死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

今週の海外ドラマ(’17.4.8-4.14)   

おはようございます。
いつもより、1日遅れました。


4/9(日) ハンニバル S3 #4『アペリティーヴォ/Aperitivo』 (AXN)

・うーん、ほんと"幻想"ばっかり。嫌だって言ってるのに~。(笑)
元々"フィクション"のところに幻想持って来られると、ほんとめんどいですよね。むしろ「幻想」のような「現実」を、「フィクション」で見せて欲しい。
「幻想」並の強度を持った、「現実」をというか。

4/10(月) クリミナル・マインド S9#1『インスピレーション-前編-』 (スーパードラマTV)

・あの犯人(?)の憧れの売り子の子があっさり殺されたのは、ちょっとびっくりしました。
・"手口"からするとあのコも"複数回のレイプ"をされたわけなんだろうけど、ちょっとイメージ出来ない。知り合いにはそんなこと出来ないヘタレな感じがしますし、それ以前に対象に選ばれたのも意外でした。
・やっぱり別の双子がやったと、そういうことなんですかね。


4/11(火) ペニー・ドレッドフル ~ナイトメア 血塗られた秘密~ S2 #2『消されたランゲージ』 (AXNミステリー)

撤回します。エヴァ・グリーンさんとは、2回くらいした後で、友達になりたいと思います。(笑)
・やっぱり綺麗なので、一応は触れてもみたい。多くは望みません、2回でいいんですよ、2回で。(笑)
・なんか3回以上になって、初めて「関係」という感じがするんですよね。注意→イエローカード→レッドカード(退場)というか。(笑)
・綺麗だし可愛いし、それにやっぱりボーイッシュだと思います、基本の部分で。

4/11(火) 24:レガシー S1 #10『9:00 PM』 (FOX)

・誘拐されてボロボロになって、ようやくドノヴァン議員の暑苦しい演技がハマって来たように思います(笑)。かすれ声がセクシー。
・もう一方の"誘拐"被害者、10歳の女の子は凄い綺麗だけど、白人の同年代のコよりも若干大人びて見えるので、そこまで狙い通りの同情心は惹けてない気がします。綺麗だなとは思うけど、キュッとはあんまりならないというか。
・情報長官は、小物感がたまらない。魅力のかけらも無いという意味で、逆に完璧な悪役。でも秘密電話のパスワードは、たったの4桁なのね。(笑)

4/11(火) ブラックリスト S4#11『ハーレム』 (スーパードラマTV)

"通常"モードほんとにいい。ある意味長らく「本領」を発揮しないまま、このドラマは続いてたんだなあという。
・それにしても、嬉々として働いているエリザベス。あれだけ大騒ぎした割りには、ちょっと母親の自覚が足りないんじゃないの?という(笑)。明らかに生き方を変えているトムに比べても。
・リズって元々はプロファイラーでしたっけ。かすかにそんな記憶が、あるような無いような。
・そして性懲りも無く、レッドの人格を責める、疑う。もう少し信じてあげてもいいような気がしますが。(笑)


4/12(水) リミットレス #21『顔のない軍団』 (スーパードラマTV)

・NZTを失ったことで、今更"ドラマ"としての深みが、少し出て来たと思います(笑)。ブライアンの心情を慮って、軽く泣きそうになりました。
・しかしサンズってなんなんですかね、結局。ただの裏切り者?下剋上?それとも何か更なる背景が?ここまで重要な存在になっても、まだピンと来ない。
・DEAのブリュースターは、あからさまに怪しくはありました。吹き替えだと妙にスローな喋り方になってるんですが、それがつまり、「NZTの効果を隠していた」ということなんでしょうね。

4/13(木) リゾーリ&アイルズ S4#12『パートナー』 (FOX)

・『クリミナルマインド』の見過ぎでしょうか、最初の風呂での殺人シーンを見て、何らか"肥満"に対する憎しみからの連続殺人を想像してしまいました。(笑)
・そんなややこしいのは『リゾーリ&アイルズ』では・・・
・刑務所と軍隊に共通する、「不自由の幸福」みたいなものがあるという話は、なるほどと思いました。
・対照としては、意外と警察は違うんですかね。よりクリエイティブで、その分無秩序体質というか。

4/13(木) CSI:サイバー S1#8『セルフィー 2.0』 (AXN)

・精神科医だけど、感情表現は得意じゃないのね。(笑)
・それはただの彼女の個人的な性格でしょうが、実際のところ精神科医は、訓練で感情が表情に表れないようにはするみたいですね。
・それで表面的には能面的な感じになって、少し気持ちが悪いというか変な迫力が、僕が知ってる精神科医の人もありました。
・そう言えばあのデブの人(笑)は、前歴何なんでしょうね。"ブラックハッカー"とは違いそうですが、今までの感じからすると。

4/14(金) 女医フォスター 夫の情事、私の決断 #5 (AXNミステリー)

・盛り沢山(笑)。とてもこのスペースでは。
・"妊娠"をめぐるジェマとケイト、"来訪目的"をめぐるジェマとニール(税理士)の奥さんとの間の、男(それぞれサイモンとニール)の「頭越し」での、敵意はありつつ同通している感じは、面白いというか怖いというか、実に極めつけの「"女"のドラマ」だなという感じでした。そこでは男は、間抜けなゲストでしかない。
・息子のトムの非難や、そのニールの奥さんによる「見下している」云々という、ジェマの"被害"ではなく"人格"に対する問題化が結構なされていましたが、ではそこに帰着して終わったかというとやはりそうではないような。
・最も当たり障りなく言えばやはり、「男と女は違う世界に生きている」ということを描いたドラマであって、そしてそれぞれの違いに応じてそれぞれにクソであるということを、特段の着地点なくただただ活写したドラマだと、そんなまとめでいいでしょうか。(笑)
・書きたいことは沢山あるけど、あんまり書きたくなくもある(笑)。とりあえず稀に見る傑作ではあったと思いますが。
・書くかなあ。(笑)


メグレの一挙放送の録画をこつこつと消化中。
あとAmazonプライムで、グッドワイフを見ようかなと思っています。


スポンサーサイト



Posted on 2017/04/16 Sun. 09:48 [edit]

category: "今週の海外ドラマ"

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/81-f7df97b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示