死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

『バトル・クリーク 格差警察署』(2015)  




『バトル・クリーク 格差警察署』(FOXチャンネル) (Wiki)

内容

見た目も中身もパーフェクトなFBIの超エリート捜査官ミルトは、ある日ミシガン州の田舎町バトル・クリークへの出向を命じられる。地元の警察署にオフィスを構え、チームの一員に加わった彼は、無骨者のベテラン刑事ラスをパートナーに選び、捜査活動を始めることに。しかし、ミルトと渋々コンビを組むことになったラスは、FBI仕込みの捜査網と最新機器で軽やかに仕事をこなし、人柄もいいミルトのあまりの完璧ぶりに、不快感を露わにし…。この辺ぴな町に突如やってきた新参者は、果たして信用できる人物なのか? (公式より)


レビュー

・正直番宣の時点では、全くと言っていいほどそそっていませんでした。(笑)
・何?"格差警察署"って、ダセエ!というのと。
・アングル自体が見え見えで嫌な感じというのと。
・何で見たんだろう。「警察もの」「犯罪もの」自体の、信頼感安定感かなあ。
・SFとかホラーとかだったら、絶対見てない。(笑)
・まあとにかく、見て良かったです。
・凄く、気に入りました。癒しの時間でした。(笑)
・格差上等。
・「FBIエリート」と「所轄叩き上げ」のコンビものではありますが。
・主役はあくまで、"エリート"の方。"魅力"の元は。
・"叩き上げ"の方も決して頑迷ではないですが(むしろ繊細)、それでもやはり、主な仕事は「対比」の方。受け役。
・その"エリート"の魅力を一言で言うと・・・"善良さ"かな、やはり。
「エリート」というと、「鼻持ちならない」という枕詞がついて来ることも多いですが。(笑)
・それはエリートに"なりたい"で"いたい"上昇志向や権力意志の方に焦点が当たっている場合で。
・そもそもエリートである、恵まれた能力や条件を当たり前のものとして持っている人の場合は。
・存外無欲で親切で爽やかな人柄であることも、少なくないんですよね。
・そういう"エリート"の良さ、天然の理想主義や精神の健やかさや知的な素直さなどを、この作品の主人公は上手く表現していると思います。
・同じ俳優による『ラスベガス』の"ダニー・マッコイ"役の時は、ただの軽量級の二枚目にしか見えなかったので。
・表現"させて"いるというべきか。
・更に言うと本作の"ミルト"も決して陰の無いキャラクターではないだけに。
・逆に"爽やかさ"の「瞬発力」が際立つ感じで。
・ある意味それ自体を表現することに、製作陣の興味はあったのかなとか。
・そういう意味でも、やはり「叩き上げ」の方はサブ。(笑)
・...そうですね、類型としては、『ツイン・ピークス』のクーパー捜査官あたりに、連なる人物像かも知れないですね。
・あの時も悲惨でおどろおどろしい事件の中で、クーパーの人柄にどれだけ癒されたか。
・堅いことを言うようですが僕はなんだかんだ、"ドラマ"の「モデリング」機能を重視しているので。
・本当に魅力的な人、本当に善良な人(等)をきちんと描けている作品は、それだけで評価するところがあります。
・まあそこだけ出来るなどということはあり得ないので(笑)、それが出来ている時点で、そのドラマのクオリティ、または製作者の力量は、一定の水準が保証されているということも言えるかと思いますが。
・とにかくミルトを見ているだけで楽しかったです。
・当然の如く、脇も押しなべて魅力的でしたし。
・難点と言えば難点だったのは、「ミルトがなぜド田舎にやって来た」かという、メインの謎と言えばメインの謎の部分が。
・何とも中途半端に終わってしまった・・・
・と言うよりはっきり言って見てるこっちの関心からほとんど外れてしまっていたことで。(笑)
・そこらへんの引きの弱さが、シーズン1で打ち切りになってしまった大きな理由かなと、そういう推測はすんなり出来ます。(笑)
・まあ残念でしたね。ありがちではありますが。
・所謂「佳作」というタイプですね。
・「良心的」というか。
・生き馬の目を抜く業界では、不利なタイプ。(笑)
・思い出をありがとう、ミルト。(笑)


他の人の感想

『バトル・クリーク~格差警察署』(豆飛 さん)
『バトル・クリーク 格差警察署/シーズン1 視聴してみました。』(海外ドラマ:つぶやき処 さん)
『FOX「バトル・クリーク 格差警察署」6話まで観た。1話はオモローイ。だけど残念ながら13話で打ち切り決定〜!』(ラヴ・ハリ映画日記〜ときどき海外ドラマ〜 さん)

・・・やはりまあ、"地味"という感想が多いようですね。反論はありません。(笑)


スポンサーサイト



Posted on 2015/12/08 Tue. 17:21 [edit]

category: 2015-2019年のドラマ(アメリカ)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/7-6e7979d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示