死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

今号のKISS&ハツキス(’21.1.25) & BELOVE(’21.2.1) & COMIC TINT(’21.2.5)  

kiss2103


別ブログ男漫画の感想はずっと書いてるんですが、女漫画についても書きたくなったので相対的に女性閲覧者率の高そうなこちらのブログで試験的に。(あっちでは多分需要が(笑))
対象は"コミックDAYSプレミアム"で読める講談社女性誌の作品です。(EKISS,ハツキス,BELOVE,COMIC TINT)
基本"読んでいる"人向けのつぶやきなので、内容の説明とかはほとんどしません。電子で読むようになってキャプ画像を貼り易いんで、効果的と思う時は貼りますが。


『御手洗家、炎上する』

大悪玉のいる一見二時間ドラマ風"女のサスペンス"なんですけど、各登場人物の悪意と善良さと共通する"生きる必死さ"がぐるぐるぐるぐる回って、展開が変わる度に違う感情が湧いて来る奥深い作品だと思います。
現在絶賛"犯人"転変中。さすがにそろそろ決まりか。

『Travel journal』

"毒"なし海野つなみ。(笑)

『パーフェクトワールド』

最終回。
ストレートにハートウォーミングだけど"甘さ"は全くない、何か"凛"とした「ハンディキャップ」ものでした。
読む時姿勢を正さないといけないような気になるのが困りもの?(笑)
カーテンコールに惜しみなく拍手、という感じです。

『やんごとなき一族』

あんまり"いじめ"話は好きじゃないんですけど、ヒロインの"善良"さにかなり根性が入ってるので、ある意味では安心して読めます。そこで"揺れ"られると、("善良"さという)美しいものが汚されるのをわざわざ見るというしんどさに襲われるんですけど。
『御手洗家』が二時間サスペンスなら、こちらは"昼ドラ"の進化版という感じですね。枠組みはそうなんだけど読み味はなんか全然(いわゆる"昼ドラ"と)違う。

『おいおいピータン!!』

貧乏飯は嫌いじゃないですけど、"サンドイッチのパン部分"(の再利用)は確かに嫌かも。
"食い残し"感がエグい。(笑)

『世界で一番早い春』

話には若干ついて行けない(笑)部分が出て来ましたが(紗香ってどんなやつだっけ)、タイムスリップ"仲間"からの孤立(更に違う歴史に飛ばされる)というのは確かにかなりキツそう。

『モトカレマニア』

回り回ってやたらめったら"核心"的な内容に展開して来ましたね。
モトカレとしては"保護者"ぶることで、ユリカとしては"区切りをつけた"ことにすることによって、一応自分を慰めながら残りの人生やってくことは出来ると思うんですけどね。そこを更に踏み込んで向き合えと。マジすか、寝た子を起こすんすか。
この二人の復縁の可能性が本当にあるのならやる必要あるでしょうけど、それは多分無いんでしょうしね。その後手垢付き過ぎて無理。
ともかく"出血"必至の再々会シーンが、ここから展開?

その他。
motokare2101_1motokare2101_2

・・・結果墓穴でも素直に認めちゃう水野クンの"デジタル"感好き。(笑)

motokare2101_3

・・・日本国民の数十パーセントがズキっと来るセリフのはず。(笑)
実際「重さ」と「重要性」は、なんだかんだリンク率高いですからね。

motokare2101_4

・・・そうそう(笑)。でも文句も言いづらい。(笑)


『無能の鷹』

今回比較的鷹野へのミッションは、最初から難度高めな気が。"有能"寄りというか。
鷹野の"変換"機能を、若干最初から当てにしてたでしょというか。(笑)
たとえの(極端に)苦手な人というのは、実際いるんでしょうね。
僕はたとえありきの人(笑)なのでよく分からないというか、従ってそういう人は周りに寄って来なくて滅多に目に入らないんだろうと思いますが。

『黒い卵を食べる女』

読み切り。割りと面白かった。

kuroitamago1kuroitamago2

ドキッとはします、が。
それを言ってはおしまいでしょというか、それ暴いてどうなるという感じもします。
これはこれで、相手への甘えや期待の表明というか。

kuroitamago3

これもやや、"どや"顔したいだけみたいなところはありますが。
焦点は男の"救世主"願望というか"理解者"願望というか、確かに弱みのある女だから近付き易く感じているというのはそうなんですが、一方でそういう"傷もの"に寄り添う事によって自分自身も良い面を出して行きたいというそういう"本心"も隠れてはいるわけで。
女側としてはむしろそれを引き出すことの方に集中した方がいいとも言えるというか、まあこの作品の女の人もそこらへんへの怒りや期待ごちゃまぜで、結局は男の愛を求めた形で終わってはいるわけですけどね。

『アレンとドラン』

これこれ。
いや(笑)、いっとき集中的に新しい漫画を読んだ時に、この設定の作品をどこで読んだのかが分からなくなって諦めてたんですけど、こんな近くにいた。『アレンとドラン』というタイトルがなんか外国風の気取った作風の(別の)作品のものに思えてうっかり数か月間スルーしてたんですが、これが読みたかったんですということを今月気付きました(笑)。慌てて遡れる分は遡りましたけど、2回分くらい多分抜けてる。まあ話は分かる。
女漫画にありがちなんですよね。"雰囲気"っぽいタイトルが多くて、かつ画面の感じも似たり寄ったりで(男漫画に比べて)、よく見ないと違いが分からない(笑)。各々が誠実に、結果的に、"共通"の課題を追求しているという良い面の反映でもあるんでしょうが。それで似た感じに行き着く。ただごっちゃにはなり易い。(笑)
作品としては、なんちゃって(彼氏)でもそれはそれで美味しいという、女にとっても男が"ご馳走"であり得るという感じが生々しくて良かった回でした。(笑)

