死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

『ペニー・ドレッドフル ~ナイトメア 血塗られた秘密~』(2014) [英米合作]  

最近見たミニシリーズその1
Wikiだと"アメリカ"になってますが、諸情報から英米合作と判断。





『ペニー・ドレッドフル ~ナイトメア 血塗られた秘密~』(AXNミステリー) (Wiki)

内容

9世紀末ロンドンを舞台に、フランケンシュタイン、ドラキュラ、ドリアン・グレイなどゴシック小説から誕生した怪物たちが彷徨う禁断の世界。“ゴシック小説”の魅力が凝縮されたミステリー!
怪物集団に連れ去られたという美女ミーナが助けを求め、度々姿を現すのは、霊感が強く、親友でもあったヴァネッサ・アイヴスの前。しかし、それは本当に彼女からのSOSなのか、怪物たちの仕掛ける罠なのか?ヴァネッサと父であるマルコム卿、そしてヴァネッサに銃の腕を買われて加わったイーサン・チャンドラーが美女失踪事件の謎を暴いていく。 (公式より)


レビュー

・出演陣は個性的な美男美女揃い、"ゴシック"のムードは満点、演出も高品質
・ただ・・・それだけと言えばそれだけ。(笑)
・好きな人にはいいんじゃないでしょうかね。"ゴシック"とか、"耽美"とか。あるいは"ホラー"とか。
・僕はあんまり。特に"ゴシック"と"ホラー"に、興味が無いですね。
・ちなみに合理主義者だからではなくて、むしろ神秘主義者だからです。(笑)
・神秘主義者だからこそ、半端な神秘、雰囲気だけの神秘には、興味が持てない。
・本気で追求しているのならともかく。学理的に。(笑)
・"耽美"の方は満更嫌いではないんですけど、ただそれも"様式美""予定調和"と重なってしまうとちょっと。
・つまりはまとめて"ゴシック"ということでしょうが。
・こちらも"美"なら"美"で、"耽"なら"耽"で、もっと真剣に追求して欲しい感じ。何かが"生まれる"くらいに。(または壊れる)

・じゃあ嫌いかといわれると別にそんなことはないんですけどね。一応最後まで見ましたし。
・アクションシーンとかもシャープではったりが利いてるし、最初は"ムード"におっと思いましたが。
・でも割りとすぐに飽きました。(笑)
・はったりははったり。
エヴァ・グリーンさんは綺麗ですね。
エヴァ・グリーン1エヴァ・グリーン2

元ボンドガールイギリス人だそうですけど、頭が良くて凄くユーモアセンスがある感じで、"降霊会"のシーンなんてノリノリで楽しそうに、"憑依"を演じているように見えました。(笑)
お友達になりたいタイプ。(笑)
・シーズン2もあるそうですが、少し退屈だけど不快ではないし、またエヴァさんに会えるんなら見てみようかなという感じです。
・でも忙しかったら見ない。(笑)


他の人の感想

ナイトメア〜血塗られた秘密〜最終回 (SF・ホラー 海外ドラマ女子BLOG さん)

「最終回でどこまで完結するのか、どこまでの謎が解けるのか、ということで、何だかちょっと駆け足だった気がしないでもないですね。シーズン2に持ち越しのものがほとんどで、今となってみては長いエピローグのような気さえしてきました。」

確かに。僕はもう途中から眺めてただけなのであんまり気にしてませんでしたが(笑)、ストーリー的には意外とあっさりしていたというか、そんな"解決"でいいの?という感じでした。娘それでいいんだ?と。
だから逆に、"終わらせる"為の終わりかなと思ったんですけど、2があるならむしろ伏線なのか。"復活"するとか。(笑)

「ペニー・ドレッドフル 〜ナイトメア 血塗られた秘密〜」シーズン1を観終わった。ドラマでそこまでやるか!エヴァ・グリーンの演技が最高〜。 (ラヴ・ハリ映画日記〜ときどき海外ドラマ〜 さん)

へええ、この人は褒めてるんだ。『アメリカン・ホラー・ストーリー』も好きということは、ホラー・ファンなんですねえ、意外な趣味。
エヴァ・グリーンさんは勿論最高です。(笑)

ナイトメア血塗られた秘密のあらすじネタバレ感想 (わいわいニュース さん)

「正直、僕はついていけません 笑。テンポがイマイチ合わないんですね。やたら芸術的すぎる演出に凝りすぎの感もします。」

うん、これはこれで、当然の反応だと思います。僕もある意味そういう感想ですね。そういうものとして、楽しもうとはしていましたが。


意外と見てる人いたな。(笑)


スポンサーサイト



Posted on 2016/07/02 Sat. 10:25 [edit]

category: その他の国のドラマ(及び合作)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/38-af6ff358
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示