死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

海外ドラマの原作者&脚本家たち(イギリス編) :2014年  

2014年

マスケティアーズ パリの四銃士[THE MUSKETEERS](2014)

原作
Alexandre Dumas
脚本
Series 1 (2014)~
Adrian Hodges (9 episodes) ・・・(生存者たち)
Susie Conklin (2 episodes)
James Dormer (1 episodes) ・・・(刑事ヴァランダー)
Ben Harris (1 episodes)
James Payne (2 episodes) ・・・(華麗なるペテン師たち)
Peter McKenna (3 episodes)

Series 2 (2015)~
Lucy Catherine (1 episodes) ・・・(ビーイング・ヒューマン)
Ryan Craig (1 episodes) ・・・(華麗なるペテン師たち)
Simon J. Ashford (4 episodes)
Marnie Dickens (1 episodes)
Steve Bailie (1 episodes)
Simon Allen (3 episodes) ・・・(ニュー・トリックス 退職デカの事件簿)

Series 3 (2016)~
Jeff Povey (1 episodes) ・・・(法医学捜査班 silent witness、バーナビー警部、ワイヤー・イン・ザ・ブラッド 血の桎梏)
Ellen Taylor (1 episodes)
Kelly Jones (1 episodes)
Dusty Hughes (1 episodes) ・・・(法医学捜査班 silent witness、オックスフォードミステリー ルイス警部)


デュマの原作は僕も大好きでしたが、結構原作の雰囲気は出ていると思います。
基本的に"善悪"の観念が薄い世界観の中での、主人公のぎりぎり不自然でない人の好さと、それをなんだかんだ助ける"先輩"三銃士。19世紀の時代感とも現代の"イケメン"もの的作りのバランスも上手く取れていると思います。
脚本家もかなり"駒"的な起用をしていますし、多分プロデューサーのリードがしっかりしている作品なんでしょうね。


グランチェスター 牧師探偵シドニー・チェンバース[GRANTCHESTER](2014)

原作
James Runcie
脚本
Series 1 (2014)~
Daisy Coulam (20 episodes)

Series 2 (2016)~
John Jackson (4 episodes) ・・・(ビーイング・ヒューマン)
Joshua St Johnston (2 episodes)

Series 3 (2017)~
Oliver Frampton (1 episodes)
Jess Williams (1 episodes) ・・・(孤高の警部 ジョージ・ジェントリー)

Series 4 (2019)~
Rachael New (1 episodes) ・・・(ニュー・トリックス 退職デカの事件簿)
Jamie Crichton (1 episodes)

Series 5 (2020)~
Carey Andrews (1 episodes)
Jake Riddell (1 episodes)


線の細い若き英国型イケメン牧師探偵

James Norton Grantchester

の話。
ラインとしては『オックスフォードミステリー ルイス警部』(の左)

INSPECTOR LEWIS3

とかのラインなんでしょうけど、どうもこちらは僕には刺さらなかったですね。ちょっと暗過ぎるんですよね。
それが原作のせいなのか、メイン脚本家"Daisy Coulam"氏のせいなのか。(笑)


THE GAME[THE GAME](2014)

脚本
Toby Whithouse (4 episodes) ・・・(ビーイング・ヒューマン)
Sarah Dollard (1 episodes) ・・・(ビーイング・ヒューマン)
Debbie O'Malley (1 episodes) ・・・(Silk 王室弁護士マーサ・コステロ)


スモーク 救命消防署[The Smoke](2014)

脚本
Lucy Kirkwood (8 episodes)
Chloe Moss (1 episodes) ・・・(ニュー・トリックス 退職デカの事件簿)
Tim Price (1 episodes)
Daragh Carville (1 episodes) ・・・(ビーイング・ヒューマン)


その前の二つにも名前がありますし、2014年は『ビーイング・ヒューマン』組の活躍が目立った年?
・・・でも見てみると、2008年に作品が作られて以来、この2014年まで名前は出て来ないんですよね。
ビーイング・ヒューマン自体が2013年まで続いていたのでそれに専念してたという事でしょうけど、テレビ脚本家なんてあちこちで仕事するもんじゃないのかな?(笑)。そんなに力の入った作品だったのか、ビーイング・ヒューマンは。


ハッピー・バレー 復讐の町[HAPPY VALLEY](2014)

脚本 Sally Wainwright


一応シーズン2まで作られているけれど完全に一人。
Netflix作品らしいとは言えるかも。


・・・これでいったん、"イギリス原作&脚本"編は終わります。(数年経ったら再開する予定)
次(の欧米パート)からは中途半端なところで力尽きていて"アメリカ監督"編の続きを。


スポンサーサイト



Posted on 2020/02/26 Wed. 16:19 [edit]

category: 海外ドラマの原作者&脚本家たち(イギリス編)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/394-688a465c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示