死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

海外ドラマの監督たち(イギリス編) :2006年  

2006年

秘密情報部トーチウッド(2006) (英Wiki)

Series 1 (2006–07)~
Brian Kelly (2 episodes) ・・・(リンリー警部 捜査ファイル)
Colin Teague (4 episodes) ・・・(法医学捜査班 silent witness、華麗なるペテン師たち)
James Strong (3 episodes) ・・・(法医学捜査班 silent witness、華麗なるペテン師たち)
Alice Troughton (2 episodes)
Andy Goddard (6 episodes) ・・・(ワイヤー・イン・ザ・ブラッド 血の桎梏)
Ashley Way (6 episodes)

Series 2 (2008)~
Jonathan Fox Bassett (2 episodes) ・・・(リンリー警部 捜査ファイル、アッシュ&スクリブス ロンドン邸宅街の殺人)
Mark Everest (1 episodes)

Series 3: Children of Earth (2009)~
Euros Lyn (5 episodes) ・・・(ドクター・フー)

Series 4: Miracle Day (2011)~
Bharat Nalluri (1 episodes) ・・・(華麗なるペテン師たち)
Billy Gierhart (4 episodes) ・・・(ザ・シールド ルール無用の警察バッジ)
Guy Ferland (3 episodes) ・・・(ザ・シールド ルール無用の警察バッジ、NIP/TUCK マイアミ整形外科医、Dr.HOUSE、エド ボーリング弁護士)
Gwyneth Horder-Payton (2 episodes) ・・・(ザ・シールド ルール無用の警察バッジ、コールドケース)


有名SFドラマ『ドクター・フー』のスピンオフですが、前に言ったように僕はこちらの方が好きです。
"ねじくれまくったイギリス的ユーモア"は本家と同じなんですが、こちらの方が何か明るいというか茶目っ気がある気がするというか。
トーチウッド
分かり易いヒーロー感も好きですね。それが何も"ねじくれ"を解消していないところも。(笑)
イギリスであり、また"ウェールズ"が舞台であるという、二重の地域性はどう関係しているのか。

"監督"問題に話を移すと、オーソドックスなシリーズ物感が強かった1,2シーズンは色んな監督が、まとまった連続エピソード感の強かったシーズン3は一人の監督が、なんか雰囲気が違うなと感じていたシーズン4は、何とアメドラの監督たちがやっています。へえ。分かり易いと言えば分かり易い違い。
多分あちらにもファンが多いんでしょうね。


オックスフォードミステリー ルイス警部(2006) (英Wiki)

Series 1: 2006–07~
Bill Anderson (5 episodes) ・・・(刑事タガート、法医学捜査班 silent witness)
Marc Jobst (1 episodes)
Sarah Harding (1 episodes)
Dan Reed (4 episodes)

Series 2: 2008~
Richard Spence (1 episodes) ・・・(名探偵ポワロ、リンリー警部 捜査ファイル)
Stuart Orme (1 episodes) ・・・(主任警部モース、刑事フォイル)

Series 3: 2009~
Bille Eltringham (2 episodes) ・・・(Lの世界)
Maurice Phillips (1 episodes) ・・・(マックス・ヘッドルーム[米]、ダルジール警視、法医学捜査班 silent witness、リーバス警部)

Series 4: 2010~
Nicholas Renton (4 episodes) ・・・(メグレ警部、マクベス巡査、法医学捜査班 silent witness)

Series 5: 2011~
Hettie Macdonald (1 episodes)
Charles Palmer (1 episodes) ・・・(法医学捜査班 silent witness、バーナビー警部)
Metin Hüseyin (1 episodes) ・・・(ニュー・トリックス 退職デカの事件簿)

Series 6: 2012~
Brian Kelly (2 episodes) ・・・(リンリー警部 捜査ファイル)
David O'Neill (1 episodes)
Tim Fywell (2 episodes) ・・・(心理探偵フィッツ[英国版]、法医学捜査班 silent witness、氷の家)

Series 8: 2014
Nick Laughland (2 episodes) ・・・(バーナビー警部、ニュー・トリックス 退職デカの事件簿)
David Drury (2 episodes) ・・・(第一容疑者、法医学捜査班 silent witness)

Series 9: 2015
Matthew Evans (1 episodes) ・・・(法医学捜査班 silent witness、リーバス警部、ニュー・トリックス 退職デカの事件簿)


ドクター・フーシリーズとはまた違いますが、こちらも"イギリス"的な屈折したユーモアと文学性に満ち溢れた傑作。大好きです。
INSPECTOR LEWIS3

そういえばこれも、人気シリーズ『主任警部モース』スピンオフで、そして僕はそっちよりこっちが好きという同じパターン。(笑)
「監督」に関しては本当に色々な人がやってますね。これだけでちょっとした"イギリスドラマ名鑑"が出来そうなくらい。(笑)
あと意外なことにアメドラの人も入ってる。(『Lの世界』『マックス・ヘッドルーム[米]』)
まあかなり変わったタイプの王道とは程遠いアメドラですが。
基本的には原作と原シリーズの人気が強くて、"必ず成功させるぞ"という意気込みで業界が力を結集した感じの作品なんですかね。特に『モース』色が強いわけでもないですし。


ニュルンベルク裁判(2006) (英Wiki)

Paul Bradshaw
Nigel Paterson
Michael Wadding


文字通り"ニュルンベルク裁判"(ナチの戦犯裁判)を描いたミニシリーズ。
手堅い演出という以上の印象は無かったですが、無名の監督のみを起用したそれなりの冒険作のようです。


以上。


スポンサーサイト



Posted on 2019/09/14 Sat. 09:51 [edit]

category: 海外ドラマの監督たち(イギリス編)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/307-d110ae5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示