死ぬまで海外ドラマ(死ぬ海)

アメリカ、イギリス、中国と欧州各国のドラマ。

今週の海外ドラマ(’17.6.3-6.9) +『アクエリアス』S1  

最近やたらとスターチャンネルがドラマに力を入れているようで、BSスカパーでよく見かけますね。
それぞれクオリティは高そうなんですが、いかんせん「映画」的なんですよね。僕が見たいのは、そういうんじゃない。テレビはテレビでいいの。
『ゲーム・オブ・スローンズ』だけは面白かったので、続きをDVDで見ています。


6/4(日) ダウントン・アビー S6 #5『激震』 (NHK)

・パパさんの"吐血"シーンが、変にリアルで笑いました(笑)。・・・実際撮影現場も、笑いで包まれていたと思いますけどね。(笑)
・保健大臣はまさか本気で、"脅されて"来たわけではないですよね(笑)。だったらあんな気軽に、トムに話さないでしょうし。(笑)
・いずれにせよ"味方"する気配はナッシングでしたね。何の為に呼んだんだか。これから何か別の形で、ドラマに絡んで来るんでしょうか。
・デンカー消えてくれると思ったのに!!!。そう甘くはないか。(笑)

6/5(月) クリミナル・マインド S9#9『奇妙な果実」』 (スーパードラマTV)

・なんか凄い、凝った話でしたね。登場人物は限られてるのに、なかなか事態が掴めなかった。
先週も面白かったし、脚本チーム変わったんですかね。正直長らくマンネリで、BAUの人間関係くらいしか見るものが無かったですが。
・たまにこういうことがありますが、長いシリーズものだと単純に新しい世代の脚本家とかも出て来るでしょうし、なんかアメリカのドラマ界の"厚さ"を感じる事案。

6/6(火) ペニー・ドレッドフル ~ナイトメア 血塗られた秘密~ S2 #9『宿命を裂く男』 (AXNミステリー)

・フランケンシュタイン(人造人間の方)かわいそうっすね。"安住の地"かと思ったのに・・・
・非常にリアルな"悲劇"というか、"文学的"で普遍的な悲劇というか。魔女がどうしたとかいうヨタ話よりも。(笑)
・気が付いたんですけど、多分ちょっとアップが多過ぎるんですよね、この作品。だから物理的に"奥行き"が感じられなくて、話の"スケール"も感じないという。
・スターが売りだからしょうがないんでしょうけど、余りにも"キャラ"ものになってる。

6/6(火) NCIS ~ネイビー犯罪捜査班 S14#11『愛する者のために』 (FOX)

・今まで一番、アレックス(女の新キャラ)が良かったと思います。張り込み中、ニック(男の新キャラ)とのいちゃつく真似を嫌がる感じも、その後のトイレを嫌がる感じも、可愛かった。(笑)
・とりあえずギブスと絡まない方がいいと思いますねこのキャラは。完全に"添え物"的になっちゃう、従属物というか。
・ということはつまり、この作品には合わないということですけど。(笑)

6/6(火) ザ・ラストシップ S1#1『フェーズ6』 (AXN)

・新番組。一応(笑)。細菌・人類滅亡・孤独の戦艦。
色々なものに似ていて安っちい感は否めないですが(笑)、とにかくのっけから緊迫してるので、とりあえずもう少し見てみます。(笑)
・戦闘シーンのCGだけは無闇に充実してますね。
・それにしても、また"副長の艦長への反乱"パターンか。もう飽きたよそれは。
・軍服姿の女の子は可愛く見えるので楽しみなんですが、まだ出て来てないかな?

6/6(火) ブラックリスト S4#19『ボグダン・クリロフ医師』 (スーパードラマTV)

・字幕ですが、ミスター・キャプランのレッドに対する「あんた」という呼びかけに、段々慣れて来てしまったのが悲しい
・みんな仲良くやろうよ?仲間じゃないか!
・リズもまたぞろレッドに対する疑いを吹き込まれてるし、懲りないなあ。いい加減何があっても、仮に嘘があったとしてももうレッドを信じるという心境に、なってくれないものだろうか。(笑)
・レッド・リズ(探偵)コンビもいいですけど、リズ・ナバービ(女刑事)コンビも、なかなかいいですね(笑)。レスラーとの普段のコンビも含めて、要は何というか、天性の"相棒"なんですよね、リズって。


(おまけ)

6/3(土)~4(日) アクエリアス 刑事サム・ホディアック S1[一挙放送] (スーパードラマTV)

「チャールズ・マンソン」「デヴィッド・ドゥカヴニー」今更感に食わず嫌いしていましたが、試しに見てみたら結構面白くて、最後まで見てしまいました。
明日から始まるシーズン2に向けて、おさらいというか宣伝というか。(笑)
・チャールズ・マンソンものですが『ザ・フォロイング』のように単にカルトを描くというよりは、ヒッピーカルチャー末期のあの"時代"そのものを、丹念に描いている作品。
・...という宣伝文句も、実にありきたりなんですけどね(笑)。でも例えば"人権"や"平等"等の現代的概念が、当時どのように捉えられていたかなどを、恐らくは結構きっちり考証して意識高く描いている作品で、なかなか見応えがあります。


それにしても、ドラマを作る媒体が増えましたねえ。
それであんまり見るものがバラバラになるのも、寂しいんですけど。


スポンサーサイト



Posted on 2017/06/09 Fri. 12:12 [edit]

category: "今週の海外ドラマ"

thread: 海外ドラマ(欧米) - janre: テレビ・ラジオ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atlanta2015.blog.fc2.com/tb.php/97-e708d9c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

リンク

最新記事

カテゴリ

カレンダー

検索フォーム

amazon.co.jp

最新コメント

ブログ村

RSSリンクの表示