死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

『コペンハーゲン/首相の決断』[デンマーク](2010)  




『コペンハーゲン/首相の決断』(スーパードラマTV) (Wiki)

内容

デンマーク初の女性首相を主人公にしたヒューマンドラマで、首相として厳しい決断を強いられながら、家庭生活との両立にも葛藤していく姿が描かれている。
デンマークのテレビアワードでは主演女優賞、作品賞を2年連続で受賞。また英国アカデミー賞(BAFTA)作品賞、放送界のピューリッツァー賞と呼ばれるピーボディ賞も受賞している。 (公式より)


レビュー

・シーズン3までありますが、内容は大きく主人公の首相時代を描いたシーズン1,2と、いったん引退後新党を立ち上げたシーズン3とに分かれています。
・"首相の決断"という決断も、1,2に対して付けられたもの。
・で、僕はシーズン1,2はあんまり乗れなくて、でも期待せずに見たシーズン3はかなり面白くて興奮しました。

・まずシーズン1,2に関してですが、ストーリーはともかくとして、はっきり言って主人公(ヒロイン)が好きになれませんでした。
・それも"嫌い"とか"反発を感じる"とかいうよりも、しっくり来ない、性格がはっきりしなくて関心が持てないという、そういうタイプ。
・"愛情の反対としての無関心"というか。(笑)
・何でしょうね、母性的なんだかこわもてなのか、はっきりしないルックスのせいですかね。
・どっちにしても、"突き抜ける""振り切る"瞬間が無いんですよね。
・そういう「ハッ」とさせる瞬間があって、初めて架空の人物に興味が持てるというか、感情移入出来るというか。
・政策的にはまあ所謂リベラルというか、「理想主義」方向なんでしょうけど、それ自体にどうもリアリティが無いというか、とりあえず言ってるだけというか。
・「嘘」とか「腹黒い」とかではないんですけどね、そもそも「腹」が無いか、あるいは「腹」と対照すべき「顔」のインパクトが弱いというか。
・だからストーリー上の一つのハイライトであるはずの、「理想家」ビアギッテが苦渋の決断で「現実」的妥協をする、あるいは政敵相手に策謀をめぐらす、ある意味"悪に染まる"瞬間も。
・どうも心を動かされないというか、ことここに至ってもまだ上っ面に見えるというか、"本心""本性"が見えないというか。
・もしビアギッテ・ニュボーが実在の人物なら、自分の"本心"を感知出来ない頭でっかちの性格が"本性"だと、心理学的には(笑)分析するところですが。
・あくまでこれはフィクションであって、かつ脚本も別にそういうつもりで性格描写をしているようではないので。
・僕から見ると、その面では単なる失敗作に思えました。
・ただデンマーク政界内外の行き届いた丁寧な描写は普通に面白かったので、ドラマ全体としてはまあ、さほど退屈せずに見られました。
・熱中はしなかったですけど。(笑)

・からの、シーズン3。
面白かった
・一番の要因は、"新党を一から立ち上げる"というストーリー自体が珍しいもので、かつその描写が克明を極めていて圧倒的に興味を引かれたということだと思います。
"始める"のは楽しいですよね、RPGでも、SLGでも。(笑)
・そういう楽しさもあった。一人一人旅の仲間が集まり、装備や施設が充実して行く。(笑)
・ただそれだけでなく、あるいはそれゆえに、僕がシーズン1,2で感じていた"弱点"も、大きく改善されていた。
・いったん権力を手放し"昔の名前"になって、当てにしていた元の党や昔のつての助けも思うように得られなくなって。
・最早持っているものはプライドと大義名分だけになったビアギッテが、逆にその状況で生き生きとし出したというか、"上っ面"なりに振り切れたというか。(笑)
・急に人間らしく(笑)見えて来て、好きになって行きました。
・...逆に"病気"ネタは要らなかった気がしますけどね、ひたすら「闘士」としての、前向きな"人間味"だけで行って欲しかったというか。
・ひょっとしたら僕が1,2に感じていたような不満を感じている人がスタッフの中にもいて、それで"人間味"を出す為に「病気」という弱みをセットしたのかも知れませんが。
・あにはからんや"強さ"の方で、既に「人間味」が出ていたという。(笑)
・まあそれはどうか分かりませんけど、とにかく不利な戦いを果敢に繰り広げるビアギッテ・ニュボーは十分に魅力的で、逆に"妥協"にも重みを感じました。
・「政治ドラマ」としても、要は政権内外のメロドラマではあった1,2よりも、格段に「構造」そのものが厳しく問われていて、面白かったです。


・・・せっかく1,2と3で「評価」が分かれてるので、久しぶりに"☆"でもつけてみますか。(笑)

シーズン1,2

企画(設定のユニークさやテーマの斬新さ) ☆☆☆☆★
ストーリー(展開の面白さ、または内容の意味深さ) ☆☆☆★★
人物(キャラクターの魅力、あるいは心理描写の妙) ☆☆★★★
演出(テンポの心地良さや雰囲気に引き込む力) ☆☆☆★★

上から、寸評。
・「政治ドラマ」「女性首相」という、骨太・シリアス設定の正攻法ぶりには、敬意を表する。
・様々な側面を満遍なく取り上げてはいるけれど、それ以上でもないという感じ。
・上に書いた通り、主人公に魅力が無い。
・破綻なく描写されてはいますが、"ストーリー"同様それ以上のものではないというか、"北欧ドラマの定型"感も。

シーズン3

企画(設定のユニークさやテーマの斬新さ) ☆☆☆☆★
ストーリー(展開の面白さ、または内容の意味深さ) ☆☆☆☆☆
人物(キャラクターの魅力、あるいは心理描写の妙) ☆☆☆☆★
演出(テンポの心地良さや雰囲気に引き込む力) ☆☆☆★★

寸評。
・多分シーズン2で一区切りついての新展開だったと思いますが、いやあヒットでしたねえ。
・企画がはまったことによってやりながら次々と"宝の山"を掘り出して行った感じで、面白いエピソードてんこ盛り。
・基本的に1,2とやってることは同じだと思うんですけど、主人公の(僕への)見栄えの差で。(笑)
・基本1,2とおんなじ。(笑)


他の人の感想

えーと・・・。
沢山感想はありました。基本的に、全部褒めてありました。
ただこう言ってはなんですが、"全部"ということに表されているように、どうも僕には、通り一遍の感想ばかりに思えました。
「女性主人公/政治家だからかっこいい、応援する」「政治的駆け引きが興味深い」「北欧ドラマ」
大別すると、この三つですかね。
再びこう言ってはなんですが(笑)、宣伝文句通りというか"企画書"に書いてありそうというか、一つの「作品」として、各々に"個人"的に鑑賞されている様子が感じられなかったです。
何というか、"あるレベル"でのみ見られているというか、その"レベル"を僕は物足りなく白々しく感じて、それを象徴しているあるいは"元凶"なのが(1,2における)ビアギッテの人物像なのではないかと、僕の観点からはそうなります。

喧嘩売ってますかね(笑)。まあとにかく、とりあえずシーズン3は、ほんとに面白いです。(笑)


スポンサーサイト



Posted on 2016/10/21 Fri. 19:29 [edit]

category: その他の国のドラマ(及び合作)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/53-9f1e1f4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示