死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

『跳べ!ロックガールズ ~メダルへの誓い』(2009)  




『跳べ!ロックガールズ ~メダルへの誓い』(FOX) (allcinema)

内容

シングルマザーの母親、車椅子の弟と米コロラド州に転校してきた主人公エミリーは、奨学生として名門体操クラブ“ロック”に入部する。ライバルの女子高生たちは、気の強いお金持ちばかり。それぞれがオリンピック出場を目指して、練習と恋と友情に悩みながら奮闘する姿を描いた青春ドラマ。(映画.com)


感想

・2009年なのか。もっと古い作品の印象。
・体操選手ものなので"レオタード"からの連想もあって、『フラッシュダンス』('83、映画)とかオリビア・ニュートン=ジョン『フィジカル』('81、シングル)とか、なんかあそこらへんの(笑)時代感。
・...ああ、『フェーム/青春の旅立ち』も'82か。なんかこの時代は、みんなレオタード着てたのかな。(笑)
・ドラマの作りとしても、閉鎖的な業界での根性物語で、たまに日本の"大映ドラマ"とかも思い出す(笑)、普遍的というか古典的というか、そういう印象を与える作品。
・ただ・・・面白かったですね。良作だと思います。
・"古典的"な分、しっかりともしていて、広くは"ティーン・ドラマ"なんでしょうが、そういう上滑りなところは全くと言っていいほど無い。
・"恋愛"沙汰はあっても、"10代の暴走する性欲"臭は希薄というか。(笑)
・大人(父兄、コーチ)の話も多いですしね。子供も子供なりに、"しっかり"悩んでますし。
・そもそも"根性物語"なのは、「オリンピックを目指すレベルの体操選手たち」という設定上致し方ないというか不自然ではないですし、そういう世界で起きる出来事の"普遍"性というか、時代感の薄さは、これもまあ仕方が無いと言えば仕方が無いことですしね。
・ただどちらかというとむしろ、「古典的」なタイプのドラマ作りの腕を持った作り手たちが、流行に媚びずに安心してその"腕"を発揮する為に、こういう素材を選んだのではないかという、そういう印象を受けます。
・日本のアニメで言えば、日テレ深夜枠の『アカギ』『カイジ』佐藤雄三監督作品などと、似たような位置というか。(分かるかな?笑)
・その分地味ではありますが、それでも本国ではシーズン4までやったのか。
・機会があったら見てみて下さい。おすすめ。ただし余り過大な期待は持たずに。(笑)
・多分、見だすといつの間にかのめり込むタイプの作品だと思います。


スポンサーサイト



Posted on 2017/03/23 Thu. 19:32 [edit]

category: 1900年代-2009年のドラマ(アメリカ)

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/76-12e29fb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示