死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

今週の海外ドラマ(’17.5.6-5.12)   


新しいPCを買ったんですが、最安ラインより少し高めのをわざわざ買ったのに、今まで買ったどのPCよりも作りが安っぽくておかんむりです。
速さとかは問題ないんですげと、プラスチックプラスチックし過ぎてキーボードがペコペコうるさいんですよね。押し味が軽過ぎて(浅過ぎて)かえって指が疲れるし。
次はなるべく現物を見て買おうと、今は思ってますが多分忘れそう。(笑)


5/7(日) ダウントン・アビー S6 #1『脅迫』 (NHK)

・凄く今更ですけど、どうも僕は"ダウントン・アビー"に余り「豪壮な大邸宅」というイメージが持てなくて、微妙に"コンセプト"に入りきれないところがあります。
"広さ"を感じないというのもあるし、広いゆえの"がらんどう"感とかも。
・ミス・マープルあたりを筆頭とするイギリスのそのテの作品には、普通に感じるんですけどね。
・結果としてはほんとに"舞台劇"みたいな感じで、"セット"の中というか。多分作品自体の狙いとは少し違うので、そういう意味では物足りないところもあるかなとか。

5/8(月) クリミナル・マインド S9#5『66号線』 (スーパードラマTV)

・ペネロープはあれ何ですかね、スマホで調べものしたんですかね、病院で。それでいいの?済むの?(笑)
・まあなんか局のコンピューターに繋がる方法はあるでしょうけど、それはそれで問題な気もします。(笑)
・パパはパパ、娘は娘ですから例え犯罪者でも同情するにやぶさかではないですが、"仲間割れ"はともかく逃亡途中に殺した二人については、擁護のしようもない。
・"オクラホマ"と"テキサス"では大して変わらない気がしますが(笑)、そんなにオクラホマは退屈なのか。

5/9(火) ペニー・ドレッドフル ~ナイトメア 血塗られた秘密~ S2 #5『安らぎの報酬』 (AXNミステリー)

・一つ一つ丁寧には作ってありますけど、余りにも色々な要素がごちゃごちゃに出て来ている感が拭えません。
・基本のストーリーが弱いんですよね、「悪魔」と戦った後に「魔女」と戦うのはむしろスケールダウンという感じですし、「ゴシック有名人大集合」というコンセプトの割には、結局普通の"ドラマ"をやってるだけだし。
・要は無理やりの"続編"ゆえということなんでしょうけどね、エヴァ・グリーンさんが見たいから見ますけど。

5/9(火) ブラックリスト S4#15『薬剤師』 (スーパードラマTV)

・どんな状況でも、人には「礼儀正しく」しておくべきですね。(笑)
・いや真面目な話、「いい悪い」と「礼無礼」は、また別の次元の話なので。言ってみればいい悪いは「社会」の問題で、礼無礼は「個人」「人間」の問題というか。
・リズは今回やけにレッドに協力的でしたが、それはそれとして、なんか鼻声じゃありませんでしたか?(笑)
・デンベが裏切るのは視聴者的には時間の問題だったと思いますが、本気で驚かすつもりだったのか驚くレッドを見せたかっただけなのか。


5/10(水) THE FALL 警視ステラ・ギブソン S3#3『記憶』 (スーパードラマTV)

・特別"説明"している感じでもないですが、担当看護婦がピーターに"惹かれて"行く感じは、凄くよく分かります。自然にというか。
・そこらへんも含んでの、「医療」「看護」シーンの執拗な描写なのかと思わなくはないですが・・・どうでしょう。
・突然「臨死体験」の話になりましたが、その為の長い長い手術シーンだった・・・とも、やっぱり思えないな。(笑)
・事件の方も新たなミステリー展開はしていますが、基本的には"シーズン継続"という決定が先にあっての、ならばこの設定を生かして描けることを色々と描いてみようという、そういう成行き的な作りに、このシーズンは感じます。

5/11(木) リゾーリ&アイルズ S4#16(終)『告白』 (FOX)

・被害者の"冷静さ"が切なかったですね。いかにも真面目なコという感じだし。
・変な話数なので一瞬どきっとしましたが、全然"終わる"感じじゃない最終回だったので、ほっとしました(笑)。(現在シーズン7まで)
・NCISはさすがに賞味期限切れ感が否めないので、気楽に見られるマッチョな"アメリカン"ドラマと言えば、今はこれでしょう。(笑)
・ジェーンが結婚しないらしいのも、地味に嬉しい。先生と弟のは・・・うーん、やや気持ちが悪い。(笑)

5/11(木) CSI:サイバー S1#12『ビットコインの誘惑』 (AXN)

・冒頭のすわ主要キャラが犯罪の片棒?あるいは命の危機?的な引きは、余りに使い古されているのでもう使わない方がいいと思います。(笑)
・次に「~時間前」という字幕が出るところまで、予想出来ますよね。(笑)
・こちらもパターンではあるんですが、"第一容疑者"が説得的な抗弁をして、取調官が「おや、これは?」みたいな顔をするシーンはいつも好きです。
・ある意味"犯人"が分かるシーン以上に、「真実」が明らかになる快感というか、安心感を感じます。
・冤罪怖いですからね。(笑)


うー、慣れない。腹立つ。(笑)


スポンサーサイト



Posted on 2017/05/12 Fri. 20:49 [edit]

category: "今週の海外ドラマ"

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/91-eb630f44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示