死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

海外ドラマの原作者&脚本家たち(中国編) : 2017年(2)  

2017年(2)

月に咲く花の如く[那年花開月正圓](2017)

脚本 蘇暁苑


狼狩り 「狼計画」を阻止せよ[猎豺狼](2017)

脚本
柳国慶
王涛


清から民国への移行期と、民国から人民共和国への移行期。
『月に咲く花の如く』は原作付きじゃないんですね、へえ。
まあストーリー的には、そういう目で見ると、やや行き当たりばったりな印象は無くは無かったですが。史実を背景にしているのでそこまで目立たないにしても。
ただしその"行き当たり"の一つ一つが名シーン名エピソードという、そういう作品。


永遠の桃花 三生三世[三生三世十里桃花](2017)

原作 唐七公子
脚本 弘火


擇天記(たくてんき) 宿命の美少年[擇天記](2017)

原作
猫腻
脚本
楚惜刀
楊陽 ・・・(今宵天使が舞い降りる)
楊叛
金媛媛 ・・・(金蘭良縁)


酔麗花 エターナル・ラブ[酔玲瓏](2017)

原作
十四夜
脚本
饒俊 ・・・(花千骨 舞い散る運命、永遠の誓い、皇帝の恋 寂寞の庭に春暮れて)
韓佩貞 ・・・(白髪魔女伝、トキメキ!弘文学院)
十四夜
陳文娟 ・・・(トキメキ!弘文学院)
董欣如


ハイファンタジー×3。
人間界は仙界・神界の付属物でしか『桃花』、"周"という名前はついているけれどそれ自体"神代"という感じの人間界しか出て来ない『擇天記』、魔術優位ではあってもそれなりにリアリティのある仮想国家を描く『酔麗花』と、"ファンタジー"度合いは少しずつ違いますね。
全て原作付きで、多分"ドラマ"以前に小説の世界で、そういう流行りのあった時代なのではないかなという。


中国古典名作選紅楼夢[小戯骨:紅楼夢之劉姥姥進大観庭](2017)

原作
曹雪芹 ・・・(紅楼夢'87、紅楼夢 愛の宴)
脚本
劉玉洁
夢妤佳


海上牧雲記 3つの予言と王朝の謎[九州・海上牧雲記](2017)

原作
今何在
脚本
曹盾
魏京娜
田妍娟
今何在


琅琊榜<弍> 風雲来る長林軍[琅琊榜之風起長林](2017)

脚本 海宴 ・・・(琅琊榜 麒麟の才子、風雲起こす)


架空設定ながら、それなりに本格的なドラマないし偽史を描こうとしている作品群。
『琅琊榜<弍>』は壱の原作者による、オリジナル脚本なんですね。(つまり"原作"は無い)


寵妃の秘密 私の中の二人の妃[双世寵姫](2017)

原作 梵缺
脚本 楊十夜


あの星空、あの海。人魚王の伝説[那片星空那片海](2017)

原作
桐華 ・・・(宮廷女官 若曦、風中の縁、雲中歌 愛を奏でる、名家の恋衣)
脚本
銭晶晶 ・・・(名家の恋衣、記憶の森のシンデレラ)
徐子元 ・・・(記憶の森のシンデレラ)


現代から過去にタイムスリップする話と、過去のファンタジー設定を起源とする現代劇。
桐華さん大活躍ですね(笑)。どこにでもいる。
脚本陣もいかにも選び抜かれた感じで、だいぶ気合の入った作品ではあるんでしゅーょうね。


昼と夜[白夜追凶](2017)

脚本 指紋


カンブリア紀[寒武紀](2017)

脚本
侯鹏飛
呉英奇


ツンデレ王子のシンデレラ[致我们単純的小美好](2017)

原作
趙乾乾
脚本
趙乾乾
呉桐 ・・・(長沙会戦)
段余乐
魚枯
周楚岑
王妍蓓


リアルなハードボイルドとハードボイルド設定での少女漫画的ラブストーリーとラブコメ。
『昼と夜』は凄まじい構成力と緊張感の作品でしたが、原作無いのかあ、凄いなこの人。
『ツンデレ王子のシンデレラ』のようないかにも軽い作品にも原作があるのは、やはり"時代"かなという。つまりそういう「小説」が広く書かれるようになった。


本来2014年(つまり"2010年代前半")で一回締める予定でしたが、余りに"2017年"が僕の中国ドラマとの出会いにおいて大き過ぎるので、それ抜きだとやった気がしないので延長してました。
それに合わせて「監督」編も次から延長分をやります。


スポンサーサイト



Posted on 2020/03/04 Wed. 12:57 [edit]

category: 海外ドラマの原作者&脚本家たち(中国編)

thread: 中国ドラマ - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/396-3a23a325
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示