死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

海外ドラマの監督たち(イギリス編) :1996年  

1996年

ダルジール警視(1996) (英Wiki)

Series 1 (1996)~
Ross Devenish (3 episodes) ・・・(名探偵ポワロ、フロスト警部)
Maurice Phillips (4 episodes) ・・・(マックス・ヘッドルーム[米])
Richard Standeven (1 episodes) ・・・(心理探偵フィッツ[英国版])

Series 2 (1997)~
Gareth Davies (2 episodes)
Edward Bennett (3 episodes) ・・・(主任警部モース、名探偵ポワロ)

Series 3 (1998)~
David Wheatley (4 episodes)

Series 4 (1999)~
Suri Krishnamma (2 episodes)

Series 5 (2000)~
Stephen Whittaker (1 episodes) ・・・(主任警部モース、名探偵ポワロ)
Matthew Evans (2 episodes)
Paul Marcus (3 episodes) ・・・(第一容疑者)

Series 6 (2001)~
Ashley Pearce (1 episodes)
Lawrence Clark (2 episodes)

Series 7 (2002)~
Patrick Lau (6 episodes) ・・・(シャーロック・ホームズの冒険、刑事ウィクリフ、検死医マッカラム、マクベス巡査)
Juliet May (1 episodes)
Warren Clarke (2 episodes)

Series 8 (2004)~
Colin Buchanan (2 episodes)

Series 9 (2005)~
David Thacker (2 episodes)
Gwennan Sage (1 episodes)

Series 10 (2006)~
Richard Signy (1 episodes)

Series 11 (2006-2007)~
Minkie Spiro (1 episodes)
Ian Knox (1 episodes) ・・・(刑事タガート、マクベス巡査)
Alan Grint (1 episodes) ・・・(シャーロック・ホームズの冒険)


"ダルジール警視"ってこれか。
Dalziel and Pascoe
原題は"Dalziel and Pascoe"で、あくまでイケメン部下とのセットで売られてるようですが、実際に見た印象は圧倒的に"ヒキガエル"面の上司の方のドラマ。ていうかそれしか記憶に無い。
その面構えに相応しく、嫌悪・軽蔑されることを恐れないぶっといリアリズムが最初は魅力的でしたが、割りとすぐに演じる俳優さんの"繊細さ"が役柄以上に透けて見えてしまって、興醒めというか評価急降下という作品でした。ハッタリ足らず。
割りと本当に均等に色んな過去のイギリスドラマの監督が関わっていて、標準的というか平均的な感じの作り。
米ドラ『マックスヘッドルーム』の監督がいるのは、そもそもあれがイギリス発の作品だからですね。


法医学捜査班 silent witness(1996) (英Wiki)

Series 1 (1996)~
Harry Hook (1 episodes)
Mike Barker (1 episodes)
Noella Smith (1 episodes)
Ben Bolt (1 episodes) ・・・(ヒルストリート・ブルース、L.A.ロー 七人の弁護士)

Series 2 (1997)~
Julian Jarrold (1 episodes) ・・・(心理探偵フィッツ[英国版])
Catherine Morshead (1 episodes)
Nicholas Laughland (1 episodes)
Richard Signy (4 episodes)

Series 3 (1998)~
Jonas Grimås (1 episodes)
Alex Pillai (2 episodes)
Bill Anderson (1 episodes) ・・・(刑事タガート)
Ian Knox (1 episodes) ・・・(刑事タガート、マクベス巡査)

Series 4 (1999)~
Matthew Evans (1 episodes)
David Thacker (1 episodes)

Series 5 (2000–01)~
Coky Giedroyc (2 episodes)
Rob Evans (1 episodes)
Paul Unwin (1 episodes)

Series 6 (2002)~
Renny Rye (3 episodes) ・・・(名探偵ポワロ)
John Duthie (1 episodes)
Paul Wroblewski (1 episodes)

Series 7 (2003)~
Nicholas Renton (4 episodes) ・・・(メグレ警部、マクベス巡査)
Jon East (1 episodes)

Series 8 (2004)~
Ashley Pearce (1 episodes)
Patrick Lau (1 episodes) ・・・(シャーロック・ホームズの冒険、刑事ウィクリフ、検死医マッカラム、マクベス巡査)
Danny Hiller (1 episodes) ・・・(刑事タガート)
Douglas Mackinnon (1 episodes) ・・・(刑事タガート)

Series 9 (2005)~
Andy Hay (3 episodes)
Bryn Higgins (1 episodes)

Series 10 (2006)~
Michael Offer (1 episodes)
Alrick Riley (1 episodes)
Martyn Friend (1 episodes) ・・・(刑事ウィクリフ)
Philippa Langdale (1 episodes)

Series 11 (2007)~
Maurice Phillips (2 episodes) ・・・(マックス・ヘッドルーム[米])
Brendan Maher (1 episodes)
Diarmuid Lawrence (3 episodes)
Bruce Goodison (1 episodes)

Series 12 (2008)~
Susan Tully (3 episodes)
Dudi Appleton (4 episodes)
Tim Fywell (1 episodes) ・・・(心理探偵フィッツ[英国版])

Series 13 (2010)~
Udayan Prasad (1 episodes)
Thaddeus O'Sullivan (11 episodes)
Farren Blackburn (1 episodes)
Paul Wilmshurst (1 episodes)

Series 14 (2011)~
Anthony Byrne (4 episodes)
Keith Boak (4 episodes)
James Strong (1 episodes)

Series 15 (2012)~
Edward Bennett (1 episodes) ・・・(主任警部モース、名探偵ポワロ)
Mike Barker (1 episodes)

Series 16 (2013)~
Richard Clark (2 episodes)
David Richards (8 episodes)
Douglas Mackinnon (2 episodes) ・・・(刑事タガート)

Series 17 (2014)~
Daniel O'Hara (4 episodes)
Craig Viveiros (4 episodes)
Dusan Lazarevic (2 episodes)

Series 18 (2015)~
Marek Losey (2 episodes)
David Drury (6 episodes)

Series 19 (2016)~
Richard Senior (2 episodes)
Mark Everest (2 episodes)

Series 20 (2017)~
Stewart Svaasand (2 episodes)

Series 21 (2018)~
Charles Palmer (2 episodes)
Destiny Ekaragha (2 episodes)
Diarmuid Goggins (4 episodes)
Colin Teague (2 episodes)

Series 22 (2019)~
Dominic Leclerc (2 episodes)
Mary Nighy (2 episodes)
Emma Sullivan (2 episodes)


『法医学捜査班 silent witness』
silent witness
法医学ものは沢山ありますし、そこそこ面白かったという以上の印象は無いんですが、何と23年以上も続いて現在もまだ新作待機中らしい、長寿シリーズ。全く知らなかった。(笑)
更に見ていると面白いのは、シーズンごとに監督がほぼほぼ常に総入れ替えになっていることで、これは何か揉めてるということではなくて(笑)明らかに意図的なもので、特にシーズンを追うほどに実績の無い監督が増えて行くので、明らかに一種の実験場というか新人のお試しの場として、ドラマ自体が設定されているようですね。
そういう"志"のある、プロデューサーだということでしょう。
だから逆に言うと、そんなに"人気"は無くても続けている可能性もあって、それが作品の知名度というか印象の薄さの理由なのかもとか。
再放送されてたら、確認してみようかなと。結果"結局そこそこ"というのが、予想ではありますが。(笑)


以上。


スポンサーサイト



Posted on 2019/06/09 Sun. 09:54 [edit]

category: 海外ドラマの監督たち(イギリス編)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/305-227b165b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示