死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

『大草原』&『スーパーガール』 その2 ・・・&水谷優子さん  

カテゴリー「今見てるドラマ」を新設しました。
まあ"日記"的なあれですね。(笑)
"レビューブログ"であることは、堅持したいですが。(笑)


FOXクラシックで快調に帯放送中の『大草原の小さな家』シーズン1。
色々と発見はありますが、思いの外だったのは、中心スターであるローラだけではなく、地味な印象だったお姉さんのメアリーも、そっちはそっちで十分に魅力的であること。
Melissa Sue 1
最初は単にやんちゃなローラに対する常識家の長女タイプにしか見えてなかったんですが、よく見るとお姉ちゃんの真面目さは、"頭が固い"というよりもむしろ"直球"で"天然"な感じのそれで、ドラマではありますが(笑)なるほどこれは、同じDNAの、ローラとはまた違う形の表れなんだなと、変な納得感があります。
優等生ではあるんですが、折々の感情的反応とかは存外素直で、可愛らしい。
Melissa Sue 2Melissa Sue 3
ローラは勿論光り輝いてはいるんですが、女としてはお姉ちゃんの方を取るかな・・・てまあ、シーズン1の段階だと、どっちも"ロリコン"年齢にはなってしまうんですけど。(笑)

でもお姉ちゃんはいいと思うな、うん。
単に僕の好みの問題(笑)ではなくて、作品としてもちゃんと公平になってるというか、単にローラの引き立て役ではないというか。"脇として光る"とかではなくて、お姉ちゃんはお姉ちゃんでちゃんと「中心」でもある感じで、意外でした。
原作者は"ローラ"なのにねという。
これが原作由来のものなのか、それともドラマ化にあたっての創意なのかですが・・・。
もう一人、同じく"真面目"タイプのお母さんの方も、パイロット版では割りとつんけんした感じだったのが徐々に魅力を増して来ているので、どちらかというとドラマスタッフの意向なのではなのかなというのが、僕の予想。

とにかく、"お姉ちゃん"はお姉ちゃんでも、まる子のお姉ちゃん
marukoane1marukoane2

よりはだいぶ扱いがいい感じ(笑)。あっちは本当に、"まる子の世界"における脇役というか、場合によっては敵(かたき)役ですからね。性格バランス的には似てても。

女優さんはメリッサ・スー・アンダーソン Melissa Sue Anderson さん。(Wiki)
・・・そう言えば、こっちも"メリッサ"なんですね。

Melissa Sue 4

・・・ああ、お姉ちゃん、そんなあ
勿論別の作品です。(笑)


今週の『スーパーガール』#12では、彼女のDNAを地球人に注入した偽物が出現。
グロいカーラは見たくないのと、メリッサ・ブノワちゃんが実際のところまだ"演技力がある"わけではないので、演じ分けとかやってると少し笑ってしまうので参ったなと思ってましたが、すぐ消えてくれたのでほっとしました。

こちらもあれですね、最初何だかなあと思っていたキャリスタの"キャット"
cat grant

が段々魅力が出て来て、いい感じになって来ましたね。
むしろもう、"スーパーガール"だということをカミングアウトしちゃえよという感じですが。
騙してるの可哀想だよ。


・・・とか言ってたらまる子のお姉ちゃんが。

「ちびまる子ちゃん」のお姉ちゃん役、声優の水谷優子さん死去 51歳

変な偶然(?)でした。
ご冥福をお祈りします。
"海外ドラマ"的には、何と言っても『バフィー ~恋する十字架~』の"バフィー"役の人ですね。


スポンサーサイト



Posted on 2016/05/19 Thu. 18:37 [edit]

category: 最近見た海外ドラマ

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/33-6ba06a1f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示