『新しい季節』

読み切り。
作品トータルとしてはやや浅薄に感じましたが、「この人は私を子供扱いしてくれる」というフレーズはおっと思いました。そこを起点にどう面白くなるかと期待しましたが・・・
"年の差恋愛への違和感"というテーマ自体は分かる。ただテーマはテーマでしかないので、もうちょっと色々掘り下げて欲しかった。"賛否"いずれの方向についても。



hatsukiss31


『きみのせかいに恋はない』

あれ?終わってしまった。たった6話の作品だったとは。
でも「固定ジェンダー観念に基づいた"恋愛"至上主義への抵抗」「一方で対する"LGBTQ"的新概念でも結局捉え切れない自分の性」「それを解決はしないまましかし見出す"個"的関係性」という各段階を、真摯に公平に、ちゃんと描けている、かなりいい作品だと思います。
多少説明的ですけど、全6話でこの内容をやるのでは仕方ないか。
もっとじっくり描いて欲しかったなあ、どういう事情か知らないですけど。

koihanai_2101

・・・最終話から。
かなり説明の難しいシーンですが、あらゆる"関係"概念"性"概念棚上げにして、とにかく「いて欲しい」という気持ちを叩きつけた名シーン。
青春のようでもあり、老夫婦のようでもありという感じですが(笑)。あるいは逆に、幼児どうしの"仲良し"関係とか。

『サギ、欲情に鳴く』

(男女双方の)"純粋""猥褻"「入口」「出口」(?)が、ワームホールで繋がったままメビウスの輪のように永遠に回転し続けている感じ・・・と比喩は恐ろしく(笑)陳腐ですが、まあ言いたい事は伝わるでしょう。(笑)
実際既に「入口」も「出口」も見えていると思うので、果たしてここから"どこか"に行けるんでしょうかこの二人はこの作品は。
今のところ単なる"悪役"である旦那さんが、これからどうストーリーを動かすのか、それとも動かさない(笑)のか。


『リカラフル』とかもかなり面白そうなんですけど、途中参加だとなかなか設定・状況が呑み込めなくて。『世界で一番早い春』(↑)の方は、一応キャッチアップ済なんですけど。
共に女漫画ならでは感のある、タイムスリップ/パラレルワールドストーリー。
・・・"SF"とはあえて言いたくない。
"SF"って何というか、無性的中性的なものですからね、伝統的に。(または男が性を超える為のもの)



belove_2101


『傘寿まり子』

今月は猫の出て来なかった、猫漫画。(笑)
読み始めた時は既に"一人"だったので、主人公と家族との経緯は知らないんですが、あえて言えば猫たちに対して向けていた"親身"でリアルな関心/愛情("affection"と言うべきか)を、いよいよ人間の家族に対して向けるターンになったという話ですかね。
そういう"状況"になったというか。
まあ元々愛情深い人なんだろうとは思いますが、それを"発揮"させない状況が長らくあった。(のかな)
・・・本当に追い詰められた人の哀れさ・無力さは、ある意味行き場の無い猫たちと変わらない、的な?

『いくじょ!~ベビーシッターはじめました~』

"漫画"としてどうという感じでもないんですけど、単純に描写の興味深い、"ベビーシッター"漫画。
もっと読みたい。

『H/P ホスピタルポリスの勤務日誌』

ほおお。
随分複雑な事件だったんですね、最終的に。
医学問題、捜査/警察問題双方がっつり気合入れて描いてありますが、"ホスピタルポリス"の特殊性から、「病院内の保安」以上の"犯人"追及のターンになると、若干の違和感というか今それ重要?とか思っちゃいそうになります。警察に任せたら?と言いかけて、いかん、この人たちも"警察"だった(笑)と、やはり拭えない、"ホスピタルポリス"制度へのこちらの不慣れ。(笑)


・・・残りの「COMIC TINT」は今月は5日発売でここから更に空くので、後で足す予定。



そしてCOMIC TINT。('21.2.5)

comictint34


『好きなオトコと別れたい』

sukinaotoko34_1

笑った。(笑)
意外と子供って、大人の経済状態ちゃんと見てることありますからね。(笑)

sukinaotoko34_2

おばあちゃんの意外な方向の忠告。
好きだったんですねえ、"ダメ男"だったおじいちゃんのこと。
そして"変える"ことでそれを失いかけた?

『ホンノウスイッチ』

一番エロい漫画。(笑)
"愛のあるセックス"こそが最もエロい。(?)
この人はなんか、"男の性"も割りとジャストで分かってる感じがするのが面白いんですよね。中性的両性的とかいうのとは、違うんですけど。
・・・ただし今回出て来た「それを言う相手は俺じゃないだろ」というセリフは、余りにもTVドラマ的だと思います(笑)。TVドラマで見た、男の行動というか。
言わないと思う。想像がつかない。
うん、だから基本経験より想像で描いている人なんだろうと思います。それが妙に当たってる部分があるのが、面白いというかドキッとする時があるというか。


スポンサーサイト



Posted on 2021/02/01 Mon. 19:29 [edit]

category: 女性誌漫画

thread: 漫画の感想 - janre: アニメ・コミック

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/440-ad9bc21f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示