死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

今週の海外ドラマ(’18.2.10-2.16)   

ということで、復活。
微妙に書き方変えてみました。


BLACKLIST/ブラックリスト S5#3『ミス・レベッカ・スロール』 (スーパードラマTV)

"父娘"ということが判明(?)してからの、リズの吹っ切れたようなレッドへの親しみ方がおかしいですね。(笑)
すっかり"ファザコン"娘で、あれじゃ婿殿はたまったもんじゃないでしょう。(笑)
多分あれは、リズ役の女優さん自身の、ジェームズ・スペイダーへの好意も乗っかってるんだと思います。(笑)
レスラーを気遣うレッドの"本気"感も良かった。

LUCIFER/ルシファー S1#13『地獄の扉』(終) (AXN)

気楽には見られるけどクロエが綺麗(あと娘が可愛い)という以外特に見どころが無い感じなので、シーズン2以降はどうしようかなと思ってましたが、最後に興味深い展開が。
誰でしょうね、"ママ"って。"リリス"とか?

SUITS/スーツ S5#10『それぞれの覚悟』 (AXN)

まさかとは思いますが、これからハーヴィーとマイクが一から事務所を立ち上げて再出発するみたいな展開?
だとするとちょっと抵抗あるなあ。やっぱり"メジャーリーグ"(ハーヴィー言)であってこその『SUITS』ですからね。
・・・と思いながら見てたら、最後の逮捕劇。やはりそう平和には行かない。(笑)

MURDER IN THE FIRST/第1級殺人 S2#5『弟と姉』 (スーパードラマTV)

女刑事さんの魅力がどんどん増してる感じ。・・・"性的"という意味ではなく。(笑)
一つ一つのリアクションに、真実味がある。
というわけで"調子"も上がってはいますが、やはりこれは「元々」優れた作品だったんだなと、益々感じています。犯人の少年の("自暴自棄"の)描写も、理由は今一つよく分からないけれど迫って来るものはある。


リゾーリ&アイルズ S5#16『コンプレックス』 (FOX)

"メイン州の刑事"はてっきり新キャラかと思うくらい馴染んでましたが、それが犯人とは。(笑)
まあ悪い奴ではなかったけども。

主任警部アラン・バンクス S1#1『地下室の悪夢』(新) (AXNミステリー)

最初バンクス警部がちょっとストレートに正義感過ぎて面白みが無いかなと思ってましたが、女監察官の登場で俄然"動き"出した感じ。
まさか「仲間」になるとは思ってなかったですが。
凄く感動したとかではないですが、見易くて良かった気がします。

トップ・オブ・ザ・レイク~消えた少女~ #5『謎の少年』&#6『男たちの秘密』 (AXNミステリー)

エリザベス・モスさんはやはり素晴らしい。地味なようで当代屈指の個性だと思います。
"トゥイ"も役がいいのか役者がいいのか分かりませんが、凄く"バネ"の効いた演技でいいですね。
"マット・ミッチャム"も、そう簡単に憎んで終わりに出来ないキャラですね。彼なりの屈折した"責任感"はあるんでしょう、娘だけでなく村の色んな事について。

NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 S15#4『嵐の夜』 (FOX)

ついに登場の新キャラ。うーん。
最初は台風のせいかと思いましたが、ちょっと化粧薄過ぎませんかね。
ただでさえ地味な顔なのに、なんかパートのおばさん(失礼)みたい。
"犯罪心理学者"という設定もなあ。素直に"タフな女捜査官"が良かった。アレクサンドラの後釜という意味でも。
女優さんは好きなだけになあ。まあこれから"動いて"くれることを願いますが。


スポンサーサイト



Posted on 2018/02/16 Fri. 17:28 [edit]

category: "今週の海外ドラマ"

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/84-2d38955c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示