じませんでした。
"あるある"に近いですかね。"あるある"として作られているのか、それとも"衝撃の実態"として作られているのか、文化が違うのもあって今一つ分からなかったんですけど。
とにかく話としては、陳腐とまでは言いませんが、そんなに興味は感じなかったです。これだけで漫画を作れるアイデアではないよなというか(笑)。"ドラマ"だから、成り立つ程度の話。

人物描写("セリフの面白さ"も含む) ☆☆☆★★

これもそうですね。基本的には先輩ピッチと清純への未練もある見習いピッチが互いの経験を検証し合う話なわけなんですけど、どちらかに特に説得力があるわけでも、"生き様"が何か感じさせるわけでも、ないと思います。
非常に何か、淡々とした描写。

演出(機能性や芸術性) ☆☆☆☆★

とまあ、上二つは低めの評価と言えば評価なんですけど、ただそれは"出来が悪い"というよりも特段"力が入っていない"ということであって、要はだから最初に言った、「距離感」ということなんだろうと思います。
それらある意味"平凡"な諸要素を、ある距離と角度とスピード感で見せることで、面白く感じさせるかっこよく感じさせる、演出のセンスと技量、企画者の正確な理解も背景にしたそれが、この作品の肝ということ。
細かいことを言うと、"ファック"シーンも割りと好きですね(笑)。"ピッチ"がテーマということもあって正にアメリカ的な、非常にフィジカルでアニマルな感じのファック・シーンなんですけど、その滑稽感をちゃんと自覚しつつも、しかしでも女の子たちがそういうものをそういうものとして心から楽しんでいる感じも上手く伝わって来て、初めて"アメリカの"セックスが少し理解出来た気がしたというか(笑)。僕は断然、"日本"派ではあるんですが。(笑)


他の人の感想

『最強ビッチになる方法。』 (Canker Sore さん)

作り手の内容への"距離感"に、戸惑ってる感じの感想。(笑)

『最強ビッチになる方法』 (独断映画評+(毒本音吐いちゃいな!) さん)

これもやはり、"女子ドラマ"としての異質さに、戸惑いつつも理解しようとしている"女子"さん(笑)の感想。

やっぱり面白いですよね、このドラマ。これだけ色んな人に、違和感を感じさせつつ引き付けるというのは。
満更"高評価"も間違いではないらしいというか。(笑)
そんなに見てる人は多くはないでしょうけど。
機会があったら、おすすめ。


スポンサーサイト



Posted on 2016/04/30 Sat. 19:11 [edit]

category: 2010-2014年のドラマ(アメリカ)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/30-fff9d7f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示