死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

今週の海外ドラマ(’17.1.2-1.6)  

とりあえず、"その都度書く"方式でやってってみます。(参考)
いちいち(ツイッターで)告知するのはどうかと思いますが。最初と最後だけにしようかな?


1/2(月) クリミナル・マインド S8#11『転生』 (スーパードラマTV)

本懐を遂げたに見えた犯人がうじ虫(ハエ)に"転生"するという、妙に綺麗なオチ。(笑)
でも一番気になるのは、やっぱりリードの"恋"
妙にキュンキュンするので(笑)、是非とも成就して欲しい。(多分すると思うけど。少なくとも一回は)
・・・その"世話"を焼くアレックスが、おかげで段々いい味を出して来ましたね。強過ぎて少し鈍い感じが、逆に効いてるというか。


1/5(木) リミットレス #7『ブライアンはある朝突然に』 (スーパードラマTV)

映画をもじったタイトルとイレギュラーかつ独白的なオープニングから、"箸休め"的なスペシャルエピソードかな?鬱陶しいな(笑)と思いましたが、結果的にはほぼ普通のエピソード。いい意味で。
ただ、"スクールバスに乗る"オチはよく分からなかった。"幻覚"の種明かしは無かったから、ひょっとして本当にスクールバス?あんな怪しい奴乗せる?(笑)
「NZTの連続飲み」は、何らか今後には繋がるんでしょうね。割といい奴だったから、"ハザエフ"とかいう奴ももう一回出て来るのかも。
・・・ていうかそもそも"休日用"にNZTのスペアを飲んじゃうという当初の目論見の方がおいおいだろうと、思ったことを今思い出しました。その後の怒涛の展開で忘れてましたが。(笑)


CSI:科学特捜班 S15#14『殺人鬼人気No.1』 (AXN)

連続殺人鬼をアイドル視する、そのゆかりの品に執着するのは、ちょっとおかしいとは思うけど、ただし"ちょっと"です。(笑)
"アイドル""ヒーロー""スター"と"ファン"の関係なんでものは、ジャンルを問わずどこでも似たようなもので、それは例えば"ジーザス・クライスト"(スーパースター)あたりも含めてです。(笑)
・・・要は"行動パターン"という共通性があって、ある意味それが全てというか。同じスイッチというか。
そもそもこれだけ「連続殺人犯」という存在がメジャー化、はっきり言えば"一般化"したのは、近代になってマスがコミュニケートするようになって、メディアを通した"観客"の存在を意識することによって連続殺人という「自己表現」の"舞台"が確立したからだと思うわけで、最初から多かれ少なかれ"ファン"あっての"連続殺人犯"だったと、そんなようにも思います。


1/6(金) BONES S11#11『車イスの科学者』 (FOX)

そもそも何で、今更ホッジンズに大怪我させようと思ったんですかね。降板させる段取り?
それ以前に、スイーツが死んだ後にオーブリーに怪我させること自体もカブり気味だし、"因縁の殺人鬼"絡みならともかく、要は単なるとばっちりで、何でこんな辛いものを見なければいけないんだろうと、この件については今のところ不満しかないです。普通に子供を作らせた方が、よっぽど広がりがあった気がしますが。
"イエス・キリストはロースクールへ行けたか"問題(笑)。好き好んでああいう生活はしてましたが、元々割りとエリート的家庭(ユダヤ人の中ではね)の出身だと、この前読んだ本には書いてありました。だから行けた、かも。(笑)
"弁"は滅法立ちますからね、彼。どっちかというと、犯人から自白を引き出したりする方が、上手そうですが。(笑)


年末年始シフトで少なめですが、これに『スーツ』『NCIS』、それから地上波の『ダウントンアビー』を加えたのが、今の"レギュラー"です。
更新はやっぱり土曜にまとめての方がいいのかな?でもすぐ書かないと忘れちゃいそうなんですよね。(笑)


スポンサーサイト



Posted on 2017/01/07 Sat. 14:26 [edit]

category: "今週の海外ドラマ"

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/59-41cc5125
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示